あなたにマッチしたリフォーム会社を探すなら、
コンシェルジュにお任せください

リフォーム後の写真

File:24 S様邸

快適リビング&バーで
毎日を豊かに楽しむ「家時間」

美しい川の風景を見下ろすマンション。眺めも良く開放的な20畳のリビングですが、実際の生活スペースはキッチンから一番離れた場所に置いたテレビのある一角だけ。
「テレビ前のこたつが母の指定席。ここで食事も済ませていました。
リビングのソファもダイニングテーブルも使っていなかったわが家が、リフォームでこんなに変わるなんて…」

写真:「おきラク手すり」が活躍する浴室

リフォームのきっかけはユニットバスの入替

マンション用のユニットバスを探すために色々なお店を回られ、パナソニックのショウルームで浴室の「おきラク手すり」を気に入ってくださったお二人。
「その時はまだ具体的なイメージもなく、こんな状況で話を進めて、良いのか不安でした。でも、最初に問い合わせた時のコンシェルジュの方の対応がよくて…この方に相談したい!と思ったんです。」
初めてのリフォームはわからないことばかりで戸惑いましたが、1つ1つ分かりやすく話してもらえ、相談することができました。
リフォーム会社の紹介を受け、打ち合わせを重ねるうちに、今後どんな風に過ごしたいのかを考えるようになりました。イメージを引き出してくれた提案プランを見ているうちに、浴室は設備を新しくするだけでなくもっと快適で、お手入れも楽にしたい。リビングは空間を有効活用して眺望を楽しめるようにしたいなど、毎日の暮らしを変えたい!という想いが湧き上がり、「家族と友人が集える空間」づくりが始まりました。

写真:洗い場から浴槽に入る一連の動きをサポートする「おきラク手すり」
洗い場から浴槽に入る一連の動きをサポートする「おきラク手すり」。インテリア性があり、小物も収納できます

母に…と思った浴室の手すりが大活躍。
必要なモノだけで広く快適な空間に

浴室は北側にあるため冬はとても寒く、タイル張りでより冷たさを感じていたそう。「排水溝の掃除が面倒で、すぐにカビが生えてしまうのが悩みでした」洗面室と間に15㎝もの大きな段差も心配なさっており、「安全でメンテナンスが楽な浴室にしておきたい」とご自身の将来を見据え維持していくことを重視したプランニングとなりました。
お風呂を広くしたいが、マンションの建築条件上、広さを変えることは難しいため、浴室内に取り付ける物の仕様を1つ1つ商品のアドバイザーと一緒に確認して、選んでいきました。
・「おきラク手すり」には物を置けるので、収納棚は不要では?
・洗面器を置く台や鏡なども、本当に必要?
と、「私たちでは気づけないご提案がたくさんあって、浴室が広くなったように感じます。段差もなくなって安心です。」「元々、手すりは母にと思っていたのに、私たちもしっかり使ってますね」とご満足されているご様子でした。
24時間換気ができるので浴室はいつも乾きが良く、床の掃除も楽になり、カビの悩みからも解放されたそうです。

写真:畳スペースをリビング中央に配置

家の中でお気に入りが毎日見つかる
暮らしの楽しみを生み出すリフォーム

大きな家具で埋まったリビングはくつろげる空間ではなかったそうで、「リフォーム前はリビングではなく、自分の部屋で過ごしていたんです・・」とS様。
メインの生活場所であるこたつは、お母様には立ち座りが難しく、「掘りこたつがほしい」というご要望があり、小上がりの畳スペース「畳が丘」を取り入れることとなりました。

普段は3人での生活ですが、週の半分はお母様のお友達が遊びに来られ、また、お子様たちが帰省されると10人以上が集まります。プライバシーを確保しながら来客人数にも柔軟に対応できるように、畳が丘(畳スペース)をリビング中央に配置。左右をテレビコーナーとダイニングコーナーにしました。
畳スペースには掘りこたつとお仏壇の収納を新設。スリット格子で空間をゆるやかに仕切り、ダイニングコーナーへと導く廊下も生まれました。
畳が丘&掘座卓をお部屋の中央に配置する大胆な提案に驚きながらも、その斬新な提案がリフォーム会社を選ぶ決め手になりました。

写真:インテリアカウンターを設置して作ったお気に入りのバーコーナー

夜景を見ながら一杯。
TVを見る時間も減る自慢のバーコーナー

今回のリフォームの最大の楽しみが、リビングのダイニングコーナーに設けたバーコーナー。窓にインテリアカウンターを造り付け、窓際に間接照明を施して深いブルーのクロスでシックな雰囲気を演出。日が暮れ始める時間帯から家々の明かりが美しい夜景まで、眺望を楽しみながら静かにお酒を飲む時間はお二人の至福のひと時となりました。
「テレビを見る時間が少なくなった」とも。
また、ダイニングで食事をするようになり、キッチンからの動線が短縮されて家事がラクになったとのこと。お二人とも料理を作られることも増えたそうで「居酒屋もできそう」と楽しそうに語ってくださいました。

写真:お客様

工事期間は1カ月ほど。リフォーム中、お留守番をされるお母様の精神的な負担を心配されたことから、「工事担当は女性の方で」という依頼がありました。
「工務店の方が母に頻繁に声をかけてくださって、安心してお任せすることができました。工事が終わるころには仲良くなっていたほどです。 」と、リフォーム中も安心していただけたようです。

写真:テレビコーナー側から見た和室スペース

リフォームを終えて、「今は充実感でいっぱい。帰宅してリビングに入る瞬間の景色が気に入っています。そのほかにも、畳が丘(畳スペース)から眺める景色や、洗面室の壁が洗面台のブルーと連動して海のような雰囲気であったりと、家の中のお気に入りポイントが次々と生まれています。これからも楽しみですね。」とのこと。
また、「マンションということで建築条件上の制限もある中、無垢の床板や壁紙も活かして欲しいという私たちの想いを尊重してくれて丁寧に形にしてくださいました。リフォーム会社さんの営業・設計の方の提案やプレゼンテーションがほんとに素晴らしくて!!とても良いリフォームになりました。満足度200%です!」と嬉しそうなお二人でした。

Before

Before

After

After
リフォーム規模 LD・水廻り
工期 約1か月
会社名 パナソニックリフォーム株式会社

リフォームのイメージづくり・
最新設備を体験する

ショップ紹介サービスの
3つの頼れるポイント

01
コンシェルジュについて

コンシェルジュがリフォームを
トータルにサポート

コンシェルジュについて
02
登録店制度とは

登録のリフォーム会社は
パナソニック独自の審査基準をクリア

登録店制度とは
03
リフォームトータルサポート

リフォーム中もリフォーム後も
サービスで手厚く

リフォームトータル
サポート

サービスについての
お問い合わせ

0120-146-870

受付時間 10:00〜17:00 
休業日 水曜日/GW・夏季・年末年始

よくあるお問い合わせ

商品に関するお問い合わせ、
サポート窓口はこちら

修理のご相談

パナソニック テクノサービス株式会社

ご依頼はこちらから

対面で相談できるショウルーム

※現在、各ショウルームとも新型コロナウィルスの感染拡大防止から、ご予約制となっております。

機器の取り換え、水廻りからフルリフォームまで商品を見ながらご相談いただけます。

CLOSE

Panasonicの住まい・くらし SNSアカウント

  • すむすむ公式 Facebook
  • すむすむ公式 Twitter
  • すむすむ公式 Instagram
  • すむすむ公式 Youtube
  • パナソニックの住まい・くらし方情報