あなたにマッチしたリフォーム会社を探すなら、
コンシェルジュにお任せください

リフォーム後の写真

File:29 M様邸

二世帯の“楽”を叶える
親孝行リフォーム

美しい街並みに佇む、築28年の戸建て。ここはもともとご主人が学生の頃、ご家族とおばあ様が住む二世帯住宅として建てられた家でした。その後、月日の経過とともに家族構成も変化し、ご主人がご結婚後に家を出られてからは、お母様と愛犬の“二人”暮らしの状態に。年を重ねるたびに、「老老介護」の暮らしをずっと心配されていたM様ご夫婦は、「お母さんと一緒に暮らそう」とリフォームを決意。計画が動き出しました。

写真:玄関ホール
玄関ホールに面したお母様のリビングへの入り口。扉をすりガラスにすることで、互いのプライバシーを守りながら、気配は感じられるように。

様々な意見から「信頼性」を重視

お母様と愛犬が暮らすM様邸があるのは、80年代に開発された新興住宅地。同時期に建てられた住宅が立ち並び、最近はリフォームをする住まいも増えつつあるのだとか。そんな中で様々なリフォーム会社の話を聞く機会も多かったようです。「リフォーム会社選びには少し不安がありました。一生住む家だからこそ、『信頼性』を何より重視したいと思っていたんです」

ある日、ふらりと立ち寄ったパナソニックのショウルームで「リフォームショップ紹介サービス」をお知りになりました。パナソニックが窓口になること、複数社のプランと見積りを同時検討でき価格の妥当性も確かめられること。それらの安心感が決め手となり、リフォームの計画が本格的に進み始めました。「リフォーム会社選びだけでなく、施工中やアフターサービスの面でも安心感が違います。実際に施工中に見学して気になる箇所など、パナソニックのコンシェルジュに伝えると、すぐに担当者に連絡が入り、現場の職人さんが対応してくれたんです。私たちはリフォームのプロではないから、そういった存在がいてくれるということは、心強かったですね」

写真:洗面脱衣室
洗面脱衣室の扉は、今回のリフォームで引戸に。「万一、中で人が倒れても助けに入れるように」との配慮です。

上下階で分けた2世帯住宅

今回のリフォームは玄関がひとつで、1Fはお母様、2Fが息子様世帯の上下階で分ける二世帯型の住まいにリフォームしました。当初は玄関も別々にとお考えでしたが、構造上分けられずに共有の玄関にされたそうです。
お母様が暮らす1Fは主に水まわりの入替えと室内ドアをリフォームし、LDK空間・寝室はそのままで大きくは変更していません。息子様世帯の2Fにはリビング・ダイニング、キッチン、トイレ・洗面を設置して、生活をわけました。
最初は生活時間の違いなどを気にされていましたが、お互いに適度なコミュニケーションが取れたり、気配だけでも安心できたり、生活にメリハリができたなど二世帯にしてそれぞれの暮らしにうれしい変化ができたそうです。

写真:ダイニング
ダイニングの柱を生かした空間デザイン。「木が好き」というご主人の好みに合わせた、自然の風合い豊かな雰囲気に仕上がりました。

2階の3室を、ひとつながりに!
木の質感が心地よい大空間リビング

パナソニックが提案した3社から選ばれたのは、住まいの構造計算をもっともシビアに行ったリフォーム会社。子世帯であるご夫婦の希望は「できるだけ広々とした大空間にしたい」というものでしたが、壁を少なくすることと住まいの強度を守ることを両立するプランだったことに安心感を持ったと話されます。
4室に細かく区切られていた2階は、3室と壁・廊下・収納スペースをひとつながりにした大空間リビングに。また、対面キッチンやアイランドキッチンを希望されていましたが、ダイニングに構造上取り外せない柱があったため、お手入れや作業がスムーズなI型キッチンに。代わりに、その柱を取り囲むように天然木のダイニングテーブルを配し、ログハウスのような雰囲気となりました。「私たちの希望だけを叶えるプランではなく、プロとしての見解も交えて考えてくれたんです。木が好きな私の趣向もわかってくれて木目を生かした空間になりました。この空間でのんびり過ごすと本当に癒されます」とご主人も満足されている様子です。

写真:夫婦並んで料理をしているLDKの風景
時短のためキッチンに二人で立たれることも多く、I型キッチンの作業のしやすさを実感されているそうです。

ご夫婦並んでクッキング。
家事をパパッとこなせる工夫を

共働きのM様ご夫婦は、帰宅したら少しでも自宅でのんびりする時間を確保するために、二人で炊事ができる間口の広いキッチンを選ばれました。「分担して作業ができるのがいいですね。主人が食材を切って、私がそれを受け取って。直線だとそういったやり取りもしやすいです」と、奥様はおっしゃいます。リビングを広く見せるために、食器棚は置かず、収納をたっぷりと備えたキッチンになりました。また、少しでも家事を効率化するべく、食器洗い乾燥機やお手入れのしやすいレンジフードを採用されています。
リビングは、部屋の仕切りのない大空間にしたことで、お掃除ロボットに任せられるようになりました。

写真:1階のお母様の寝室

1階にあるお母様の寝室。奥の壁面だけをあえてシックなカラーに切り替えることで、室内に落ち着いた雰囲気をプラスしています。

写真:トイレ「アラウーノ」

お手入れのしやすさで選ばれた「アラウーノ」。日常のお掃除をほとんどしなくてもきれいなので、「ほとんど掃除していません(笑)」と奥様。

写真:2階、階段ホールにある洗面スペース

2階の階段ホールには洗面スペースを設置。廊下や扉などの無駄なスペースを一切なくし、空間を有効に使われています。

写真:はめ込み窓を設置したキッチン

施工中に気になった、キッチン奥の閉塞感。
現場の職人さんのアイディアで、光が差し込むはめ込み窓を設置しました。

Before

Before

After

After
リフォーム規模 1F:水廻り・寝室 2F:フルリフォーム
工期 約1か月間
会社名 パナソニックリフォーム株式会社

リフォームのイメージづくり・
最新設備を体験する

ショップ紹介サービスの
3つの頼れるポイント

01
コンシェルジュについて

コンシェルジュがリフォームを
トータルにサポート

コンシェルジュについて
02
登録店制度とは

登録のリフォーム会社は
パナソニック独自の審査基準をクリア

登録店制度とは
03
リフォームトータルサポート

リフォーム中もリフォーム後も
サービスで手厚く

リフォームトータル
サポート

サービスについての
お問い合わせ

0120-146-870

受付時間 10:00〜17:00 
休業日 水曜日/GW・夏季・年末年始

よくあるお問い合わせ

商品に関するお問い合わせ、
サポート窓口はこちら

修理のご相談

パナソニック テクノサービス株式会社

ご依頼はこちらから

対面で相談できるショウルーム

※現在、各ショウルームとも新型コロナウィルスの感染拡大防止から、ご予約制となっております。

機器の取り換え、水廻りからフルリフォームまで商品を見ながらご相談いただけます。

CLOSE

Panasonicの住まい・くらし SNSアカウント

  • すむすむ公式 Facebook
  • すむすむ公式 Twitter
  • すむすむ公式 Instagram
  • すむすむ公式 Youtube
  • パナソニックの住まい・くらし方情報