お部屋別オススメ換気扇

MENU

お部屋別オススメ換気扇

トイレ編
ニオイが一番気になる場所。家族全員が気持ちよく使えるようにしたいですね!

トイレの換気扇は、つけ忘れや消し忘れが多いものです。人の動きを感知して運転を自動コントロールする人感センサー付が便利です。24時間換気する場合でも、常に換気扇を運転しているとはいうものの後の人の事も考えて使用後のニオイは、少しでも早く追い出したいものです。強弱切替のあるタイプなら使用後は強運転で、パワフルに排気できます。

◼︎おすすめ機能

  • 人感センサー付

    24時間常時換気推奨タイプの運転動作
    通常は弱運転。人の動きを感知すると強運転に切り替わります。
    局所換気専用タイプの運転動作
    人の動きを感知してON-OFFを自動切替。
  • フィルター付

    • トイレットペーパーやタオルなどの繊維ぼこりをルーバーに付いているフィルターでキャッチし、換気扇内部の汚れを軽減します。
      フィルターは掃除機などで簡単におそうじができます。
    • フィルターは掃除機などで簡単におそうじができます。

洗面所編
水をたくさん使い、湿気の多い場所。湿気がこもるのはイヤ!

洗濯機があったり、浴室に隣接していたり、洗面所は意外と湿気の多いところです。湿気は目に見えないので、あらかじめ設定した湿度を感知して自動運転する湿度センサー付タイプが便利です。

◼︎おすすめ機能

  • 人感センサー付

    24時間常時換気推奨タイプの運転動作
    通常は弱、設定した湿度以上になると強運転に自動で切り替わります。
    局所換気専用タイプの運転動作
    設定した湿度以上に湿度が上がると運転開始。設定湿度以下になると停止します。
  • フィルター付

    • タオルや衣類の繊維ぼこりをフィルターでキャッチし、換気扇内部の汚れを軽減します。
      フィルターは掃除機などで簡単におそうじができます。
    • フィルターは掃除機などで簡単におそうじができます。

浴室編
入浴後の湿気でカビは大喜び。もうカビを喜ばせたくない!

湿気の多い浴室はカビの絶好のすみか、換気扇は浴室用、耐湿形等の表示のあるものを選ぶことが大切です。寒い季節には浴室を予備暖房したり、洗濯物を乾かせる衣類乾燥機能など多機能なバス換気乾燥機も便利。またうるおいたっぷりのミストサウナなら、お肌のケアはもちろんのこと、身体に負担の少ない低温度・高湿度なので、お子様からご年配の方までご家族みんなで楽しめます。

居室編
人の出入りが多い場所は空気も汚れがち。
テーブルクッキングのニオイやタバコの煙の気になる。

人が集まるリビングやタバコの煙、テーブルクッキング、ホームパーティなどには、家全体を最小の風量で換気する常時換気だけでは力不足。必要なときだけパワフルに換気する局所換気と併用するのがベストです。長い時間を過ごすことの多いお部屋は騒音や快適性も考慮したいですね。消費電力の少ないDCモータータイプもおすすめです。

◼︎おすすめ機能

  • 熱交換形

    冷暖房中の快適な温度を損わずに換気します。熱ロスを抑えるので省エネです。また、室内の音がもれにくく、戸外の騒音をやわらげる遮音効果もあるので、リビングはもちろん、寝室やシアタールームにもおすすめです。
  • 給気清浄フィルター

    換気によって花粉やほこりが室内へ侵入してくるのを抑えます。機種によっては、花粉でけでなくダニの死がいなどのアレル物質を抑制するアレルバスター、フィルターでキャッチしたウイルスの活動を抑制する緑茶カテキン、浮遊菌を除去するバイオ除菌機能をもつものもあります。

クローゼット・納戸編
空気の流れが少なくホコリもたまりやすい。カビやニオイも気になる。

クローゼットや網戸は湿気によるカビが心配な場所です。空気がよどんでしまうのを換気扇で防ぎましょう。衣類などのホコリをキャッチするフィルター付タイプがおすすめです。

キッチン編
油汚れのつきやすいレンジフード。おそうじのしやすいタイプがおすすめ。

効率よく熱気や油煙をキャッチし、素早く排気するものを選ぶのはもちろん、汚れやすいところだけに「羽根を簡単にはずして洗える」、拭きやすいように「凸凹の少ないデザイン」、「汚れを落としやすいフィルター」など おそうじのしやすいタイプがおすすめです。
(お取り替えには電気工事が必要となります。販売店や専門業者へご相談ください。)