よくあるご質問

一覧

TOP

グリルについて

焼き魚は、火加減が難しいって言うけど?

ご安心ください。火加減がむずかしいといわれる焼き魚も、両面焼きで自動でおいしく焼けます。
生・姿焼き、切身/干物、つけ焼きの3種類の自動メニューと、焼き加減の調節ができるので、自動的にお好みの焼き具合に仕上がります。

IH&遠赤 Wフラット ラクッキングリルへ
遠赤 Wフラット ラクッキングリルへ
IH&遠赤ラクッキングリルへ
おまかせビッググリルへ

焼き魚メニュー

※自動メニュー

焼き魚以外に、どんなメニューができるの?

グラタンや焼きなすなど、人気のお惣菜メニューが、ボタンひとつで自動調理できます。
また、オーブン感覚で使える温度設定機能も搭載。80~280℃(※)まで、温度管理がしっかりとできるので、ローストビーフなどの低温メニュー、ピザやフライなどの温め直しなども手軽にでき、予熱なしでのお菓子づくりも楽しめます。

※ Xシリーズ、W1のみ

色々なメニュー

使ったあとのグリルのお手入れは?

グリル部分の焼き網、受皿、扉は取り外して、薄めた台所用中性洗剤とスポンジで丸洗いできます。
焼き網には、ピュアフッ素コートを採用しているので、魚の皮や身がこびり付きにくく、汚れ落ちもスムーズです。
また、気になる庫内の汚れには「お手入れ」機能を使いましょう。除煙フィルターについたニオイと汚れを、空焼きして軽減してくれます。

フラットな庫内、焼き網なしでおそうじラクラク。

面倒な「焼き網」のお手入れ、何とかならないかしら?

焼き網のない「ラクッキングリル」なら、ご心配は無用です。
従来の焼き網+受け皿に代わって採用したフッ素コートの「受け皿」は、汚れがこびりつくこともなく、手早く洗えて汚れ落ちもスムーズです。

※「ラクッキングリル」を基準に解説しています。

「ラクッキングリル」って、今までのグリルとどこが違うの?

庫内に出っ張りがない、まるでオーブンみたいなグリルです。また、従来の焼き網+受け皿に代わって、「グリル皿」を採用しているのも特長。すっきり広々とした庫内で、焼き網からこぼれ落ちそうな食材も上手に焼けるから、焼き魚はもちろん、グラタンやお菓子づくりなど、オーブン感覚で幅広いお料理をお楽しみいただけます。

詳しくは商品説明ページへ

ラクッキングリル

ページの先頭へ

お掃除のしやすさや
グリルの大きさを体感できます。

どなたでも自由にご覧いただけます ショウルームでできること

今すぐリフォームを始めたい方

リフォーム会社探しを相談したい

近くのリフォーム店を探したい

実物を見ながら検討したい