あなたにマッチしたリフォーム会社を探すなら、
コンシェルジュにお任せください

リフォーム後の写真

File:57 T様邸

こだわり抜いたインテリアで
好きなものに囲まれるくらし

T様が今のお住まいを購入されたのは13年前。築浅で購入したものの内装の傷みが気になり入居前に簡易なリフォームをされたそうです。出来上がったお部屋はスタンダードなインテリアでした。またキッチンスペースは収納が少なく、動線も使いづらいこともあり、リフォームしたいという思いは何年もあったそうです。そんな折、2019年春にオープンしたパナソニックのTOKYO リノベーション ミュージアム(TRM)にふと訪れ、リフォームへの一歩を踏み出すことになりました。

写真:スタイリッシュなLDK
リフォーム会社との信頼関係で実現したT様こだわりのスタイリッシュな空間。LDKで過ごす時間が豊かなひと時になったそうです。

TRMの展示がヒントになり、
あきらめかけていた夢が動き出した

「このデザインが好き」という“理想”はあるのに、うまくリフォーム会社に伝えられず、良いと思えるプランが出てこない・・という日々を送られていたT様ご夫婦。そんなある日、一通のメールマガジンが奥様の目に留まりました。それはパナソニックのTOKYO リノベーション ミュージアム(TRM)のオープンを知らせるものでした。折良くご主人は同エリアでお仕事の予定があり、オープン当日に訪問。「75㎡の住まいを異なるテーマでリノベーションした、2種類の両極端なプランが実物大で展示されていて、こんなに間取りやデザインは変えられるのか!」とおどろいたそうです。
翌日にご夫婦で来場し、リフォームのコンシェルジュに相談。ご夫婦の要望を叶えるべく、ショップ紹介サービスでリフォーム会社をご紹介。デザインやプランニングにこだわったマンションリフォームを得意とするリフォーム会社をご紹介し、リフォーム計画が本格的に動き出しました。

写真:LDK中央に設けたケージ
リビングに入ってすぐの場所にワンちゃんのケージ空間を確保。
ケージがLDKの中央付近にあるため、ご夫婦がどんな過ごし方をしていても、その気配がワンちゃんに伝わります。

機能性もデザイン性も両立できた
理想の住まい

LDK空間をひとつながりにして広げたいという思いをお伝えしたところ、リフォーム会社から提案されたプランは「使う機会が減ったワークスペースを縮小してリビングを広げ、そこに愛犬のケージを収める空間を設けてくれたんです。ただの壁だった場所を活用できるなんて!」と素敵な間取り提案におどろいたそうです。
また一番こだわられたインテリアスタイルも、奥様が撮り溜めたお気に入りのカフェや雑貨屋の写真をすべて写真アプリを利用し共有しました。木目とダークな色合いにブラックをアクセントとしたデザインスタイルに方向性が定まりました。ご夫婦が選ばれた魅力的なパーツを組み合わせたデザイン性と、お手入れしやすい素材の商品の組み合わせで、デザイン性と機能性を両立できる“理想”の住まいを実現されました。

写真:広々としたアイランドキッチン
以前のキッチンでは配膳時には行ったり来たりの距離が長く大変だったそう。リフォーム後は動線が短くなり、作業効率もアップ。

キッチンの配置を大胆に変え、
LDKをひとつながりの空間に

奥様が最後まで迷ったのはキッチンの配置でした。以前は窓に向かって配置された対面式I型キッチン。キッチンと窓の間にダイニングスペースを設けていましたが、リビングとダイニングが分断され、空間を広々使えていないのがお悩みでした。リフォーム会社からの提案は、キッチンの向きを90度回転させリビングと向かい合うように配置するアイランドキッチン。左右どちらからでも出入りできる開放的なキッチンで、LDKを分断することなくひとつながりの大空間として使えるプランです。

“オープンなキッチンは常に片付けておくのが大変”という思いもあったそうですが、パナソニックのスマートステップタイプのキッチンを採用。少し立ち上がりのあるスタイルで、ダイニング側からの視線も遮ります。「アイランドキッチンを選んだことで、LDKの使い方が変わりましたね。空間が広々使えるようになり、ダイニングテーブルでただ座っているだけで心地いい。LDKでの過ごし方が一変しました」と奥様もご満足の様子です。

写真:リビングの一角に設けた収納スペース
リビングの一角に設けた収納。コードレス掃除機は壁掛けに、ロボット掃除機は充電器とともに下の段へ。床はフラットなので、ロボット掃除機の行き来もスムーズ。

「理想のわが家」をキープする
アイディアいっぱいの収納計画

T様ご夫婦は共働き。忙しい毎日の中、いつの間にか散らかる我が家・・しかし今回のリフォームでは、“あるべき場所にあるべきモノが収まる”状態が自然とキープできるように設計したため、さっと道具を取り出せて掃除もかんたんにできるように。ストレスなく片付いた空間を無理なく保てるようになりました。「今は、帰宅しても片付いた我が家でリラックスできるようになった」とご主人もにっこり。

とくにこだわったのは掃除機のための収納スペース。以前は置き場所がなく出しっ放しになっていましたが、リビングの一角に機能的な掃除機収納を設け、出し入れをラクに。使わないときはすりガラスの引戸を閉めて、すっきり。デザインにひときわこだわった空間だからこそ、理想の状態をキープしたい。そんなご夫婦の想いを叶えた、素敵な住まいになったようです。

写真:自然素材と間接照明でやさしい空間のリビング

自然素材をとりいれることで、やさしい空間に。
無垢材をテレビボード上の壁材としてディスプレイ。
間接照明による陰影で豊かな表情を見せてくれます。

写真:天井や梁、インターホン周りに与えたやすらぎの演出

天井や梁部分には天然木材を貼って素敵に演出。空間にやすらぎを与えます。
インターホンまわりはスチール×グリーンのフレームをディスプレイしました。

写真:デザイン性と機能性を持ち合わせたリビングドア

水流を感じられるアンティークテイストのガラスを使ったリビングドア。デザイン性だけでなく、玄関からリビングが丸見えにならない機能性も持ち合わせています。

写真:キッチンサイドのカップボード

キッチンのサイドにはリフォーム前の住まいで使われていたカップボードを配置。LDK全体の雰囲気に合わせ、ブラックの引戸で隠しています。

写真:ダイニング側からの視線を遮る収納スペース

ダイニング側からの視線を遮り、キッチン側からはちょっとした収納として使えるスマートステップタイプ。洗剤や調味料など生活感のあるアイテムもすっきり収納できます。

写真:3口のガスコンロとスペースを活用した『トリプルワイドガス』

3口のガスコンロが横並びになった『トリプルワイドガス』を採用。ヒーターの手前のスペースでさっと盛り付けができるため、鍋を作業台まで運ぶ必要がありません。

写真:リビング窓側の室内物干しユニット『ホシ姫サマ』

リビングの窓側に設けた室内物干しユニット『ホシ姫サマ』
使わないときは天井にすっきり収納できます。日当たりの良い窓側に設けることで洗濯物も乾きやすい。

写真:リフォーム前から愛用されているインテリア

照明やソファはリフォーム前から愛用されているもの。
既存のインテリアも新しく生まれ変わったこだわりのLDK空間にしっくり馴染んでいます。

Before

Before

After

After
リフォーム規模 LDK+ワークスペース
工期 約2か月
会社名 パナソニックリフォーム株式会社

リフォーム・リノベーション
実例や商品を見に行く

ショップ紹介サービスの
3つの頼れるポイント

01
コンシェルジュについて

コンシェルジュがリフォームを
トータルにサポート

コンシェルジュについて
02
登録店制度とは

登録のリフォーム会社は
パナソニック独自の審査基準をクリア

登録店制度とは
03
リフォームトータルサポート

リフォーム中もリフォーム後も
保険やサービスで手厚く

リフォームトータル
サポート

サービスについての
お問い合わせ

0120-146-870

受付時間 10:00〜18:00 休業日 水曜日/夏季・年末年始

よくあるお問い合わせ

商品のお問い合わせ

パナソニック 照明と住まいの設備・建材 お客様相談センター

0120-878-709

受付時間 9:00〜18:00 休業日 なし

修理のご相談

パナソニックLSテクノサービス株式会社

0120-872-150

受付時間 月〜土/9:00〜19:00 , 日・祝・年末年始/9:00〜18:00

対面で相談できるショウルーム

※現在、各ショウルームとも新型コロナウィルスの感染拡大防止から、ご予約制となっております。

リビング ショウルーム

機器の取り換え、水廻りからフルリフォームまで商品を見ながらご相談いただけます。

TOKYO リノベーション ミュージアム

リノベーション空間を見ながら、ご相談いただけます。

コーポレートショウルーム

リフォーム全般のご相談

CLOSE

Panasonicの住まい・くらし SNSアカウント

  • すむすむ公式 Facebook
  • すむすむ公式 Twitter
  • すむすむ公式 Instagram
  • すむすむ公式 Youtube
  • パナソニックの住まい・くらし方情報