住宅リフォームのヒント集

一覧

TOP

2017/10/30

もう寒くない!「あったかバブル」&ぬくもりつづくバスルーム

写真:バスタブ

冷えた身体を芯からあたためてくれるお風呂は冬の夜の何よりの幸せ。でも、入るまでがおっくうと感じている人もいるのでは?それは寒い浴室のせいかも。浴室も脱衣室もあたたかいなら、もっと快適に冬のお風呂を楽しめます。

入るときもあったかバスルームでお風呂を安心快適に

写真:脱衣所暖房衣類乾燥機

冬のお風呂で気を付けたいのはヒートショックです。あたたかい部屋から、寒い洗面脱衣室に行き、裸になって熱い湯船につかると、急激な温度変化で血圧が変化しヒートショックが起きます。パナソニックの「脱衣所暖房衣類乾燥機」であらかじめ洗面脱衣室をあたためておけば安心。1.5坪の広さなら10分で20度まであたためます。衣類乾燥もできるほか、夏には涼風に切り替えられます。

「あったかバブル」でぬくもりつづく

写真:「あったかバブル」のお風呂

熱いよりも適度な湯温の方が、体には負担がかかりません。約39度で入浴しても、しっかりあたたまって湯あがり後もポカポカが続くのが「あったかバブル」のお風呂。ひと休みしてからふとんに入れば、ちょうど心地いい入眠に。「あったかバブル」は白くやわらかなお湯が特長。その正体は酸素を含んだミクロの泡を加えた「酸素美泡湯」です。ミクロの泡で、肌表面をやさしくキレイにし、しっとり。

丸ごと断熱であたたかさを逃がさないバスルーム

写真:「あったかバブル」のお風呂

浴室に入った瞬間、床が冷たい、体を洗っている時に肌寒い。そんなお風呂では、リラックスできません。パナソニックの「スゴポカフロア」なら、浴室に入ったときから足元がしっかりあたたか。さらに、床・壁・天井まで浴室をまるごと断熱することで冷気を遮断。さらに保温浴槽なら約5時間たってもお湯の温度は2.5度以内の温度低下におさえます。家族で入る時間がバラバラでもあったかなお湯で入浴できます。

バスルームから洗面室をひとつのリラックスルームに

写真:ローキャビネットがある洗面脱衣室

洗面脱衣室にローキャビネットがあれば、腰をおろして入浴後のくつろぎタイムを楽しめます。せっかくならバスルームと洗面脱衣室を1つの空間と考えて、リゾート風のインテリアにしたり、グリーンを置いて癒やしの空間にしてもいいですね。
バスルームは、調光・調色できるLED照明で、天窓のような開放感を作るあかりに、洗面脱衣室は、ほっとくつろぐあかりなど気分に合わせて演出しましょう。

気持ちいいが続くバスルームはお手入れラクラクがポイント

写真:バスタブ内

快適なバスタイムを過ごすためには、浴室内のお手入れも大切。素肌でふれるところだからいつもキレイにしておきたいものです。カビが生えにくい床や、汚れが付きにくく落としやすい浴槽なら、ササッと掃除ができて手間がかからないから、お掃除の負担を軽減できます。いつもキレイをキープできるお手入れ性も、心地いいバスルームの重要な要素です。

人気記事ランキング

関連キーワード