あなたにマッチしたリフォーム会社を探すなら、
コンシェルジュにお任せください

リフォーム後の写真

File:60 I様邸

開放感と利便性を両立した
大空間のワンルームリフォーム

16年前に現在のマンションを新築で購入されたI様ご夫婦。途中、転勤で海外に長く住まわれた期間もありましたが、お嬢様が独立されたこともあり、現居を夫婦ふたりで暮らしやすい“終の棲家”にするためのリフォームを決意されました。
リフォームに向けて情報収集をされる中、ふたりで訪れたのがパナソニック リビング ショウルームで開催された建築家相談イベント。このイベントでリフォームのコンシェルジュと出会ったことが、リフォーム計画を動かすきっかけとなりました。

写真:LDKから寝室までの大空間
LDKから寝室まで壁のない大空間ワンルームが誕生。
「生活動線も良く、とにかく便利さを感じています」とご主人。

2LDKから開放感あふれるワンルームへ
大胆なスケルトンフルリフォーム

ショウルームでのイベント後、リフォームのコンシェルジュからリフォーム会社の紹介を受けることにされたI様ご夫婦。具体的にリフォームを進めるにあたり、ご自身の生活スタイルを見直し、要望をまとめることにしました。思い描いた住まいは、開放感あふれる大胆な “ワンルーム化”。 プライベートな空間はつくらず、とにかくワンルーム化して広々とした空間で暮らしたいというものでした。

紹介されたリフォーム会社からの提案は、2LDKからスケルトンにし、間取り変更や水まわりの配置変更を伴う特殊なワンルームへのフルリフォーム。将来を考え、車いすになっても自由に動けるようにと、バリアフリー化も視野に入れたものでした。CGを使ったプレゼンテーションで、具体的に暮らしのイメージもつかめ「私たちの要望をここまで取り入れてくれて、感動的でした」と奥様は当時を振り返られます。

写真:ダウンライトを設置したベッドスペース
ベッドスペース上には複数のダウンライトを設置。ムードよく天井を照らし、リラックスできる空間に。壁面の収納スペースは一部オープンにし、写真や小物などを飾られています。

マイナス要素をプラスに転換。
“見せる柱”を大空間のアクセントに

ワンルーム化されたI様邸は、フレキシブルなレイアウトも可能な開放感あふれる空間に。ソファやベッドはお気に入りのものを引き続きリフォーム後も使用されるため、家具に合わせてスペースを配分。マンションの構造上、撤去できなかったエアコンのパイプスペースは、リフォーム会社からの提案で“見せる柱” としてアイコン的に装飾。大空間のアクセントになりました。

ベッドスペースの壁面には、一面に大容量の収納を設置し、リビングで使用する物も含めてひとまとめに。「収納がしやすくなったので、家の中がよく片付きます」と奥様もにっこり。ワンルーム化することによって、開放感はもちろん片付けやすさも生まれました。

写真:書斎のあるダイニングスペース
ダイニングの一角に設置された書斎スペース。

ダイニングの一角に
隠せる書斎スペースを

お気に入りのダイニングセットが置かれたダイニングスペース。その一角には、ご主人がお仕事をされる書斎スペースをつくりました。使わないときは、手前の引戸を閉めればすっきり。「書斎カウンターにイスがぴったり入ったのがいいですね。使えば使うほど設計の素晴らしさが分かるスペースです」とご主人も大満足。書斎の隣は今後、仏壇を置かれる予定だそうです。

ダイニング奥のキッチンは高級感のある質感の『Lクラスキッチン』をご採用。
キッチン後ろにはカップボード、さらに奥にはパントリーを設置。食器や調理器具がすべて収まるように、たっぷりと収納ができる工夫をされています。カウンター高さは小柄な奥様にあわせて、低めに設計されました。

写真:オープンサニタリー
トイレ、洗面、脱衣室をひとつの空間にまとめたサニタリールーム。モノトーンで揃えて、スタイリッシュな印象に。

個室をつくらない
ホテルライクなオープンサニタリー

居室だけではなく、サニタリーもワンルーム化。個室をつくらず、閉じこもらないようにしたいというI様ご夫婦のご希望で、ホテルのような広々としたオープンサニタリーに仕上がりました。

洗面ドレッシングはショウルームで見て気に入られたカウンター幅の広い『ラシス』をご採用。「洗面ボウルの形がとても良く、顔を洗いやすいですね。収納もたっぷり入ってうれしい」と奥様。洗濯機横には別途スロップシンクを設置され、ワンちゃんの足を洗ったりスニーカーを洗ったりされています。

トイレは自動でおそうじをしてくれる『アラウーノ』に。実際に使われて、お掃除がほとんど必要なくなったと、お手入れのラクさを実感されています。

写真:ベンチが設置された玄関ホール
4方向の動線が便利な玄関ホール。
手前と奥にはクローゼットが設けられ、たっぷり収納ができます。

回遊性のある
ゆったりとした玄関ホール

家の顔となる玄関は、実際の広さも感覚的な広さも、従来より大幅に広いスペースに。玄関ホールからは、キッチン、ダイニング、リビング、サニタリーと4方向に繋がっています。食料品を買ってきたときは直接キッチンへ運び込むことができるなど、動線が短くなる工夫がされています。正面にはお気に入りのベンチを設置。ベンチ上には今後、絵画を飾られる予定です。

大空間のワンルーム化フルリフォームをされたI様ご夫婦。「住み心地は本当に最高です!リフォーム前に抱いていた、ワンルームの間取りや書斎なども、実際住み始めてみると、細かい部分も実によくできていることがわかります。また、収納がしやすくなったので、家の中がよく片付きますね。デザインもスタイリッシュで気に入っていますし、気持ちが豊かになりました」とリフォーム後も充実した暮らしをされています。

写真:リビングライコンで雰囲気の異なった居室

居室にはシーンに応じてライティングパターンを設定できる『リビングライコン』をご採用。その時の気分によって、使い分けを楽しんでおられます。

写真:引き戸を占めた時の書斎

書斎は引戸を閉めると壁と一体化。来客時もさっと隠すことができます。

写真:キッチン

キッチンは機能性を重視。「ゴミも片付けやすいし、収納力はすごいですね」と奥様。レンジフードはお手入れがラクな『ほっとくリーンフード』に。

写真:洗面ドレッシング

洗面ドレッシングの『ラシス』は幅広いタイプに。左右に収納スペースがあるので、ご夫婦それぞれ必要なものを分けて収納することができます。

写真:シックな印象の浴室

浴室は『リフォムス』をご採用。サニタリー空間とあわせてモノトーンでシックな印象に。正面には手すり兼収納の『おきラク手すり』を設置。
シャンプー類もすっきり納まります。

写真:トイレ

トイレは自動でおそうじをしてくれる『アラウーノ』ふたのカラーはスタイリッシュな空間にあわせた銀嶺カラーに。

写真:キッチン横の大容量収納

キッチン横にはパントリーにもなる大容量の収納を設置。
玄関と繋がっているので、ゴルフバッグやスーツケースなどもここに収納されています。

Before

Before

After

After
リフォーム規模 フルリフォーム
工期 約3か月
会社名 パナソニックリフォーム株式会社

リフォームのイメージづくり・
最新設備を体験する

ショップ紹介サービスの
3つの頼れるポイント

01
コンシェルジュについて

コンシェルジュがリフォームを
トータルにサポート

コンシェルジュについて
02
登録店制度とは

登録のリフォーム会社は
パナソニック独自の審査基準をクリア

登録店制度とは
03
リフォームトータルサポート

リフォーム中もリフォーム後も
保険やサービスで手厚く

リフォームトータル
サポート

サービスについての
お問い合わせ

0120-146-870

受付時間 10:00〜18:00 休業日 水曜日/夏季・年末年始

よくあるお問い合わせ

商品のお問い合わせ

パナソニック 照明と住まいの設備・建材 お客様相談センター

0120-878-709

受付時間 9:00〜18:00 休業日 なし

修理のご相談

パナソニックLSテクノサービス株式会社

0120-872-150

受付時間 月〜土/9:00〜19:00 , 日・祝・年末年始/9:00〜18:00

対面で相談できるショウルーム

※現在、各ショウルームとも新型コロナウィルスの感染拡大防止から、ご予約制となっております。

リビング ショウルーム

機器の取り換え、水廻りからフルリフォームまで商品を見ながらご相談いただけます。

コーポレートショウルーム

リフォーム全般のご相談

CLOSE

Panasonicの住まい・くらし SNSアカウント

  • すむすむ公式 Facebook
  • すむすむ公式 Twitter
  • すむすむ公式 Instagram
  • すむすむ公式 Youtube
  • パナソニックの住まい・くらし方情報