あなたにマッチしたリフォーム会社を探すなら、
コンシェルジュにお任せください

リフォーム後の写真

File:53 T様邸

スタイリッシュで家事もしやすい
清潔感あふれる心地よい住まい

タワーマンションにお住まいのT様。新築で住み始めて10年が過ぎ、水廻りの設備に不備が生じ始めたことや汚れが落ちにくくなってきたことから、リフォームを考え始めるようになりました。さらにお子様の独立を機に、空いた部屋をLDKとつなげて広げたいという思いもあり、家族でショウルームへ。そこで、リフォームのコンシェルジュに相談したのち、「ショップ紹介サービス」を利用して夢を形にするリフォーム計画が始動しました。今回、工事を2期に分け、住みながらのリフォームを実現しました。

写真:サニタリースペース
洗面カウンター下は引き出し式収納。毎日使うドライヤーやブラシなど収納し、忙しい朝も出し入れがスムーズに。

清潔感を追求した
サニタリースペース

第1期では、バスルーム、サニタリースペース、トイレのリフォームを実施。キレイ好きな奥様が優先したのは、お手入れのしやすさでした。「とにかく汚れが落としやすいもの」と洗面カウンターは洗面ボウルとカウンターが一体型の『ラシス』シリーズを選定。黒ずみが目立たないようにカラーは黒にしました。さらに水が飛び散っても掃除がしやすいようにカウンター前の壁面は全面ミラーにしました。
リフォームによって、収納スペースが増えたことも、すっきり空間を保ちやすくするポイントです。大容量の引出し収納にすべて収まるため、カウンターの上に出しっぱなしになる物はほとんどありません。
床材はあえて白色のフロアタイルをセレクト。髪の毛が落ちると目立つので、サッとお掃除でき、汚れを溜めなくてすむそうです。

写真:バスルーム
普段は浴槽内でシャワーを済ませることが多いので、シャワーフックは浴槽側に寄せて設置しています。

使うものだけを厳選した
ミニマルなバスルーム

「今回のリフォームで一番変えたかったのがバスルーム」という奥様。経年で汚れが落ちにくく、掃除に時間がかかるようになったことから、新しい設備に入れ替えると同時に、ライフスタイルに合わせて必要最低限の機能を厳選しました。床材には掃除しやすい素材を選び、汚れても目立ちにくいグレー色をセレクト。扉もお手入れしやすいガラス素材にしました。また以前からあまり使用していなかったカウンターや追い炊き機能を無くし、さらに給湯器のリモコンを取り付けないことで、「すっきりしてお掃除する場所も少なくなりました」と奥様。
モノトーンでまとめた床材や壁面、ガラスの扉を使用したスタイリッシュな空間は、デザイン性だけでなく清掃性にもこだわりました。

写真:広いリビング・ダイニング・キッチン
LDKと隣室をつなげてひとつの空間に、2面の窓から光が降り注ぐ広く開放感のあるLDKになりました。

理想のモダンスタイルで
住まいがますます心地よい場所に

第2期の工事では、間取り変更を伴うLDKと玄関のリフォームを行いました。それと同時にインテリアのカラースキームも変更。もともとモダンインテリアがお好きだったそうですが、マンション購入時はオーソドックスな色しか選べなかったので、今回のリフォームでは、ホワイトやグレーなどモノトーンのカラーを中心にセレクトしました。光の加減によって色が変わるメタリックカラーのキッチンの扉や黒のキッチンカウンターがモダンなインテリア空間をきりっと引き締めます。
キッチンカウンターは立ち上がりがないフラットタイプに。奥様はリビングから丸見えになるのが、少し心配だったそうですが、食器洗い乾燥機を設置したことで、使用後の食器をサッと食器洗い機の中にしまえて、カウンターはいつもきれいな状態をキープしています。

写真:キッチンとダイニングの上部に設置されたコーブ照明
LDKに設置したコーブ照明。モノトーンのモダンなインテリアを間接照明が包み込む、洗練された空間になりました。

リフォームするなら
間接照明を採り入れると決めていた

「住まいに豊かな表情を生み出す照明の演出に興味があり、リフォームするなら間接照明を取り入れようと決めていた」というご主人。
LDKのメイン照明にはダウンライトを設置し、コーブ照明やペンダントライトをプラスして空間をムーディーに演出しています。これらの照明は『リビングライコン』で一括コントロール。シーンに合わせたあかりを設定できます。「朝食時」「くつろぎ」「ピアノ演奏時」など5つのシーンを設定し、気分に合わせて明かりの変化を楽しみます。
LDKの一角にはペンダントライトとパーソナルチェアを配置し、くつろぎコーナーをつくりました。低い位置のあかりがくつろぎの時間を豊かに演出します。

写真:グランドピアノを弾くお子様と、ダイニングから見守るお父様
LDKを広くしたことで、グランドピアノを置きたいという夢が実現。奥様、お子様たちが演奏を楽しみます。

好きなものが詰まった空間を
いつでもきれいに保てる幸せ

今回のリフォームでは、必要なもの、不要なものを見極めて、給湯器の追い炊き機能やテレビを手放し、本当に必要なものだけをセレクトしました。「自分たちの暮らしを改めて見つめなおす、いい機会になりましたね」とご夫妻。また、今回は住みながらのリノベーションでしたが、「施工担当の人もとても感じがよく、工事中も気持ちよく過ごせました」とご主人。
お手入れのしやすさにこだわり、いつもキレイをキープできるお部屋は「家族には清潔感あふれる心地よい住まいで過ごしてほしい」という奥様の想いから。
結果的にお手入れの手間が格段に減り「ちょっとお掃除するだけでキレイな状態になるのは最高ですね」突然の来客に慌てることもなく、いつでも家にお客様を招くことができるようになったそうです。
「好きなものに囲まれて過ごす時間は本当に心地よい。新しい設備も機能的でリフォームしてよかったです」とお話しいただきました。

写真:ダイニングと奥の空間のグランドピアノ

ピアノの演奏を聴きながら、ワインを楽しむ時間は至福のひと時。

写真:トイレ背面上部の収納棚。扉はなく、横から物を入れることができる。

トイレはちょっと遊び心をプラスした壁紙に。
背面上部に取り付けた収納棚は、扉をつけず横から出し入れするアイディアですっきりした空間になりました。

写真:黒いカウンターのシステムキッチン

リビングから見えることを意識して、インテリア性にもこだわって選んだシステムキッチン。黒いカウンターと赤い小物がアクセントとなり、空間を引き立てます。

写真:キッチン背面の収納スペース

キッチン背面の収納スペースには、ワインセラーやゴミ箱を収納し、統一感ある雰囲気に。オーブン料理が多いことから、2台あるオーブンレンジもすっきりと設置できました。

写真:ペンダントライトが設置されたコーナー部分

コーナー部分に設置した3灯のペンダントライト。パーソナルチェアに座って本を読んだり、コーヒーを飲んだり、何気ない時間を豊かに演出します。全体照明を消して、ペンダントライトだけで過ごすくつろぎの時間は格別。

写真:玄関前のホール。ご主人の自転車がディスプレイされている

タイルをあしらったシックな壁面とディスプレイされたご主人の自転車が印象的な玄関前のホール。住まい全体のインテリアテイストの軸になっています。リビングに貼る予定だったタイルや壁紙を、玄関入ってすぐのこのコーナーに貼りました。

Before

Before

After

After
リフォーム規模 水廻り・LDK・玄関
工期 第1期 約1週間、第2期 約1か月半
会社名 パナソニックリフォーム株式会社

リフォーム・リノベーション
実例や商品を見に行く

ショップ紹介サービスの
3つの頼れるポイント

01
コンシェルジュについて

コンシェルジュがリフォームを
トータルにサポート

コンシェルジュについて
02
登録店制度とは

登録のリフォーム会社は
パナソニック独自の審査基準をクリア

登録店制度とは
03
リフォームトータルサポート

リフォーム中もリフォーム後も
保険やサービスで手厚く

リフォームトータル
サポート

サービスについての
お問い合わせ

0120-146-870

受付時間 10:00〜18:00 休業日 水曜日/夏季・年末年始

よくあるお問い合わせ

商品のお問い合わせ

パナソニック 照明と住まいの設備・建材 お客様相談センター

0120-878-709

受付時間 9:00〜18:00 休業日 なし

修理のご相談

パナソニックLSテクノサービス株式会社

0120-872-150

受付時間 月〜土/9:00〜19:00 , 日・祝・年末年始/9:00〜18:00

対面で相談できるショウルーム

※現在、各ショウルームとも新型コロナウィルスの感染拡大防止から、ご予約制となっております。

リビング ショウルーム

機器の取り換え、水廻りからフルリフォームまで商品を見ながらご相談いただけます。

TOKYO リノベーション ミュージアム

リノベーション空間を見ながら、ご相談いただけます。

コーポレートショウルーム

リフォーム全般のご相談

CLOSE

Panasonicの住まい・くらし SNSアカウント

  • すむすむ公式 Facebook
  • すむすむ公式 Twitter
  • すむすむ公式 Instagram
  • すむすむ公式 Youtube
  • パナソニックの住まい・くらし方情報