住まいの設備と建材 > 給湯・暖房 > エコキュート > エコキュートのしくみ

ここから本文です。

エコキュート

エコキュートのしくみ

お湯をかしこくつくる、エコキュートのしくみ※1

大気熱を自然冷媒に集め、その熱でお湯を沸かします。

大気中の熱をとりこむ/吸い込まれた熱は、空気熱交換器で自然冷媒がしっかりと吸収します。
圧縮して、高温にする/熱を吸収した自然冷媒は、圧縮機によって圧力をかけられ、高温になります。
自然冷媒の熱を、水に伝える/水熱交換器では、高温になった自然冷媒が熱を水に伝え、お湯をつくります。
お湯を貯湯タンクにためる/熱を伝えられた水はお湯へと変化し、貯湯ユニットへ貯湯されます。キッチンやおふろでたっぷりのお湯が使えます。
膨張させて温度を下げる/水熱交換器で熱を水に奪われた自然冷媒は膨張し、空気熱交換器で大気熱を吸収します。
(別ウインドウが開きます)空気の熱を上手に使うエコキュートのしくみをご紹介!エコキュートの原理がよくわかる!ホットくん

エコキュートとは

大気の熱を利用してお湯を沸かす、地球環境への負荷をおさえた自然冷媒(CO2)ヒートポンプ給湯機です。

自然冷媒とは

一般に自然界に存在する物質で、可燃性、毒性もありません。また加熱能力に優れているため、外気温が−10℃※1と低くても高温での貯湯が可能。高温沸き上げに適している冷媒です。

  • ※1 最低気温が−10℃を下まわる地域ではご使用できません。寒冷地向けの場合は外気温が−20℃を下回る地域は屋内設置用タイプを使用し、貯湯ユニットを屋内に設置してください。ヒートポンプユニットは−25℃で最高約80℃の沸き上げが可能ですがタンク全量沸き上げできない場合があります。

圧縮機のしくみ

ヒートポンプとは、空気の熱を熱交換器で冷媒に集め、その冷媒を圧縮機で圧縮してさらに高温にし、高温になった冷媒の熱を水に伝えてお湯を沸かすしくみです。

  • 圧縮機のしくみについて気体が高温になる実験がご覧いただけます。
    シリンダーに小さい綿が入っており、圧力をかけると、綿が一瞬発火します。
住宅のゼロ・エネルギー化にはエコキュートがおすすめ

ZEH仕様の住宅に選ばれるエコキュート

これからのZEH基準に対応する住宅は、一次エネルギー消費量を減らし、ゼロ・エネルギー化が進むことが期待されています。
(一次エネルギーとは、石油、石炭、天然ガス、水力、太陽光など自然界から得られるエネルギー源のこと。)
2020年省エネルギー基準※2や住宅トップランナー制度※3よりも厳しいZEH基準の達成には、高効率の設備機器の採用が有効で、給湯機ではエコキュートが最も多く採用されています。

ZEHにおける給湯機別導入状況
※2: 設計者(建築士)から建築主への説明の義務付けにより、省エネルギー基準への適合を推進。
※3: 大手ハウスメーカー等の供給する戸建住宅等について、トップランナー基準への適合を徹底。建売戸建住宅を供給する大手住宅事業者に加え、注文戸建住宅・賃貸アパートを供給する大手住宅事業者を対象。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)とは

「住宅の断熱性能を大幅に向上させるとともに、高効率な設備システムの導入により、室内環境の質を維持しつつ大幅な省エネルギーを実現した上で、再生可能エネルギーを導入することにより、年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅」です。
ZEHに住むことで、家庭内のCO2削減も実現できます。

おすすめのZEH対応商品
  • ○エコキュートを設置する場合は、JIS効率3.3(JIS C 9220:2011に準拠)以上(寒冷地(1・2・3地域)の場合は2.7以上、多缶(薄型給湯タイプ)の場合は3.0以上)が対象 ○「低炭素建築物認定に係わる技術的審査における一次エネルギー消費量算定プログラム」へのJIS効率の入力値は、改正前の JIS C 9220:2011の年間給湯保温効率または年間給湯効率の数値をご使用ください。 ○詳しくは2019年度「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業(予算に係るもの)」(SII 環境共創イニシアチブ)よりご確認ください。
  • ※4:年間給湯保温効率は、JIS C 9220に基づき、ふろ熱回収機能(ぬくもりチャージ)を用いて測定した値です。

地球温暖化の原因、CO2の削減を暮らしながら、快適なエコライフで実践します

『エコキュート』が採用している自然冷媒は、従来のフロン系冷媒と違い、オゾン層にダメージを与えず、地球温暖化係数もフロン系の約1,700分の1。

家庭用給湯の省エネがCO2削減に

私たちが毎日、お湯を沸かしたり、おふろでシャワーを浴びたりするために使うエネルギーは、全体の約1/3になります。
この給湯エネルギーを少しでも減らすことが省エネと環境対策のポイントになります。

家庭部門用途別エネルギー消費量

高効率で沸かす

大気熱を利用するので、お湯を沸かす効率は電気エネルギーのみの場合に比べて電力消費量約1/3。

大気熱を利用するので、お湯を沸かす効率は電気エネルギーのみの場合に比べて電力消費量約1/3。

さらに、割安な※5「夜間電力」を使って昼間の電気使用量を抑える。※6

平均的なご家庭で一日のうち、電気をもっとも多く使用するのは午後から夕食時にかけて。エコキュートはこの時間帯をさけ、割安になる※5 夜間時間にお湯を沸かすので給湯コストを大幅に削減できます。※6 電力消費の節減にも貢献し、ピークシフト※7 に対応します。

1日の電気の使われるイメージ
ピークシフト※7に対応 夜間電力を使用して、電力需要の多い昼間時間帯からピークシフト。主に夜間電力を利用して沸き上げるので、電気使用量の多い昼間時間帯からのピークシフトに対応します。しかも、電気代がオトクになる時間帯別電灯契約※5で、給湯コストを大幅に削減できます。
※5:ご契約の電力会社や料金体系により異なります。
※6:湯切れ防止のために昼間に運転することがあります。
※7:昼間の電力需要ピーク時の電力の消費を抑え、余力のある夜間に分散させること(床暖房機能付エコキュート、コンパクト エコキュートは除く)。
エコキュートを選ぶ ランニングコストを見る