よくあるご質問

一覧

TOP

IH調理について

IHは電気だけど、火力は充分なの?

100Vの電気ヒーターを想像されている方は、火力の強さに驚かれるかもしれません。
たとえば、200V IHの場合の火力「7」は2kW相当で、ガスコンロのハイカロリー大バーナー(※1)と同じくらいの火力(※2)があります。それを上回る火力の「8」「9」の設定もあって、3kWに相当する火力の「9」なら、1Lの水が約2分強(※3)で沸かせます。もちろん、炒め物も充分な火力でシャキッと調理することができます。
※1 4.65kW=4,000kcal/h
※2 当社実測値。通常のIH加熱で鉄・ステンレスを加熱した場合。
※3 水温20℃の水1Lを90℃にするまでの時間。

湯沸かし時間の比較

IHって、おいしく調理できるの?

もちろんです。
調理のポイントは、なんといっても火加減。IHは高火力でしかも、一気に加熱する炒め物や、長時間の煮物など、料理に合わせた火力調節がカンタンだから、
  • 1. 立ち上がりがスピーディーな高火力で、炒め物もシャキッと仕上がる
  • 2. 立ち消えの心配がなく、トロ火から強火まで幅広く温度コントロールできるので、弱火でコトコト煮込む、煮豆やシチューなどもおいしく調理できる(長時間煮込む場合には、便利なタイマー機能も付いています)
  • 3. 鍋底全体に熱がいきわたるので、クレープやオムレツなども焼きムラが少なく、ふっくらと焼き上がる。また、火力が安定しているので、蒸し料理の場合はスが入りにくく、なめらかに仕上がる。
といった具合に、幅広いメニューをおいしく調理することができます。

光火力センサーが付いてると、どんなふうにいいの?

従来の温度検知(サーミスタ方式)と温度の検知の方法が異なります。
光火力センサーは、鍋底から出る赤外線を直接検知するので、素早くしかもより高い精度で鍋底温度を検知できます。
光火力センサー搭載機種は
  • 1. 高火力で一気に立ち上げることが出来るので、予熱までの時間が短くなります。
  • 2. 材料投入して鍋底温度が下がっても、すぐに加熱して復帰できるので
    ・炒め物等おいしく仕上がります。
    ・鍋フリもできます。
3. 光・揚げ物温度調節(揚げ物)や、焼き物温度調節(焼き物)を搭載した機種では、設定温度をキープして調理できるので失敗も少なく、おいしく仕上げることができます。

光火力センサーについて

IHになると、調理のしかたはどう違うの?

鍋肌部分から加熱されるガスコンロと違って、IHは鍋底自体が発熱するため、
  • 1. 長時間の煮物は、水分を少なめに:鍋の表面からの蒸発が少なくなるので、長時間トロ火で煮物をするには水分を少なめに調節します。
  • 2. 煮物には落し蓋を:少ない煮汁で、素材にじっくり味をしみ込ませるためには、落し蓋(木蓋・アルミホイルなど)を使います。
  • 3. 鍋底の中央部分が一番熱くなるので、お醤油を焦がして炒め物に香りづけをする場合などは、鍋の中央部分にお醤油をたらすのがポイント。
こうしたIH調理のコツをつかんで、楽しくおいしく調理しましょう。
また、熱効率が良いIHは、立ち上がりが素早く火力も強いので、慣れるまでは弱めの火力から調理するようにしてください。

調理方法と火加減

IHは火が見えないけど、うまく調理できるの?

ご安心ください。使用中には、トッププレートに内蔵されたリング状のランプが、あたたかな赤色で点灯。この「光るリング」で、加熱中かどうか、鍋を置く位置などがひと目でわかります。また、加熱終了後まだトッププレートが熱いうちは、リングが点滅して注意をうながしてくれます。火力調節の目安については、前項をご覧ください。

光るリング

※加熱中がひと目でわかる光るリング

ページの先頭へ

お掃除のしやすさや
グリルの大きさを体感できます。

どなたでも自由にご覧いただけます ショウルームでできること

今すぐリフォームを始めたい方

リフォーム会社探しを相談したい

近くのリフォーム店を探したい

実物を見ながら検討したい