あなたにマッチしたリフォーム会社を探すなら、
コンシェルジュにお任せください

リフォーム後の写真

File:48 N様邸

愛着ある戸棚や器を大切に
明るく開放的なキッチンに

高台の閑静な住宅地に佇むN様邸は、築36年とは思えないモダンな造りの一軒家。洗練されたデザインが魅力ですが、日々の暮らしには実用的でない部分も。の長年のご希望だったキッチンのリフォームで、愛用品を生かしながら、快適さと安全性を重視した理想的な空間が実現できました。

写真:ダイニング側を向いたオープンキッチン
洗い物をしながらテレビも見られる配置にダイニングのご家族と一緒に楽しめます。

求めたのはダイニングとの一体感と
安心なIHクッキングヒーター

新築時は設計士主導で進められたというN様邸は吹き抜けの高い天井を持つ、応接間などが目を引くデザイン性の高い建物。雑誌やテレビから取材を依頼されたこともあるそうです。

時には大勢のご家族が集まり、お料理を振舞う機会も多いというキッチンは、壁に向いて設置されており、さらにダイニング側との間はハッチで仕切られていました。作り付けの棚や扉に囲まれた空間は暗く、ダイニングから隔離されていると感じられることもあったそう。「みんながダイニングに集まっていても、背を向けてシンクで洗い物をする時間は、孤立した感じがして好きではなかったですね」。
そんな思いの中、キッチンのリフォームをするきっかけになったのは、ご友人がお住まいにIHクッキングヒーターを導入したこと。70代のご夫婦にとって、火を使わない安心感とお掃除の手軽さは魅力的。「IHクッキングヒーターは火力も十分で使いやすい」というご友人の感想にも心が動きました。

写真:ダイニングから見たキッチンと、その隣にピッタリと収まった戸棚
お気に入りの器がいっぱいの戸棚。
新しいキッチンにもなじんでいます。

きめ細やかなサポートで実現した
慣れ親しんだ愛用品と調和する空間

長年の夢であったダイニングと一体感があるオープンキッチンへのリニューアル、また使いなれた戸棚は残しておきたい、そんなご要望に応えたのが、コンシェルジュのきめ細かな対応でした。ご夫婦で訪れたショウルームで、コンシェルジュに希望を伝えると、「理想のキッチンが実現できると思います」という言葉とともに、具体的な提案があり、とても心強く感じられたそうです。

ダイニングとの間のハッチを外して、シンクをダイニング側に向けたオープンキッチン。以前のキッチンに代わって選ばれたのは、細かなこだわりに対応できる『Lクラスキッチン』。シンクとコンロを分けた2配列のスタイルにしました。シンクとコンロの距離も短くなり便利になったそうです。戸棚を活かした配置や、奥行きを変えて動きやすい通路を確保する配慮など、お部屋の特性や使い勝手に合わせてオーダーをしました。
キッチンの扉カラーはマホガニー製の戸棚との色合わせを重視。奥様は、扉を一つ外してショウルームに持ち込まれたそうです。豊富にそろう色目の中から、ややベージュがかったやわらかな色を選ばれたことで、既存の家具と調和しながら、明るく清潔感あふれるキッチンに生まれ変わりました。

写真:お皿が収納された引き出し
重い食器を並べても引き出しやすい収納スペース。
しまいやすさと取り出しやすさも魅力です

料理や陶芸など手作りの良さを愛する
奥様のご希望をきめ細やかに実現

陶芸がご趣味の奥様が手がけた器をはじめ、海外旅行で買い求められた品や頂き物など、多数の食器をお持ちのN様。カウンター下の引出しにも上手に収納。ご家族との食事では、お料理に合わせていろいろなお皿を使い分けられるとか。洗い物が増えても、ダイニングから食器を片付けやすくなったオープンな配置や、作業スペースが十分なシンク、食器洗い乾燥機などを備えたので、洗い物もあっという間に片付き作業がはかどるそうです。

料理のレパートリーも幅広く、お出汁など基本からの手作りを重視される奥様。グリルの横には調味料がずらりと並べられる引出しを設けたり、吊戸棚には保存容器などを取り出しやすい可動式の収納スペースを取り入れたり、米びつやごみ箱などもしっかり収納し、奥様が使いやすいキッチンを叶えるための工夫が随所に施されています。
さっと拭くだけできれいになるカウンターやIHクッキングヒーター、水アカが付きにくい有機ガラスの素材の水栓など、お掃除の手軽さにもとても満足されているそうです。

写真:木目のキッチン床と、白系に統一されたキッチンと収納カウンター
素足でもぬくもりを感じる床暖房を完備。
冬場でもキッチンに立つ時間がより快適に。

生まれ変わったキッチンでの
新しい暮らし

オープンなキッチンになり、ダイニング側のテラスも見渡せて陽も届き、明るいスペースに。またキッチンの天井にはダウンライトを新しく設置し、キッチンだけでなく、ダイニング側まで明るくなりました。
足元の冷えが気になっていたという奥様のために、床暖房も導入。さっそく使われたそうで、「あたたかくて快適」と喜びのお声を聞くことができました。

明るく生まれ変わったオープンなキッチンに、ご主人も「いいね、明るくなったね」とご満悦。ダイニングテーブルに座るご主人とキッチンに立つ奥様の会話もスムーズで、以前より弾むようになったそうです。
ご主人がテレビを見ながら、「相撲をやっているよ・・」と問いかけに、調理中でも一緒に見て会話ができる。とても距離が近くなりました。
時には大勢の家族がダイニングテーブルを囲むN様邸。オープンになったキッチンで、奥様が作った食器でお料理を振舞い、ご家族みんなが自然とキッチンの周りでお手伝いができる。そんな新しい暮らしが生まれたようです。

写真:ウォールユニットを下ろした様子

手が届く高さまで降ろせるので出し入れがしやすい、ソフトダウン・ウォールユニット。

写真:通路を確保するため、奥行きを狭くした収納カウンター

キッチンの通路幅を考え、コンロ部と収納カウンターの奥行きを変えました。

写真:カウンター裏のコンセントとガス栓。コンセントは上下2箇所に設置されている。

オプションでカウンター背面にコンセントとガス栓も設置。
充電などに便利と好評です。

写真:白い大理石のような素材で統一されたカウンターと窓台

窓台もキッチンカウンターと同じ素材で統一感のある仕上がりに

Before

Before

After

After
リフォーム規模 キッチンリフォーム
工期 約14日間
会社名 パナソニックリフォーム株式会社

リフォームのイメージづくり・
最新設備を体験する

ショップ紹介サービスの
3つの頼れるポイント

01
コンシェルジュについて

コンシェルジュがリフォームを
トータルにサポート

コンシェルジュについて
02
登録店制度とは

登録のリフォーム会社は
パナソニック独自の審査基準をクリア

登録店制度とは
03
リフォームトータルサポート

リフォーム中もリフォーム後も
サービスで手厚く

リフォームトータル
サポート

サービスについての
お問い合わせ

0120-146-870

受付時間 10:00〜17:00 
休業日 水曜日/GW・夏季・年末年始

よくあるお問い合わせ

商品に関するお問い合わせ、
サポート窓口はこちら

修理のご相談

パナソニック テクノサービス株式会社

ご依頼はこちらから

対面で相談できるショウルーム

※現在、各ショウルームとも新型コロナウィルスの感染拡大防止から、ご予約制となっております。

機器の取り換え、水廻りからフルリフォームまで商品を見ながらご相談いただけます。

CLOSE

Panasonicの住まい・くらし SNSアカウント

  • すむすむ公式 Facebook
  • すむすむ公式 Twitter
  • すむすむ公式 Instagram
  • すむすむ公式 Youtube
  • パナソニックの住まい・くらし方情報