あなたにマッチしたリフォーム会社を探すなら、
コンシェルジュにお任せください

リフォーム後の写真

File:55 K様邸

これから先の暮らしを考えた
定年後を快適に過ごせる住まいへ

大型商業施設や住宅地が立ち並ぶニューファミリーに人気のエリアに戸建てを建てられたのが24年前。お子様たちは二人とも独立されて別々に暮らされており、待望の初孫もお生まれになられました。そんなK様ご夫婦が、今回リフォームをすることを決められたのは、ご夫婦共に定年退職を迎えられたことが大きな理由でした。

写真:スッキリと明るくなったリビングルーム
蛍光灯のシーリングライトからLEDのダウンライトやスピーカー付きのLEDシーリング照明へリフォーム
すっきり明るい空間へ

照明器具の交換から、
1階部分のリフォームへ

「はじめはリフォームすることは考えてなくて、照明器具をLEDに替えようと思っていた」とおっしゃるご主人。定年の機会に電気代の見直しと交換の手間を減らしたいと考え、実物を見ながらプロのアドバイスを聞きたいとショウルームへご来場されました。そこでリフォームのコンシェルジュとご相談になり「照明を新しく替えると長年住まわれてきた天井の壁紙の劣化が気になってくるかもしれません」とのアドバイスで、照明機器の交換でも周りへの影響があることを知り、このアドバイスを聞いた際に「これから退職して家に居る時間も長くなるので、リフォームを考える良い機会かな」と思われたそうです。実際に現地の状況を確認したリフォーム会社からのアドバイスも同じで、K様邸は照明のLED化だけではなく大幅なリフォームへと方向転換されることになりました。

写真:会話しやすいオープンなキッチン
1階部分をフルリフォーム
キッチン前の吊戸棚の壁もなくなり、オープンなLDKになりました。

20年先を考えたリフォーム

早速、リフォームショップ紹介サービスを利用して、2つのリフォーム会社から提案を受けることに。大幅なリフォームを行うにあたりK様のご希望は『20年先の暮らしも考えたリフォーム』ヒートショックやバリアフリー、メンテナンスを考えたリフォームを希望されました。それぞれのリフォーム会社の提案は「どちらも同じような内容ではなく、それぞれ特徴的な本当に良い提案をしていただきました」とご主人。そのなかでリフォーム会社の決めてとなったのは『私たちの要望を叶えるだけでなく、想像を超える提案をしていただきました』と理由をお話いただきました。

写真:壁を作ることで個室へと変更
TV後ろの壁はリフォーム前は戸襖で和室とつながっていたが今回のリフォームでは壁をたてて個室へと変更しました。

これから先の暮らしを考えた提案で快適に

その想像を超える提案の内容は細部にまでこれからの暮らしを考えた提案でした。部屋全体が明るく広く感じられるようにキッチンの吊戸棚を外す提案があったり、照明はダイニングの上にはペンダントライト、リビングには家で過ごす時間をより快適に過ごせるようにスピーカー付きシーリングライトの提案で遊び心も見えます。特にこのライトはご主人のお気に入りで、「夜に調光した部屋の中でJAZZを聞きながらお酒を楽しむ時間が最高なんです」とおっしゃっていました。また、リフォームのテーマの一つヒートショックの不安にも十分に配慮され、床暖房を設置したり、窓は二重窓や真空ガラスで断熱改修しました。そしてバスには酸素美泡湯を導入するなど心配りが感じられる提案でした。さらに感心されたのが、同居するお母様の部屋とリビングの間にあった戸襖を壁にして完全に独立した部屋としてお互いのプライベート空間を確保した提案。「工事の進行中に提案してもらったのですが、壁を作るなんて発想は私たちにはないですから、そんなことまでできるのか?と本当に感心しました。」

写真:ブルーの壁紙で落ち着いた空間になったトイレ
ご主人お気に入りのトイレ。ブルーのアクセントクロスとギンレイ色の便蓋で落ち着きのある空間になりました。

トータルコーディネイトでインテリアも素敵に

今回のリフォームで、パナソニックの商品を多く取り入れていただいていますが、その理由を奥様にお聞きすると「リフォームすることが決まって、色々なメーカーが集まるイベントにも行ってみました。どこの商品も機能的には素晴らしいと思えましたが、キッチンから床材や建材、照明までトータルでコーディネイトできるのはパナソニックだけだなって思ったんです。その点は私にとってとても大きなポイントでした。確かにできあがったお部屋は全体のトーンが整っています。奥様が一目惚れされたキッチンの扉カラーの「ネイビーオーク」と明るい色目のフローリングの組み合わせは、よりLDKが広く明るく感じられるようになり、奥様のセンスを感じられる素敵な空間になっていました。他にも商品には『女性の細やかな目線』が感じられたからだとか。「例えば、キッチンの手元にあるコンセントやカップボードに収納できるダストボックスワゴンなど、ここにあれがあったらいいなって思う機能があるし、バスの酸素美泡湯も女性目線で素敵だなぁって思いましたよ」と、とても嬉しいお言葉をいただきました。

写真:大容量の収納を備えたキッチン
壁一面のカップボードには食器、家電、ごみ箱など、しっかり収納できました。

キッチンは収納力のUPと
食器洗い乾燥機で効率的な家事に

最後に、リフォームして最も気に入っている空間をお聞きすると、ご主人は「トイレの空間がとても落ち着きます。蓋と床材や壁紙など選んだカラーがしっくりする感じが嬉しいよね。」「あとは、人感センサーで自動で電気がついて、蓋が開いて、水が流れて、電気が消えて、蓋が閉まる。高齢の母も一緒に暮らしていますが、とても楽になりましたよ。」とお話しいただきました。奥様は、やっぱりキッチン「一つはカップボードの引出し収納にモノがきちんと収まってキレイになったことですね。以前は、不揃いの食器棚の上に、入りきらないモノを段ボールで置いたり、ゴミ箱も通路に置いていました。今回は壁一面のカップボードに必要なものがきちんと収まりました」そして、もう一つの新しい発見は「食器洗い乾燥機の便利さに驚いています。以前は設置していなかったので在職中の忙しい生活の中、常に手洗いをしていましたが、今では毎日洗ってもらっています。もっと早く設置すれば良かったです」さらに、『ラクスルーシンク』の可動式のネットがとても便利なことや、人造大理石のシンクは汚れが着きにくくてお掃除がとても楽になったことなど、お気に入りのキッチンのお話を伺うことができました。

これから初めての冬を迎えるので床暖房や二重窓の効果が楽しみだとおっしゃられていたK様ご夫婦。定年退職されて時間ができたので好きな習字を始めようかと言う奥様に対して、ご主人は「家のなかのどこに居ても居心地が良くなったから、もうじっと座っておくだけでいいかな(笑)」なんておっしゃっていました。年明けにはお子様たちもお孫さんを連れて帰省させるご予定のようで、新しく快適になった家で家族が集まるのも楽しみです。

写真:ブルーのアクセントウォールのある廊下

インテリアは奥様がお好きなブルーを中心に廊下もアクセントウォールをあしらいました。

写真:温泉気分なバスルーム

酸素美泡湯はミルキーな感じでリラックスできるそう。毎日、温泉気分を味わえます。

写真:スピーカー付きのLEDシーリングライト

リビングのメイン照明はスピーカー付きのLEDシーリングライト。
スピーカーから音が流れ、リビングを包み込みます。

写真:二重サッシで家の中は静かに

2重サッシにしたことで、外の騒音が聞こえず、家の中はとても静かに、家にいる時間が長くなりましたが心地よく過ごせるそうです。

Before

Before

After

After
リフォーム規模 1階:フルリフォーム
工期 約20日間
会社名 株式会社 エコテックス

リフォームのイメージづくり・
最新設備を体験する

ショップ紹介サービスの
3つの頼れるポイント

01
コンシェルジュについて

コンシェルジュがリフォームを
トータルにサポート

コンシェルジュについて
02
登録店制度とは

登録のリフォーム会社は
パナソニック独自の審査基準をクリア

登録店制度とは
03
リフォームトータルサポート

リフォーム中もリフォーム後も
保険やサービスで手厚く

リフォームトータル
サポート

サービスについての
お問い合わせ

0120-146-870

受付時間 10:00〜18:00 休業日 水曜日/夏季・年末年始

よくあるお問い合わせ

商品のお問い合わせ

パナソニック 照明と住まいの設備・建材 お客様相談センター

0120-878-709

受付時間 9:00〜18:00 休業日 なし

修理のご相談

パナソニックLSテクノサービス株式会社

0120-872-150

受付時間 月〜土/9:00〜19:00 , 日・祝・年末年始/9:00〜18:00

対面で相談できるショウルーム

※現在、各ショウルームとも新型コロナウィルスの感染拡大防止から、ご予約制となっております。

リビング ショウルーム

機器の取り換え、水廻りからフルリフォームまで商品を見ながらご相談いただけます。

コーポレートショウルーム

リフォーム全般のご相談

CLOSE

Panasonicの住まい・くらし SNSアカウント

  • すむすむ公式 Facebook
  • すむすむ公式 Twitter
  • すむすむ公式 Instagram
  • すむすむ公式 Youtube
  • パナソニックの住まい・くらし方情報