住宅リフォームのヒント集

MENU

2022/11/10

「環境」にも「人」にもやさしい技術を取り入れた設備

環境のことを考えて、こまめに水を止めたり急いで入浴したりすることも大切なことですが、できれば無理せず環境に配慮しながら快適な生活ができるといいですね。環境にも人にもやさしい住まいの設備についてご紹介します。

節水と使いやすさを実現するキッチン

●節水技術でムダに水を使わない
家庭で1人が1日に使う水の量は214リットルほどと言われています。キッチンで5分間水を出しっ放しにして食器を洗った場合、約60リットルもの水を使います※1
キッチンの水栓をセンサー付きのものにすれば、触らずにセンサーに手をかざすだけで簡単に水を出し止めできて便利です。さらにパナソニックの「スリムセンサー水栓」の節水モードにすれば、食器や手を近づけたときだけ吐水し、はなすと止水。ムダに水を出し続けることがありません。
また食器洗い乾燥機を取り入れると、家事の手間が減るだけでなく、手洗いよりも少ない水量で食器を洗うことができます。パナソニックの食器洗い乾燥機は「エコナビ運転※2」をした場合、室温と食器の量、汚れを検知し、適切に節水、省エネを実現します。
  • ※1 出典 東京都水道局
  • ※2 食器の汚れ・種類・設置状態・室温・水温・水道水圧の変化によっては、正しくエコナビ運転しない場合があります(重い食器や、カレーなど色付きの汚れが多いとき・運転中にドアを開けたとき・給湯器との接続時で給湯温度が高いときなど)。
●3口横並びのコンロで、調理を効率よく省エネに
3口横並びのコンロなら、横移動でスムーズに同時調理が可能。コンロの手前に盛付けなどができる作業スペースもあり、無駄な動きがなくテキパキと調理できます。

いつでもあたたかく、お手入れがラクなバスルーム

●追い焚き回数を減らしてムダなエネルギーを使わない
寒くなるとゆっくりあたたかいお湯に浸かりたいから、追い焚きの回数が増えてしまいます。なるべく間隔を空けずに入るようにして、できるだけお湯が冷めないうちにお風呂に入っているという方も多いのでは。
浴槽も風呂フタも断熱材でしっかり覆われた保温浴槽なら、お湯が冷めにくいから入浴の間隔が空いてもあたたかさが長続き。追い焚きの回数も減らせます。
●水アカ汚れが付きにくい浴槽だからお掃除がラク
浴槽は、はっ水、はつ油成分を配合した「スゴピカ浴槽」だから、軽くこするだけで水アカ汚れを落としやすく、お掃除がラクに。また「酸素美泡湯」機能なら、酸素を含んだミクロの泡でぬるめのお湯でも体をしっかりとあたためます。入浴時もお掃除のときも嬉しい機能です。

節水しながらいつも清潔な洗面化粧台

●センサー制御で自然と節水
手をかざすだけで水を出したり止めたりできるセンサー付きの水栓は、子どもでも自然に節水ができます。さらに水アカの原因にもなる水をはじく素材のスゴピカカウンターは、はっ水、はつ油性に優れているので、汚れてもサッと拭くだけでキレイに。お手入れの手間を軽減します。
●見やすい照明で毎日の身支度を楽しく
朝の身支度が楽しいと一日の気分が良くなりそう。肌の色がより自然に見える照明「美ルック」を採用した洗面化粧台なら、縦型2本のLED照明が顔全体をしっかり照らすので、メイクがしやすくなります。
ミラー扉やカウンターなど、手が触れる部分は抗菌加工しているから、いつも清潔に身支度を整えられます。
また、「汚れシャットミラー」は表面のコーティングによりくもりを防止。ヒーター式のものと違い、電気を使わないので省エネです。

効率よく洗浄し、お手入れの手間を軽減するトイレ

●節水しながらしっかり流す
家庭で使われている水の量が一番多いのがお風呂。次がトイレです。
約20年前のトイレが、一度に使用する水の量は約13リットル。「アラウーノ」は、排水路にたまった水を一気に排出する独自の「ターントラップ方式」で、少ない水量でもしっかり洗浄することができます。
●床や壁への汚れを防いでお手入れを軽減
アラウーノは流すたびに水と泡で洗浄するからキレイが長持ち。泡で水面を覆うのでトビハネ汚れを抑え、床や壁への汚れを防ぎます。
本体は汚れが付きにくい「スゴピカ素材」だから、普段のお手入れの手間を軽減することができます。

シンプルで省資源・省施工。理想のスタイルを実現する収納

●シンプルなパーツで施工時間を短縮
家の間取りに合わせて組み立てられる壁面収納「キュビオス」は、シンプルな構造。製品に必要な部材を減らし施工時間の短縮も可能です。
●好きな組み合わせで自分だけのスタイルが叶う
ユニットパーツを組み合わせて作る収納だから、自分たちのライフスタイルに合わせて必要なものだけを選択。上手に組み合わせることで使い勝手のいい収納が完成します。

再配達不要。いつでも安心して受け取れる宅配ボックス

●再配達の回数を減らしてCO2削減に貢献
インターネット通販を利用する人が増えたことで、宅配便は無くてはならないものに。しかし、その分「受け取りたいときに家にいない」「感染症対策で直接は受け取りたくない」といった悩みも増えているのではないでしょうか。
再配達で運送トラックから発生するCO2排出量は年間約42トンと言われています。宅配ボックスがあれば、再配達の回数を削減。環境への配慮もできて、不在時、非対面でも安心して荷物を受け取れます。
  • ※2015年国土交通省調査
●丈夫な構造で壊れにくい
丈夫なものを選ぶことも、環境には大切なことです。後付け用宅配ボックス「コンボライト」は、変形しにくい素材と特殊構造で堅牢性を確保。雨にも風にも強いため、荒天時でも安心です。

エコ配慮素材にも、デザインにもこだわるドア

●エコ配慮素材で森林保護を推進
ベリティスシリーズのドアは、すべてエコ配慮素材を採用。木質系の再生資源や再生可能な森林から産出された木材を基材として使っています。
●豊富なバリエーションでデザインにこだわる
ベリティスのドアのバリエーションは827通りもあり、色、カタチ、ハンドルまで自分好みのものを選べます。

環境に配慮した木質材料でいつも清潔で安心の床材

●新素材で環境に配慮
床材に使用している基材は、エコ配慮素材を採用。さらに、リサイクルされた建築廃材を原材料とした新基材を開発し、地球環境に配慮しています。
●抗菌・抗ウイルス加工で清潔に保つ
フローリングは、長時間、体が直接触れる場所。特に子どもは床に寝転がったり、遊んだり、触れる機会が多くなります。
アーキスペックシリーズは、抗菌・抗ウイルス・アレル物質抑制の効果を持つトリプルガード塗装で見えない汚れをガードします。床材表面をいつも清潔に保つので、小さい子どもがいるご家庭でも安心して使えます。

人気記事ランキング

関連キーワード

今すぐリフォームを始めたい方

リフォーム会社探しを相談したい

近くのリフォーム会社を探したい

実物を見ながら検討したい



最近のトピックス

Panasonicの住まい・くらし SNSアカウント

  • すむすむ公式 Facebook
  • すむすむ公式 Twitter
  • すむすむ公式 Instagram
  • すむすむ公式 LINE
  • すむすむ公式 Youtube