太陽光発電システムの専門家が語る賢い選び方

一覧

TOP

長年パナソニックで商品開発や営業に携わってきた太陽光発電システムの専門家が、賢い選び方をお教えします。

ポイント1
「実際の発電量」は、お客様ごとに異なります

ポイント1 「実際の発電量」は、お客様ごとに異なります

「実際の発電量」は、設置する地域、天候、方角、周囲の状況など、お客様の状況に応じて違ってくることが多いです。
システムの専門家であればご自身一人ひとりの状況にあわせ、実際の発電量をより正確に見積もることができます。
インターネットの情報を見ることに加えて、詳しい人に相談してみることをおすすめします。

各地域ごとの発電量(「HIT」発電量だより)を見る

  • ネットの情報収集だけだと…インターネットの情報収集だけだと…インターネットではたくさん発電できたっていってたけど、うちだとそうでもなかった。
  • 専門家に相談してみたら…専門家に相談してみたら…南向きじゃないし、狭い屋根だけど、そのことを伝えたら、いろいろと設置の仕方など相談にのってくれた。おかげで満足のいく発電量が確保できた。

ポイント2
売電方法もお客様ごとに異なるため、確認が必要です

ポイント2 売電方法もお客様ごとに異なるため、確認が必要です

設置容量や設置する地域によって買取価格や期間が異なります。
屋根の大きさやライフスタイルに合わせて、選択のお手伝いをしてもらえます。

太陽光発電システムの容量 10kW未満 10kW以上 2000kW未満
買取方式 余剰買取 余剰買取/全量買取
買取期間 10年間 20年間
買取価格(2017年度) 東京・中部・関西電力エリア
28円(税込)/kWh

北海道・東北・北陸・中国・四国・九州・
沖縄電力エリア
30円(税込)/kWh
21円(税別)/kWh

うちならどれくらいおトクになる?詳しいお話しからお見積りまで!

ポイント3
「そもそも設置できるのか」 しっかり見極めることが重要

ポイント3 「そもそも設置できるのか」 しっかり見極めることが重要

大事なおうちの屋根につけるものだから、太陽光発電システムを載せて大丈夫か、詳しい人に見極めてもらうべき。
太陽電池モジュールの重さはどうしても大事なおうちに負担をかけるもの。今のおうちに太陽電池を載せられるかどうか確認することが大切です。
また瓦のタイプによっては、つけられる/つけられないといったこともあります。

設置を検討するときに確認してほしいポイント
太陽光発電モジュールの重さに家の強度は耐えられるか 築年数が経過している家だと設置できないことがあります。設置基準を満たしているか確認しましょう。
家の瓦のタイプに設置できるのか 日本の屋根・瓦の種類は実に多彩。場合によっては取り付けられないことがあります。

設置できるかどうかも含めて、まずは基準を知っている人に相談しましょう

ポイント4
商品の値段だけでなく、設置費用もしっかり確認!

ポイント4 商品の値段だけでなく、設置費用もしっかり確認!

設置するときには商品の値段に加えて設置費用もかかります。
検討の際、この設置費用も含めて確認することが重要です。

お見積り商品の価格設置費用

ポイント5
「頼れる人が近くにいるか」も意外と重要

ポイント5 「頼れる人が近くにいるか」も意外と重要

「手続きの方法がわからない」「ちょっと調子が悪くなってきた」など、何かあったときの相談をしたいときに、対応方法を知っている詳しい人が近くにいると、とても安心です。

太陽光発電システムの設置は意外と大変

  • 申込書の書き方やそろえ方が分からなくて、心配になることも。申込書の書き方やそろえ方が分からなくて、心配になることも。
  • 不備が発生すると、いろんなところと何回もやりとりしないといけないことに。不備が発生すると、いろんなところと何回もやりとりしないといけないことに。

お客様の状況・疑問点に応じて、2つのご相談方法をご用意!

パナソニック商品の取扱店でご相談

このような方におすすめ!

  • ● サイトでわからなかった詳細な内容が知りたい
  • 自分の家だとどれくらい節約できるかが知りたい
パナソニック商品の取扱店でご相談

ショウルームでご相談

このような方におすすめ!

  • ● とりあえず気軽に相談してみたい
  • ● 実際に実物を見てみたい※
ショウルームでご相談

※ショウルームにより、展示がない場合がございます。お近くのショウルームの「フロアマップ・展示」をご確認ください。

取扱店に関するよくあるご質問

パナソニックがご提案するZEH(ネット・ゼロエネルギー・ハウス)
自宅で「創るエネルギー」が「使うエネルギー」よりも大きい住宅のことをZEHといいます。
このZEHには太陽光発電システムが必要不可欠。
太陽光発電システムをご検討されている皆様は、これを機におうち全体での省エネを考えてみませんか?
詳しく知る

パナソニックが追求するZEH Net Zero Energy House