あなたにマッチしたリフォーム会社を探すなら、
コンシェルジュにお任せください

将来の変化の「余白」も楽しむ、中古マンションリフォーム

File:62 K様邸

将来の変化の「余白」も楽しむ、中古マンションリフォーム

「子育てがしやすいように」と自然環境に恵まれたエリアで築20年のマンションを購入し、リフォームを行ったK様。SNSを活用してリフォームアイディアを集められた奥様と、建築士であるご主人がたどり着いた理想の家は、あたたかみのある北欧風の素敵なインテリアと家事のしやすさ、将来の変化に対応する可変性を両立できる空間でした。

設備はお手入れ性とデザインを考え選びました。
プランや仕様などはご夫婦でしっかり決められていたため、紹介された3社のうち施工品質を重点に置き、リフォーム会社を決定。他社へのお断り連絡をコンシェルジュが代行した点も良かったと話されます。

設備はお手入れ性とデザインを考え
選びました。

「中古物件の住み替えリフォームは段取りが大切なんです。物件を見つけてからプランニングを考えていると良い物件を逃したり入居時期が遅れたり……。だからわが家は、物件探しと理想のわが家へのプランニングを同時に進めていました」と話されるのは建築士のご主人。家づくりのプロとしてプラン検討を念入りに行われる中、参考にされたのが、奥様がSNSで収集された情報でした。「パナソニックの設備商品を投稿している人がたくさんいて、お手入れ性や使い勝手など基本的な機能が高いと評判だったんです。特に素材の違いについて関心が高まりました。写真を見ると、シンプルなデザインも私たちの好み。キッチン・バス・トイレの商品はパナソニックを検討するきっかけになりました」。

物件購入が決まった際、設備商品の見学がてらパナソニックセンター大阪へ。そこでリフォームのコンシェルジュと出会い、ご夫婦の思いを詰め込んだプランを実現できるリフォーム会社を紹介してもらうことになりました。

子育てと家事を両立するキッチンの開放感と使いやすさ
シンプルに白でコーディネイトしたキッチン。「引出しの中も隅まで拭き掃除がしやすいデザインで、使うほどに細やかな配慮を感じています」とご主人。

子育てと家事を両立する
キッチンの開放感と使いやすさ

家事の中心となるキッチンには、パナソニックの『ラクシーナ』を採用されました。もとのキッチンは吊り戸棚のある対面キッチンでしたが、吊り戸棚を取り外しリビング・ダイニングと開放的につながるプランに変更。キッチンから家族の様子に目が届きやすくする工夫です。キッチン下の収納は奥までたっぷり入る引出しタイプに。吊り戸棚がなくても旧居の調理道具や食器が収まり、余裕の収納量だとご夫婦は口を揃えられます。

「スライド引出し収納は、妊娠中でお腹が大きくても調理道具が取り出しやすく、体がラクでした。『スリムセンサー水栓』も気に入っています。調理中に手が汚れていてもタッチレスで水を出したり止めたりできて衛生面でも安心ですね。何より水栓に手垢がつかないのが嬉しい!お手入れの面では他にもIHクッキングヒーターや『ラクするーシンク』など最新の設備・素材が充実しているので、毎日ストレスフリーでこれなら安心」と奥様。

設備はお手入れ性とデザインを考え選びました。
マンションでもできた土間空間。室内窓も設置して 、通風に考慮しています。
外出グッズをひとまとめに出来る収納も機能的です。

こだわりの玄関土間スペースは、ご主人の趣味空間に

新しい生活でのこだわりのひとつが、土間空間。物件選びで土間スペースがつくれるかは、重要なポイントでした。サービスルームの一部を土間に変え、上着・カバンなど外出グッズをひとまとめにできる空間に。そしてご主人の趣味の自転車も土間に収納。「今までは泥を拭き取りカバーをかけたうえで室内保管していましたが、面倒で……。土間の床なら気にせず置けますし、お手入れしやすいタイル素材なので汚れたらさっと水拭きするだけ。ここなら子どもが誤って倒す心配もなく安心です」と話されます。

立地上、湿気が溜まりやすい物件である点も考慮し、土間とサービスルーム間には室内窓をプラス。玄関側からリビングダイニングへ風が通りやすくなっています。「室内窓があれば、空間のつながりが生まれて家族の気配を感じやすくなりますよね。子どもとの会話も楽しめるかも、と今からワクワクしています」。

子育てと家事を両立するキッチンの開放感と使いやすさ
お子様が成長され一緒に食卓を囲めるようになれば、ダイニングテーブルを大きなサイズに買い替えられる予定。テーブルに合わせて位置を柔軟に変えられるダクトレールの照明を採用されています。

ライフスタイルの変化を見据え
プランに「可変性」を持たせて

お子様の誕生・成長とともにライフスタイルが変化することを踏まえ、新居には随所に可変性を持たせています。例えばリビング・ダイニングにはライトの角度や位置が自在に変えられるダクトレールタイプの照明を採用され、今後ダイニングテーブルの大きさや配置が変わったときにも対応できるように。また、リビング・ダイニング横の和室は洋室に、間仕切りは襖からモダンな折戸に変更。ひとつながりの大空間としても、折戸を閉めて個室としても使えます。「将来は子どものプレイルームや主寝室などに変えても良いかな、と今からイメージを膨らませています」とご主人は話されます。

また今回のリフォームではあえてすべての希望を実現させず、「余白」を残しているのもK様邸の特長のひとつ。「棚をつくったり、室内ドアを塗り替えたりなど、自分たちで手を加えながら完成させていきたいと思っているんです。そうすることで家への愛着も湧くのではないでしょうか」。ご夫婦とお子様の変化に合わせて日々アップデートしていく住まい。今も将来もしあわせを刻んでいく、素敵な空間になりました。

「一度吹きこぼしたことがあるのですが、センサーで検知して自動で加熱を停止してくれました。万一、調理中に子どもに手を取られることがあっても、安心ですね」と奥様はにっこり。

水栓の上に手をかざすだけで、水を出したり止めたりできる『スリムセンサー水栓』。蛇口を触る必要がないので清潔に保てます。ご夫婦は節水効果にも喜ばれています。

和室だった空間は垂れ壁や襖を排して、折戸のある洋室に変更。透明感のある折戸にすることで、隣接するリビング・ダイニングとのつながり感を演出。空間が広く見えます。

浴室は『MR』シリーズを選ばれ、水栓部分には水垢が残りにくいスゴピカ素材を採用。調色できるフラットライン照明で、バスタイムの雰囲気を気分に合わせて変えられているそう。

トイレは『アラウーノ』で一新。ショウルームの展示をヒントに、手洗い場に自動水栓を採用されています。

キッチンの棚はご主人のDIYによる作品。休日に少しずつ手を入れながら完成させていく楽しみを満喫されています。

Before

Before

After

After
リフォーム規模 フルリフォーム・中古リフォーム
工期 約1ヶ月
会社名 株式会社Midori

リフォームのイメージづくり・
最新設備を体験する

ショップ紹介サービスの
3つの頼れるポイント

01
コンシェルジュについて

コンシェルジュがリフォームを
トータルにサポート

コンシェルジュについて
02
登録店制度とは

登録のリフォーム会社は
パナソニック独自の審査基準をクリア

登録店制度とは
03
リフォームトータルサポート

リフォーム中もリフォーム後も
保険やサービスで手厚く

リフォームトータル
サポート

サービスについての
お問い合わせ

0120-146-870

受付時間 10:00〜18:00 休業日 水曜日/夏季・年末年始

よくあるお問い合わせ

商品のお問い合わせ

パナソニック 照明と住まいの設備・建材 お客様相談センター

0120-878-709

受付時間 9:00〜18:00 休業日 なし

修理のご相談

パナソニックLSテクノサービス株式会社

0120-872-150

受付時間 月〜土/9:00〜19:00 , 日・祝・年末年始/9:00〜18:00

対面で相談できるショウルーム

※現在、各ショウルームとも新型コロナウィルスの感染拡大防止から、ご予約制となっております。

リビング ショウルーム

機器の取り換え、水廻りからフルリフォームまで商品を見ながらご相談いただけます。

コーポレートショウルーム

リフォーム全般のご相談

CLOSE

Panasonicの住まい・くらし SNSアカウント

  • すむすむ公式 Facebook
  • すむすむ公式 Twitter
  • すむすむ公式 Instagram
  • すむすむ公式 Youtube
  • パナソニックの住まい・くらし方情報