あなたにマッチしたリフォーム会社を探すなら、
コンシェルジュにお任せください

リフォーム後の写真

File:30 K様邸

二人で過ごす時間がもっと楽しくなる
こぼれる光が心地いい「くつろぎの空間」

築19年のマンションを全面リフォームされたK様。旧居は4LDKの間取りで各部屋が狭く、まっすぐ進めないかぎ型の動線が生まれ、窮屈さと暮らしにくさを感じていらっしゃいました。お子様はすでに自立され、個室は不要。これからは奥様との二人暮らしとなるため、「使い勝手のよい、落ち着ける空間づくり」を希望されました。

写真:玄関ホール
玄関ホールはロードバイク2台分が十分に置ける広さ。
「夫婦でしまなみ海道に出かけたいですね」

斬新な提案にご主人も感動

ショウルームで開催しているリフォームセミナーに参加されたことがきっかけでパナソニックでもリフォームを検討することに。いくつかのリフォーム会社を検討した結果、お選びになった会社は「商品を熟知され、私たちの希望を受け入れてくださるだけでなくデメリットもきちんと説明してくれ、その誠実な対応に安心できた」とのこと。また、CGの立体画像によって完成イメージをリアルに確認していただけたことも気に入ってくださったようです。
「なによりも設計が斬新!洗面室のレイアウトには驚きました。ここで過ごす日を重ねるほど、リフォームの満足感も増しています。こうすればよかったという後悔が一つもないんです。自分たちがやりたいことをできました」
今回は間取りをガラリと変更するため、スケルトン状態(骨組みだけ)にすることから始まりました。制約が多いマンションだったため、スケルトンにすることで間取りの自由度が高くなったそうです。

写真:キッチン・リビングの風景
キッチン・和室・リビングで天井のあしらいを変えて、段階的にアップ。空間に広がりを持たせています。

スペースをより広く、高く
ストーリーのある動線づくり

リフォーム後は玄関ホールに出窓を配し、ご主人の趣味であるロードバイクを置ける広く明るいスペースに。さらに進んで扉を開けると、キッチン、リビング、バルコニーまで一直線。見上げると、キッチン、和室、リビングで天井のあしらいが異なります。もともと天井が高くなかったため、手前のキッチンは天井を少し低くして奥に向かって天井を段階的にアップ。リビングの天井の高さを変えることなく、天井が高く感じられ空間に広がりを持たせています。

寝室の間取りにも仕掛けがあります。寝室を入ると、しばらく天井までの壁面収納が続き、そこを抜けると視界が急に開けてベッドが二つ。狭さを感じさせない工夫です。

お二人が最も驚いたというのが洗面室。以前の間取りでは、水まわりは部屋の中央部分に集めてあり、洗濯を干すには洗面室から洗濯物を抱えて廊下、リビングを通ってベランダへと長い動線がありました。リフォームで洗面室をバルコニー側に移動させ、洗濯機からバルコニーへはたったの数歩。家事動線が大幅に短縮できました。洗面室はバルコニーからの光が差し込み、明るく爽やかな空間に。縦長の間取りを生かして、洗面台はお二人で並んで使えるように幅広の鏡を設置。浴槽はご主人も足を伸ばせる広さを確保しました。

写真:LDKの風景
LDKの竪組デザインの内障子がアクセントに。

内障子越しの柔らかな光と
間接照明でくつろぎを演出

LDKで目を引くのが掃き出し窓の内障子。組子の隙間から柔らかな光が差し込み、その組子模様がリビングを美しく彩ります。畳コーナーを仕切るスリット格子とリンクし、デザインに統一感が生まれています。畳コーナーは、縁がない琉球畳でモダンな雰囲気を演出。フローリングとの段差ができないように施工し、すっきりとした空間をつくっています。

以前のキッチンも対面式でしたが、大人がすれ違えないほどの通路幅で食器棚を置くことができなかったそうです。そこでキッチンスペースを広げ、背面には収納を設置。オープンに棚も設置して見せる収納に。奥様が集めている器を並べます。

さらに、居心地のよい空間づくりに一役かっているのが、間接照明。リビングは既存配管スペースの出っ張りをいかして照明を配置。用途や時間帯に合わせて、明るさを自由に調整できる調光式を採用しました。部屋の雰囲気を簡単に変えることができ、必要な場所に必要な照明を使うことができるため省エネにも役立ちます。夜に暗い中での移動のために、センサー式のフットライトも取り付けました。

写真:キッチンの風景
キッチン背面壁はオープン棚で見せる収納に。

スケジュール管理に仮住まいの手配まで
心強い細やかなサポート

リフォームにかかった期間は約2か月。お二人とも仕事があり、限られた時間の中でスムーズにリフォームを進めていくため、決定事項などを細かく入れたスケジュールを作成。「いま何をしなければならないか、いま何をしているのかも把握できましたので、打ち合わせは2回ほどであとはお任せしました。ショップ紹介サービスの制度では、仮住まいの手配もしてくれたので本当に助かりました」と奥様。

「何か一つ選ぶのも、膨大な種類の中から選び出すのは大変な作業。パナソニックの登録店さんなら、施工のことだけなく、キッチンや浴室の設備、建材、家電のことも熟知され、すべてをリンクさせ提案してくださいます。上げ膳据え膳ですね。ショウルームで実際に見て、大きさや広さを体感することもできますし。でも、商品がよくても、人がいまいちだったら頼んでいなかった」とご主人。リフォームを終えて「とっても満足してます。リフォームの成功もうれしいですが、皆さんとリフォームできたことを幸せに感じています」と、振り返るご夫婦。
家のあちこちに、お気に入りの場所があり、リビングでゆっくり過ごしたり、畳で横になったりとその時の気分で過ごす場所を決めるのが楽しいそうです。「でも、リビングで過ごすことが多いかな」とソファに並んで座るお二人。今後はホームシアターを導入し、「好きな映画を観る時間もつくりたい」と、家での楽しみが広がったようです。

写真:寝室の壁面収納

寝室に続く天井までの壁面収納。

写真:広さを感じさせる寝室の風景

壁面収納を抜けると、視界が急に開けてベッドが二つ。広さを感じさせる工夫です。

写真:夜のリビング・ダイニングの風景

夜は間接照明でくつろげる空間に。

写真:LDKの格子の風景

共有部分を緩やかに仕切る格子。家族の気配を感じながら、一人での時間も過ごせる空間をつくります。

写真:ダイニングの風景

ダイニングテーブルにはスタイリッシュなペンダントライトを配置。

写真:ダイニングと造作棚

「二人で毎日眺められたいいな」と、お二人が好きなこけ玉を飾る棚を造作。

写真:キッチンのオープン棚

普段も使う器はオープン棚に。お気に入りがいつも目に入り、出しやすくしまいやすくて便利。

写真:洗面室の風景

シンプルで明るい洗面室。波目模様の凹凸のある壁面が柔らかな表情を添えています。

Before

Before

After

After
リフォーム規模 フルリフォーム
工期 約2か月間
会社名 パナソニックリフォーム株式会社

リフォームのイメージづくり・
最新設備を体験する

ショップ紹介サービスの
3つの頼れるポイント

01
コンシェルジュについて

コンシェルジュがリフォームを
トータルにサポート

コンシェルジュについて
02
登録店制度とは

登録のリフォーム会社は
パナソニック独自の審査基準をクリア

登録店制度とは
03
リフォームトータルサポート

リフォーム中もリフォーム後も
サービスで手厚く

リフォームトータル
サポート

サービスについての
お問い合わせ

0120-146-870

受付時間 10:00〜17:00 
休業日 水曜日/GW・夏季・年末年始

よくあるお問い合わせ

商品に関するお問い合わせ、
サポート窓口はこちら

修理のご相談

パナソニック テクノサービス株式会社

ご依頼はこちらから

対面で相談できるショウルーム

※現在、各ショウルームとも新型コロナウィルスの感染拡大防止から、ご予約制となっております。

機器の取り換え、水廻りからフルリフォームまで商品を見ながらご相談いただけます。

CLOSE

Panasonicの住まい・くらし SNSアカウント

  • すむすむ公式 Facebook
  • すむすむ公式 Twitter
  • すむすむ公式 Instagram
  • すむすむ公式 Youtube
  • パナソニックの住まい・くらし方情報