浴室・お風呂のリフォーム費用の相場・目安

一覧

TOP

浴室・お風呂のリフォームをすることで、普段のお掃除がラクになったり、バリアフリー対策やヒートショック対策など、最新の技術によって多くの課題が解決できるようになりました。費用はタイル張りのお風呂からユニットバスへのリフォーム、ユニットバスから最新式へのリフォーム、バスルームのサイズを変更するリフォームなどで大きく異なります。事例などを参考に、具体的にリフォームをイメージしてみませんか?

費用の相場

※該当する工事を含むリフォーム事例の費用を集計した参考情報です。

  • ~50万円
  • 51~100万円
  • 101~150万円
  • 151~200万円
  • 201~250万円
  • 251万円~

一番多い価格帯は「101~150万円」。次に「51~100万円」「151~200万円」です。全体でみると「51~200万円」の価格帯が全体の約74%を占めています。
リフォーム費用は現在のお住まいの状態、リフォームのご要望によって、費用が大きく変わります。暮らしにあったリフォームをするためにも、リフォーム会社に実際のお住まいを見てもらい、提案や見積りをしてもらいましょう。

Q
無料で相談できますか?
A
はい。無料です。
お客様にぴったりのリフォーム会社を無料でお選びいたします。

価格帯別リフォーム事例

※リフォーム費用は、お風呂・水廻りリフォームを含めた概算費用となります。

20年先を見据えた
水廻りリフォーム

リフォーム費用
約200万円

リフォームポイント

築22年のマンション。給湯器や水栓の水漏れなど不具合が出始めそろそろ取り替えを検討。また水廻りはあちこちに段差があったり、床が滑りやすいなど、安全面が気になっていました。今後のことを考えて段差をなくしたり、滑りにくい床を選んで、安心して生活できるように配慮しました。水廻りは白のインテリアに統一して、明るく清潔感あふれる空間となりました。

サイズも心地よさもアップして、一日の疲れをリセット出来る水廻り空間

リフォーム費用
約261万円

リフォームポイント

築21年戸建。バスルームは1616サイズから1717サイズにリフォームして、広くなりゆったりとくつろげるようになりました。
『酸素美泡湯』を採用し少しぬるめの39℃のお湯でも体が芯からポカポカと温まります。さらに天井にはミストサウナも設置しました。洗面室やリビングにも床暖房を設置して、入浴後も暖かさが続きます。

くつろぎと暖かさ
重視した水廻り空間

リフォーム費用
約311万円

リフォームポイント

築20年の戸建。バスルーム・洗面・トイレを一つの空間にまとめ、生活感が出てしまう洗濯機を一番端に配置しました。ホテルライクなインテリアでくつろぎの空間に。洗面室には暖房乾燥機を浴室には床暖房を設置して暖かさも備えました。

気持ち良い空間に 
バス・洗面・トイレリフォーム

リフォーム費用
約330万円

リフォームポイント

築20年のマンション。今回のリフォームでは、特にお手入れ性にこだわり、お掃除ラクラクの素材を選択。毎日、使用後にしっかり拭き上げていつでもカラッとした気持ちの良い空間をキープしています。

お悩み別事例

汚れが落ちにくく、掃除に時間がかかる

解決!

床材は掃除しやすい素材を選び、扉もお手入れもしやすいガラス素材にしました。さらに必要最低限の機能の設置でバスルーム内はスッキリさせ、お掃除する箇所も減らしました。

リフォーム費用
約124万円

入浴時のまたぎ込みが大変でした

解決!

『おきラク手すり』は浴槽に入る時に身体を支えられ楽に入れるようになりました。シャンプーなどの小物も置けてとても便利です。木目調のダーク色の手すりがバスルームの良いアクセントになり見た目も素敵になりました。

リフォーム費用
約134万円

くつろげるバスルームにしたい

解決!

すっきりしたデザインとあかりの調光、水盤照明、酸素美泡湯を設置し、ぜいたくな気分でリラックスできるようになりました。

リフォーム費用
約143万円

洗面室からバスルームへ入るところにある
数センチの段差に何度もつまづいていました

解決!

バスルームをリフォームするこの機会に、先々を考えて床の段差を解消しバスルームの床も滑りにい素材を選びました。転倒する心配も少なくなりました。

リフォーム費用
約144万円

記載されている費用の相場・ポイントはあくまで一般的なものです。リフォーム費用は現在のお住まいの状態/リフォームのご要望によって、費用が大きく変わります。ご家族の暮らしにあったリフォームをするためにも、リフォーム会社に実際のお住まいを見てもらい、提案/見積をしてもらいましょう。

憧れのお風呂を実現したリフォーム事例集

リフォーム後の生活を楽しまれている皆さまの声を集めました。
リフォームに役立つヒントが満載です。

浴室・お風呂のリフォームポイント5つ

1工法選びは、メンテナンスのしやすさも考慮しましょう。

浴室の作り方は、在来工法とユニットバスがあります。在来工法はデザインを自由に作ることができますが、水漏れや土台の腐食などが起こりやすい工法です。一方、ユニットバスは工期が短く、掃除も楽ですが、商品代の他にも組立設置工事代などが発生するため、見積もりには注意が必要です。

2水回りはまとめてリフォームがお得です。

浴室と洗面所は隣り合っている場合が多く、工事も絡み合っているため、別々にするよりも一度にリフォームすることで、時間的にも、経済的にも効率的です。水回りは表面上問題なくても、床下や配管が傷んでいることも考えられるため、まとめてチェックしていくことが大切です。

3家族の年齢に合わせて、安全性を確認しましょう。

お風呂は安らぎを得る場所であるとともに、事故も多い場所です。高齢者や小さいお子様がいる場合は、手すりをつけたり、段差を小さくするなどして、安全性を高めておく必要性があります。また、大きな窓は人気がありますが、外からの視線が気になる場合も多いため、設置する場合は視線の遮断に気をつけましょう。

4鏡やドアなど、細かい部分もショウルームで使い勝手をチェックしましょう。

鏡は縦長のものが主流ですが、空間が広く見えるということからワイドミラーも最近は増えており、機能面でも、曇らない機能が付いているものなど様々です。ドアも、通常の開き戸の他に、折れ戸や引き戸などが選択できます。そのほか、壁の色は圧迫感がないか、カウンターは使いやすいかなど、後々の不満につながらないよう、実物を見てチェックしておきましょう。

5節電、節水を見直そう

家族が多ければ、追い焚きをする回数や、シャワーの利用頻度も多くなります。保温力の高い最新の設備に変えることで、追い焚き回数が減り、電気代の節約につながります。シャワーも、水圧を落とさずに節水が可能なものなどが出てきています。長い期間使うことと利便性を考慮し、節電・節水が可能な設備を採用することで、節約にも繋がるでしょう。

リフォーム費用の相場と目安を調べる

地方公共団体における住宅リフォームに係わる支援制度検索サイト

地方公共団体が実施する住宅リフォーム支援制度を検索できます。
※外部のサイトに遷移します。

住宅リフォームに係わる支援制度検索サイト

リフォーム会社探しを相談する

「ウチのリフォームはいくらかな?」
「満足のいくリフォームにするには?」
コンシェルジュがご要望を丁寧にお聞きしながら、リフォーム会社探しをお手伝いします。

リフォームショップ紹介サービスとは?

お客様とリフォーム会社の間で、
リフォームをサポート

3つの「あんしん」であなたのリフォーム会社探しをお手伝いします。

Pick up Voice!

voice1水まわりリフォームをされた
50代の
お客様の声

個人では探せなかったリフォーム店を紹介してもらうことができてよかったです。特に複数のお店を紹介してもらえたので、比較することができ、納得して選ぶことができました。

voice2マンションリフォームをされた
40代の
お客様の声

リフォームショップ紹介サービスからリフォーム会社をご紹介いただき、決定することができて大変助かりました。
コンシェルジュからのアドバイスは、非常に心強くありがたいことでした。

voice3戸建てリフォームをされた
30代の
お客様の声

ショウルームで商品を確認して、十分な説明を受けた後、コンシェルジュに相談しました。
よい施工店を紹介していただき、本当に便利で頼りになりました。アフターサービスがついているのも、とてもありがたいです。またいつかお願いしたいです。

voice4マンションリフォームをされた
50代の
お客様の声

漠然とした状態でショウルームへ伺いましたが、コンシェルジュと出会ったことで、イメージがどんどん具体的になりました。モデルの展示やビフォーアフターの画像は、強烈に印象に残りましたね。こんなにできるんだ、こんなに変わるんだと驚きました。

今すぐリフォームを始めたい方

リフォーム会社探しを相談したい

近くのリフォーム会社を選びたい

実物を見ながら検討したい



最近のトピックス