リフォーム事例

マイページ

一覧

あなたにマッチしたリフォーム会社を探すなら、
コンシェルジュにお任せください

リフォーム後の写真

File:23 I様邸

家族の思い出を刻みながら、快適なすまいへ

I様が築32年の、3階建ての住まいのリフォームを決めたのは、息子様世帯に双子のお子様が生まれ、一緒に住むことになったのがきっかけ。家族会議の結果、玄関は別々の二世帯住宅にリフォームすることになりました。
I様のお住まいは2階と3階が居住空間です。お子様たちが独立されてからは夫婦ふたり暮らしで、生活のメインは2階フロアでした。3階にあった代々続く大きな仏壇を2階のI様ご夫婦の空間に設置し、ワンフロアで暮らせるように。息子様世帯は3階で暮らすという上下階で分けた二世帯住宅プランに。そして、「せっかくするならスケルトンにして大々的にやるか」というご主人の決断でリフォームが始まったのです。

写真:キッチンから畳スペースまでひと続きの大空間。
キッチンから畳スペースまでひと続きの大空間。

いちばんのこだわりは
“明るさ”と“オープン”

リフォームにあたって、いちばんこだわったのは「明るくてオープンな空間」。そこで、畳スペースもある広いLDKにしました。特にダイニングスペースは、お子さま達の家族も集まって一緒に食事ができるくらいにゆったりと。キッチンは、お孫さまたちが遊ぶ様子を見ながら家事ができるよう対面式にしました。

写真:和室
真ん中の空間は大家族でも十分に食事できる広さ。

以前は、廊下や個室がこまかく分かれていたので、夫婦がお互いにどこにいるかわからないこともありましたが、今は「どこにいても主人の気配が感じられるので、お互い安心して自分のことができます」と奥様も大きなLDKにご満足。ご主人もダイニングに座ってテレビを見たり、畳スペースでくつろいだり、家の中に居心地のよい居場所が増えたとおっしゃいます。

写真:和室でくつろぐご主人
「どこへ行っても暖かくて快適」と笑顔のご主人。

驚いたのは、
玄関に入ったとたん気づく暖かさ!

「なにより変わったのは…」とご夫婦そろって感じているのは、暖かさ。奥様は、寒い外から帰って玄関に入ったときにその違いを感じて驚いたそうです。今回のリフォームでは外壁まわりに断熱材を入れ、二重サッシにしました。一日をいちばん長く過ごすLDKの床材には無垢材を選びましたが、これが予想以上の暖かさでした。ご主人曰く「無垢材がこんなに暖かいとは知らなかった。床暖房をいれようか迷ったけれど、まったく必要ないね」とのこと。
扉は引き戸を採用したのも正解でした。風通しのよいI様のお住まいは、窓を開けていると風でドアがバタン!と大きな音を立てて閉まることも少なくなく困っていたそう。「軽い力で開け閉めでき、自然に最後まできちんと閉まるのがラク」と奥様が言えば、「場所をとらないのもいい」とご主人。引き戸はいいことづくめだったようです。
さらに奥様にとって嬉しいのは、水廻りのお手入れがしやすくなったことだそうです。特にトイレは水はねがしなくなり、床掃除の手間がずいぶん減りました。

写真:ウォークインクローゼット
桐ダンスの引き出しをそのままクローゼットに活用。

旧居の思い出や荷物、
古い家具を生き返らせる

「長く使ってきて愛着のある古い家具や建具をぜひ活かしたい」という想いをI様はお持ちでした。その想いはリフォーム会社からの提案で、思いがけずいろんな形で実現。たとえば、旧居の黒檀の床柱を仏壇に、古いテーブルの天板を家事室の造り付けのアイロン台に、そして桐ダンスは寝室のウォークインクローゼット内に造り付け収納として新たに生き返りました。「こういったアイデアは私たちには思いつかない。プロからの提案は、やはりさすがだね」とご主人。
ウォークインクローゼットをはじめ、I様宅は収納の工夫も満載です。掃除用具などをまとめてある階段下の収納、来客用布団などをしまっている畳スペースの下の収納、柱部分を利用した壁収納など。特に、畳下の収納は想像以上に収納でき便利だそうです。
しかし、もちろん、2階と3階にあったものすべてをワンフロアに収納したわけではありません。「年齢的にも終活を視野にいれて、ずいぶん整理しましたよ」と奥様は語ってくださいました。

写真:お客様
コンシェルジュがいたから安心して話ができたとI様。

リフォーム会社との間の
相談役として安心できた

今回、パナソニックのリフォーム相談コンシェルジュという存在がいるのを初めて知ったというI様。「息子がインターネットでリフォーム会社を探すというから任せていた」とおっしゃいます。リフォーム会社を選ぶ際も、リフォーム会社を決めてからも、気になることがあるとなんでも気軽に相談できたのがコンシェルジュだったそう。
「30年以上前、最初にこの家を建てたときは、こんな風にリフォーム会社との間に入ってくれる人はいなかったから、今回は助かりました。いろんな質問をしたし、アドバイスもいただいた」と、コンシェルジュサービスを活用してくださいました。

写真:キッチン収納

「重い鍋もここにしまうとラクなの」とキッチン収納に納得。

写真:和室

畳スペースの下には、かさばる来客用布団や衣類もスッキリ収納できます。

写真:提案時にひと目で気に入った玄関ホール

ご主人が提案時にひと目で気に入った玄関ホール。

写真:お手入れのしやすいトイレ

設備はお手入れしやすい商品を選びました。トイレもその一つ。水はねしにくいのでお手入れが簡単になりました。

Before

Before

After

After
リフォーム規模 フルリフォーム
工期 約5か月間
会社名 株式会社ハウスリノベーション

リフォーム・リノベーション
実例や商品を見に行く

ショップ紹介サービスの
3つの頼れるポイント

01
コンシェルジュについて

コンシェルジュがリフォームを
トータルにサポート

コンシェルジュについて
02
登録店制度とは

登録のリフォーム会社は
パナソニック独自の審査基準をクリア

登録店制度とは
03
リフォームトータルサポート

リフォーム中もリフォーム後も
保険やサービスで手厚く

リフォームトータル
サポート

サービスについての
お問い合わせ

0120-146-870

受付時間 10:00〜18:00 休業日 水曜日/夏季・年末年始

よくあるお問い合わせ

商品のお問い合わせ

パナソニック 照明と住まいの設備・建材 お客様相談センター

0120-878-709

受付時間 9:00〜18:00 休業日 なし

修理のご相談

パナソニックLSテクノサービス株式会社

0120-872-150

受付時間 月〜土/9:00〜19:00 , 日・祝・年末年始/9:00〜18:00

対面で相談できるショウルーム

※現在、各ショウルームとも新型コロナウィルスの感染拡大防止から、ご予約制となっております。

リビング ショウルーム

機器の取り換え、水廻りからフルリフォームまで商品を見ながらご相談いただけます。

TOKYO リノベーション ミュージアム

リノベーション空間を見ながら、ご相談いただけます。

コーポレートショウルーム

リフォーム全般のご相談

CLOSE

Panasonicの住まい・くらし SNSアカウント

  • すむすむ公式 Facebook
  • すむすむ公式 Twitter
  • すむすむ公式 Instagram
  • すむすむ公式 Youtube
  • パナソニックの住まい・くらし方情報