• 停電でも電気が使えると、安心停電でも電気が使えると、安心

万一に備えてしっかりサポート

大切なのはふだんからの備えです

地震、台風、積雪、最近はゲリラ豪雨と、自然災害の多い日本。
いつどこで停電が起きても不思議ではありません。
もし停電が起きても、太陽光発電や蓄電システムがあれば、電気を供給して生活をサポート。ふだんの備えが家族を守ります。

近年の台風と地震の傾向

近年の台風と地震の傾向

停電時の備えを動画でご紹介

創蓄連携システム防災編 電気の備え

創蓄連携システム防災編 電気の備え

停電になっても電気が使える

蓄電システムがあれば、夜でも電気が使えて安心

電気が使えなくて本当に困るのは夜

電気が使えなくて本当に困るのは、暗くなってから。蓄電池に電気を蓄えておけば、夜でも電気がしっかり使え、心強いこと間違いありません。

蓄電システムがあれば

停電が長引いても大丈夫

太陽光発電+蓄電システムは頼りになるコンビ

もし停電が長引いても大丈夫

夜に蓄電池の電気を使い切っても、つぎの日に太陽光発電から再び充電。太陽光発電と蓄電池を組み合わせると電気を数日間にわたって使えます。

太陽光発電+蓄電システムは頼りになるコンビ

気象警報と連動してなお安心

気象警報と連動して、事前に蓄電池をフル充電

AiSEG2があればなお安心

天気予報に合わせて、エコキュートの湯わかしや電気自動車の充電用として深夜に買う電気を減らす。AIが最適な自家消費のくらしをサポート。

AiSEG2があれば

太陽光発電システムだけでも

覚えておきたい、太陽光発電の非常時機能

昼間、太陽光で発電していれば、停電時もパワーコンディショナから電気をとることができます。情報収集や連絡手段の確保など、停電時もくらしをサポートします。

覚えておきたい、太陽光発電の非常時機能

パナソニックが選ばれる「3つの理由」

今すぐリフォームを始めたい方

リフォーム会社探しを相談したい

近くのリフォーム店を探したい

実物を見ながら検討したい