あなたにマッチしたリフォーム会社を探すなら、
コンシェルジュにお任せください

リフォーム後の写真

File:56 F様邸

大切な人と楽しむ家
玄関直結のおもてなし空間

ご両親と暮らす二世帯住宅として23年前に建てられた5階建ての住まい。しかし年月の流れとともに建物は老朽化してきました。そんな折、ふらりと立ち寄ったパナソニックのショウルームでリフォームのコンシェルジュと会ったことで、F様ご夫婦の「楽しむ家」づくりがスタートしました。

写真:リニューアルされたリビング
外壁工事からスタートしたリフォーム。
住まいの空間もリフォームされ、快適に過ごされています。

住まいの「資産価値」まで考えた
“品質”重視のリフォーム提案

当初、住まいの雨漏りに悩まれていたF様ご夫婦。「リフォーム会社を比較検討して決めたいと思っていましたが、見積もりやプランを依頼した後に“お断りの連絡”を入れるのは気が重くて……」と、なかなか一歩を踏み出せないでいたそうです。しかし訪れたショウルームでショップ紹介サービスを知り、「パナソニックが信頼できる業者さんを紹介してくれる上、お断りする場合はコンシェルジュが代わりに連絡をしてくれると知り、こんなありがたいことはない!と、紹介してもらうことを決めました」と奥様は話されます。
紹介されたリフォーム会社の中から、選ばれたのはリフォームの内容だけでなく家の価値など、トータルでアドバイスをくれたリフォーム会社。「リフォームの推進はもちろん、最上階のバルコニーにあふれていたプランター整理を手伝ってくれたり、職人さんが気持ちよく挨拶してくれたり・・。このリフォーム会社にお任せして本当によかった」と話されるご夫婦は、外壁工事から住まいの空間リフォームまで計4回にわたってリフォームを行いました。

写真:パブリックスペースへ直結の玄関
玄関ホールに陰影が美しいレリーフの壁を設置しお客様をお出迎え。大型ガラスが特長のリビングドアからは内部がよく見え、お客様が入りやすい雰囲気に。

「好きなことを楽しみたい」を叶える、
リフォーム計画が始動

外壁工事から数年が経ち、ご夫婦に大きな心境の変化がありました。ご高齢になられたお母様を見送られたことで、残された時間に限りがあることを痛感。「好きなことを存分に楽しめる住まいにしたい」と強く意識するようになったと話されます。そこでリフォームを決意されました。ケーキ教室を主宰し、お仕事関連のスタッフも集まることが多いF様邸。「お客様をお迎えするパブリックスペース」をテーマに計画が進み始めました。
これまでは、ご夫婦のプライベートスペースにお客様をお迎えしていましたが、遊びに来られた奥様のご友人が帰宅したご主人に気兼ねされたり、飼っている4匹の猫たちがお客様に驚いて部屋に閉じこもってしまったりと、思うようにおもてなしできなかったそうです。そこでこれまでご両親の居住空間だった2階に、玄関直結の「パブリックスペース」を設けることに。時間を忘れてお客様がのんびりくつろげるリビングと、奥様が開かれているケーキ教室の専用スペースをつくりました。
リビングは教室の後に生徒さんとお茶を飲みながらおしゃべりしたり、ご主人がご友人を呼ばれてお酒を飲まれたり、働くスタッフとの懇親会を開かれたりと、ご夫婦の大切な人がくつろいで過ごせる場として大活躍しています。くつろげる空間づくりも工夫しました。リビングを上質な雰囲気に彩るアクセントウォールは「時間によって光の当たり具合が変わり、リビングの表情を豊かにしてくれています」と話されます。

写真:効率アップを叶えたキッチン
収納と作業スペースが充実した教室用のキッチン。
生徒さんみんなでの作業ができるようになりました。

収納・設備を充実させた
教室専用スペース

ケーキ教室専用スペースには中央に同時に調理できるよう大型のアイランドテーブルを設置しました。奥様こだわりの大型オーブン(71L)をアイランドテーブルに組み込めることが決め手となり、パナソニックの『Lクラスキッチン』を採用されたそうです。アイランドテーブルの周囲には、教室専用の冷蔵庫、I型キッチン、パンこね機やミキサーなどの家電や食器を収納したカップボードを機能的に配置。またキッチン横の階段下のスペースには教室で使う常温保管の食材・型・キッチンツールなどをまとめて収納しました。
「これまでは教室で使う食材や道具が別のフロアにバラバラに収納されていたので、教室の準備も上下階行ったり来たりで大変でした。今回のリフォームでは2階にすべて集結させたので、効率よく動けます。担当の方に何度も相談に乗ってもらい、ここまでの形になりました」と奥様はにっこり。

写真:猫たちと過ごすプライベートスペース
5階は奥様と猫たちのスペース。
大切な家族と楽しい時間を過ごされています。

のんびり遊ぶ猫たちと
一緒に過ごす

大規模リフォームではパブリックスペースとプライベートスペースを完全に分け、モノの“適材適所”を徹底。そうすると、これまで“物置状態”だった5階にゆとりが生まれ、追加のリフォーム工事を行うことに。猫たちが縦横無尽に動き回れるキャットウォークを設置した空間として生まれ変わりました。
長年猫と暮らされている奥様のアドバイスで、掃除がしやすいフロアタイルを採用。またキャットウォークの幅は歩きやすいよう広めの25センチに。キャットタワーを組み合わせ、回遊できるレイアウトにしています。

少しずつ手を入れられ、ご希望通りの「好きなことを存分に楽しめる住まい」を実現されたF様。コンシェルジュやリフォーム会社の担当者とのコミュニケーションで、ご自身の「どんな暮らしをしたいか」を明確にできたと当時を振り返られます。お客様とも、プライベートも、猫たちとも気兼ねなく素敵な時間を過ごせる住まいになったようです。

写真:キャットウォークでくつろぐ猫たち

キャットウォークで気ままにくつろいでいます。
それぞれにお気に入りの場所があるようです。

写真:アクセントウォールを用いたリビング

おもてなし空間のリビングには、陰影の美しいアクセントウォール、間接照明、作り付けの家具を設置。

写真:使いやすくお手入れが楽のコンロ回り

コンロには3口横並びの『トリプルワイドIH』を採用。「ほっとくリーンフードも『お手入れがラク』と聞いていて、ストレスフリーです」

写真:こだわりの大型オーブン

奥様こだわりの大型オーブン。アイランドテーブルに組み込む際は、熱の問題だけでなく扉を閉めた際のデザイン性にも配慮したそうです。

写真:スペースを活用した収納空間

アイランドテーブル下や階段下にたっぷり収納スペースを確保。

写真:掃除しやすい素材を使用したプライベート空間

5階の寝室には奥様お気に入りの蔵書もたっぷり。
床と壁の一部をお掃除しやすい素材にしています。

Before

Before

After

After
リフォーム規模 2~5Fのリフォーム
工期 第1期(外壁塗装):約1か月
第2期(ご夫婦のトイレリフォーム):約3日間
第3期(2階〜4階の大規模リフォーム):約2か月
第4期(5階リフォーム):約1か月
会社名 パナソニックリフォーム株式会社

リフォームのイメージづくり・
最新設備を体験する

ショップ紹介サービスの
3つの頼れるポイント

01
コンシェルジュについて

コンシェルジュがリフォームを
トータルにサポート

コンシェルジュについて
02
登録店制度とは

登録のリフォーム会社は
パナソニック独自の審査基準をクリア

登録店制度とは
03
リフォームトータルサポート

リフォーム中もリフォーム後も
保険やサービスで手厚く

リフォームトータル
サポート

サービスについての
お問い合わせ

0120-146-870

受付時間 10:00〜18:00 休業日 水曜日/夏季・年末年始

よくあるお問い合わせ

商品のお問い合わせ

パナソニック 照明と住まいの設備・建材 お客様相談センター

0120-878-709

受付時間 9:00〜18:00 休業日 なし

修理のご相談

パナソニックLSテクノサービス株式会社

0120-872-150

受付時間 月〜土/9:00〜19:00 , 日・祝・年末年始/9:00〜18:00

対面で相談できるショウルーム

※現在、各ショウルームとも新型コロナウィルスの感染拡大防止から、ご予約制となっております。

リビング ショウルーム

機器の取り換え、水廻りからフルリフォームまで商品を見ながらご相談いただけます。

コーポレートショウルーム

リフォーム全般のご相談

CLOSE

Panasonicの住まい・くらし SNSアカウント

  • すむすむ公式 Facebook
  • すむすむ公式 Twitter
  • すむすむ公式 Instagram
  • すむすむ公式 Youtube
  • パナソニックの住まい・くらし方情報