配線計画のヒント リビング・ダイニング・キッチン編

一覧

TOP

  • 配線計画のヒント リビング・ダイニング・キッチン編

リビング・ダイニング・キッチンでの配線のポイント

リビング・ダイニング・キッチンは家族みんなが集う場所。一日で一番長い時間を過ごすご家族が多いのではないでしょうか?
多くのご家庭で、お客様をお迎えする場所でもあります。
家中でもっとも電化製品を使う場所でもあり、レイアウトや動線に配慮することで、暮らしやすい・使いやすい空間づくりができます。
ふとしたタイミングで配線が必要になった、こんなレイアウトしたいのに出来ない!とならないように事前に配線計画をしっかりと行いましょう。

利用する電化製品から、考えてみませんか?

リビング・ダイニング・キッチンで利用する主な電化製品は下記の様に多く存在します。特にキッチンなどは家電製品が多く必要となってきますので、あらかじめコンセントの数を確保しておきましょう。

冷蔵庫

炊飯器

電子レンジ

オーブン

トースター

フードプロセッサー

ポット

コーヒーメーカー

ホットプレート

ミキサー

ホームベーカリー

生ごみ処理機

エアコン

空気清浄機

除湿機

加湿器

アロマディフューザー

ホットカーペット

コタツ

スタンド照明

テレビ

レコーダー

オーディオ

スマートフォン

タブレット

パソコン

プリンター

インターネット機器

玩具

ゲーム機

掃除機

アイロン

こんなシチュエーションから、配線計画

【 コンセントが足りない 】

イメージ画像

実際に住んでみると、コンセントの数が足りない。電化製品を使いたい場所からコンセントが遠い。延長コードを這わせると、せっかくこだわったお部屋の美観が台無し。

イメージ画像

商品画像

リビング・ダイニング・キッチンはとにかくたくさんの電化製品を使います。ライフスタイルの変化で使うものが増えたり、模様替えをしたくなることもあります。柔軟に対応できるよう、コンセントの数を余裕をもって多めに設置しましょう。

【 食卓近くに電源がない 】

イメージ画像

食卓でホットプレートを使いたいけど、壁のコンセントから電源を取ると、コードを足で引っ掛けそうで、危ない。

床に設置できるコンセントがあります。ホットプレートを使うなら、テーブルの下にコンセントを設置しておけば、電源コードが動線を遮ることもなく、安心です。

【 電源コードに足が引っかかる 】

イメージ画像

コンセントにつないだ電源コードに足が引っかかってしまう。ケガをしたり、ものが倒れたりして危ない…。

うっかりひっかけても、ポンと外れる「マグネットコンセント」はいかがでしょうか?つなぐときにもマグネットでピタッと取り付き、力がいらないのでご高齢者の方でも安心。

【 スマートフォンの充電が面倒 】

イメージ画像

スマートフォンやタブレットを充電したいけど、アダプタを持ち歩くのが面倒。

「埋込充電用USBコンセント」を設置しておけば、ケーブルを直接つないでスマートフォン、タブレットをスムーズに充電できます。

【 明るさの調整ができない 】

イメージ画像

読書や勉強の時は明るいほうがいいけど、夕食やくつろいでいる時は明るすぎると落ち着かない…。

調光スイッチを設置すれば、生活シーンに合わせてお好みの明るさに調整できます。同じ部屋でも明るさを変えることで、ちがった雰囲気を演出できます。

【 こまめにコンセントを抜くのが面倒 】

イメージ画像

シーズンオフのエアコンや炊飯器は待機電力が気になるけど、いちいちプラグを抜くのも面倒…。

スイッチのON,OFFだけでプラグを抜かずにムダな待機電力をこまめにカット。エアコンなど高所にあるコンセントを抜く必要もなくなり、危険性も減ります。

【 スイッチがインテリアにマッチしない 】

イメージ画像

せっかくのマイホーム、壁紙とあわせてスイッチのデザインにもこだわりたい!

あたりまえに存在するものを上質にすることで、住まいは引き立ちます。アドバンスシリーズは[機能・操作性・デザイン]にこだわった、新しい上質のカタチです。