蓄電システム

[住宅用] 創蓄連携システム 固定価格買取制度

固定価格買取制度で経済的。

固定価格買取制度は、再生可能エネルギーで発電した電気を、電力会社が一定期間、同じ価格で買い取ることを国が約束する制度です。

みんなで育てる再生可能エネルギー

再生可能エネルギーの固定価格買取制度

再生可能エネルギーの固定価格買取制度

詳しくは資源エネルギー庁のホームページでご確認ください。

※1北海道電力、東北電力、北陸電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力の供給区域において、出力制御対応機器の設置が義務付けられます。 *電力会社によっては、ご希望の系統接続が承諾されない場合があります。電力会社にご確認のうえ、計画ください。 北海道電力、東北電力、北陸電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力の需給制御に係る区域において、平成27年4月1日以降に接続契約申込みが受領された発電設備は、出力制御対応機器の設置が義務づけられ、これに該当する発電設備については、「出力制御対応機器設置義務あり」の買取価格が適用となります。設置が義務づけられていない場合には、仮に出力制御対応機器を設置したとしても、「出力制御対応機器設置義務なし」の買取価格が適用となります。
10kW以上は余剰買取か全量買取を選択することができます。蓄電システムを設置された場合は、余剰買取契約になります。

出力制御ルールについて

再生可能エネルギーを最大限導入するために電力会社の求めがあった場合に出力制御を行う機器の設置が義務付けられました。
太陽光発電の出力制御を行う前に火力発電の出力制御や水力発電の揚水運転を行うことになっています。

出力制御は地域により対応が異なります。ご確認ください。※2

 参考 太陽光に対する出力制御ルールの適用関係 [〜50kW未満(低圧)の場合]
※2上記表の詳細につきましては、各電力会社のホームページをご覧ください。
※3関西電力管内、淡路島南部地域は除く。
※4遠隔出力制御対応製品も設置可能です。

遠隔出力制御対応型機器について

本製品は2015年1月22日交付の再生可能エネルギー特別措置法施工令規則の一部を改正する省令と関連告示に対応している機器です。

遠隔出力制御を行うためには、対応した次の機器が必要です。
パワーコンディショナ(制御対応)、パワーステーション(制御対応)
出力制御ユニット(電力検出ユニット、モニターなど) また、電力会社によっては、インターネット接続を推奨しております。なおインターネット回線をご準備頂く場合は右記の費用はお客様のご負担となります。
インターネット回線契約・利用に伴う費用 など

遠隔出力制御の内容につきましては、各電力会社のホームページをご覧ください。遠隔出力制御の対応の為、本製品のファームウェア(ソフトウェア)の更新や設置場所での作業(有償)が必要となる場合もあります。製品の対応詳細については、遠隔出力制御に関して各電力会社から発表された後に、当社ホームページにてお知らせ予定です。

出力制御機能付パワーステーション、パワーコンディショナRの構成について

出力制御機能付パワーステーション、パワーコンディショナRの構成について

掲載価格は希望小売価格です。消費税・工事費は含まれておりません。

もっと詳しく知りたい
  • 光熱費をシュミレーション
  • カタログを請求する
  • ショウルームへ行く