あなたにマッチしたリフォーム会社を探すなら、
コンシェルジュにお任せください

リフォーム後の写真

File:31 O様邸

これからの2人暮らし
夫婦の夢を交えた住まいへ

築28年、大規模なマンション群の一室。
ご結婚されてからずっとこのエリアにお住いのO様。新築への住み替えも検討しましたが、このマンション以上の物件には出会わず、お子様の巣立ちをきっかけにフルリフォームをすることに。
テーマはこれからの夫婦二人暮らしの夢を交えた住まい。キッチンも古くなっていたし、ガスコンロも老朽化。
寝室とLDKを広くしたいと何となくお考えから始まったリフォームでした。

写真:玄関ホール
玄関を入るとそこはまるで、ギャリースペースホールはマンションと思えない広々とした空間に。

段取りがスムーズに。

ネットなどでいろいろと調べて、まず、リフォームの最優先課題だったキッチンを見に行こうとキッチンメーカーのショウルームへ足を運ばれました。
以前からパナソニックがリフォームに強いというイメージをお持ちだったそうですが、実際にパナソニックのショウルームで空間展示を見て、フルリフォームへのイメージを膨らませていたようです。
それからすぐにコンシェルジュにご相談いただき、ショップ紹介サービスで、フルリフォームの実績が豊富にあるリフォーム会社3社をご紹介させていただきました。
パナソニックのショップ紹介サービスを利用した理由をO様にお伺いしてみたところ、「インターネットでの相見積サービスなどもありますが、やっぱり不安がありますよね。その点、大手メーカーからの紹介であれば安心してお願いできますし、自分たちで探す手間もなくなりますから。また、段取りしてくれて助かりました。」とおっしゃっていました。

写真:LDKの風景
リビングの扉を開けると、広々と開放的に明るくなったLDKが広がります。

「想像を超えるプランに感動
 あとはもうお任せでした。」

今回、決め手となったリフォーム会社をO様が選んだ理由は、「私たちの希望を汲みながらも、想像を超える提案をしていただいたところですかね。」とのこと。「こんな風にできるんだ」と間取りがガラッと変わるプランを見て驚いたそうです。
広々とした玄関の空間づくりやリビングの間取り、キッチンの床に敷かれた幾何学模様のシートなどの素材、自分たちでは考えも及ばない提案だったそうです。

リフォーム後の玄関は、扉を開けるとマンションとは思えないほどの広々とした空間。
ご主人の希望であった広い玄関は、お二人の趣味である絵画を飾り、照明と自然光を上手に取り入れた、ちょっとしたギャラリーのような雰囲気です。リビングダイニングへ入ると、アンティークレンガやコンクリート調の塗り壁、小上がりの畳など、様々な要素のデザインが程よくまとまり、とても落ち着いた空間に。家に居る時間のほとんどはこのリビングで過ごされているそうです。

写真:「畳が丘」を設置したリビングの風景
「畳が丘」の上で趣味のカメラのお手入れも腰高の窓からの眺めもちょうどいい高さになったそうです

マルチに活躍する畳スペース

当初、和室を無くしてフローリングのリビングにしようと考えていたO様。ショウルームの展示で小上がりの畳スペース「畳が丘」を見た時「いいな」と思っていただいていたようで、リフォーム会社からの「畳が丘」を設置したプラン提案にも感心されたそうです。
はじめはリビングが狭くなる感じもするし、和洋が混在してしまうのではないかと不安だったそうです。しかし、リフォーム後、いざ暮らしてみるとダイニングに座る奥様と畳が丘でくつろぐご主人が同じ目線で会話をすることができたり、畳に座り読書したり、大好きなカメラの手入れをしたり洗濯物を畳んだりと、畳の上で過ごす時間が意外にも多いそうです。ご主人曰く、「小上がりだったことで違和感なく、リビングの空間に溶け込むことができました。」と。畳の下が十分な収納スペースとなっていて、本やレコードもしまうことができ、畳の上に座ると窓からの景色もちょうどいい高さで見ることができて、くつろぎの空間となったようです。
お子様の帰省時には就寝スペースになるなど、色々な目的に合わせ、幅広く利用されているようです。

写真:キッチンの奥、パントリーの風景
キッチンの奥にはパントリーを設置。
オープンキッチンでもしっかり片付きます。

家事効率を考えたキッチンスペース

当初から、1番に考えていたキッチンは特に家事効率を考えたプランに。
システムキッチンは、食器洗い乾燥機をいれて、毎日の家事の軽減に。
レンジフードは自動洗浄モード付きでお掃除を自動でしてくれるものを選びました。また、パントリーをキッチンの隣に設置したことが、思いのほか、家事効率をアップさせたようです。
以前のパントリーは扉付きでしたが、今回は思いきってオープンに。「全部見えているので、迷うことなく取り出しやすい」とおっしゃっていました。
また、以前お使いの食器棚もパントリー内の奥に設置。食器の収納量も確保しています。

写真:LDF(壁メイン)の風景
壁に飾る写真や絵画をかけ替える楽しみができたそう。

これからどのような住空間を
つくっていくのか、
楽しみで仕方ありません。

リビングの壁にはご主人が撮影された写真やお二人がお好きな絵画が飾ってあり、広い間口の対面式となったキッチンの前にはプライベートバーさながらのカウンターも設けられました。玄関正面の洋室からは、夏には花火大会の花火を目の前に見ることができ、友人たちが集まるそうです。
最近、広くなったリビング用にソファーを新調されたそうで「リフォームした部屋に合うような家具や絵画選びなど、新たな楽しみが生まれた」ことを嬉しそうに話されていました。
夫婦二人暮らしをきっかけにリフォームされたO様ですが、リフォームをしたことで暮らしやすい空間になっただけでなく、これから先、二人暮らしをより楽しんでいくことができる住まいへとなりました。

写真:寝室の壁面収納

寝室は間仕切り壁で仕切って、就寝スペースとクローゼットに。
間仕切り壁はあえて天井部分を開けて、オープンに。

写真:広さを感じさせる寝室の風景

寝室はあえて、主照明を無しに。間接光で落ち着いた雰囲気に

写真:押しいれのスペース、アイロン掛けの風景

アイロンがけがさっとできるアイディア。
押し入れスペースをうまく活用しています。

写真:花火鑑賞のできる洋室の風景

ご友人が集って花火鑑賞。窓からの眺めを楽しめます。

Before

Before

After

After
リフォーム規模 フルリフォーム
工期 約1か月間
会社名 株式会社ホームランド

リフォームのイメージづくり・
最新設備を体験する

ショップ紹介サービスの
3つの頼れるポイント

01
コンシェルジュについて

コンシェルジュがリフォームを
トータルにサポート

コンシェルジュについて
02
登録店制度とは

登録のリフォーム会社は
パナソニック独自の審査基準をクリア

登録店制度とは
03
リフォームトータルサポート

リフォーム中もリフォーム後も
保険やサービスで手厚く

リフォームトータル
サポート

サービスについての
お問い合わせ

0120-146-870

受付時間 10:00〜18:00 休業日 水曜日/夏季・年末年始

よくあるお問い合わせ

商品のお問い合わせ

パナソニック 照明と住まいの設備・建材 お客様相談センター

0120-878-709

受付時間 9:00〜18:00 休業日 なし

修理のご相談

パナソニックLSテクノサービス株式会社

0120-872-150

受付時間 月〜土/9:00〜19:00 , 日・祝・年末年始/9:00〜18:00

対面で相談できるショウルーム

※現在、各ショウルームとも新型コロナウィルスの感染拡大防止から、ご予約制となっております。

リビング ショウルーム

機器の取り換え、水廻りからフルリフォームまで商品を見ながらご相談いただけます。

コーポレートショウルーム

リフォーム全般のご相談

CLOSE

Panasonicの住まい・くらし SNSアカウント

  • すむすむ公式 Facebook
  • すむすむ公式 Twitter
  • すむすむ公式 Instagram
  • すむすむ公式 Youtube
  • パナソニックの住まい・くらし方情報