住宅リフォームのヒント集

一覧

TOP

2019/12/11

毎日のひと手間と工夫で掃除をラクにして、大掃除いらずのわが家に

キッチンは油汚れでベトベト、バスルームは床と壁の間の目地にカビ、便器には黒いスジ…。こんな状態では掃除をする気がなくなるだけでなく、放っておくと汚れが取りにくくなります。毎日少しずつの掃除でキレイをキープして、大掃除いらずのわが家に!

使った後のひと手間がポイント

水まわりの汚れは溜まると頑固な汚れに変化し、掃除も面倒なものに。使った直後の「ひと手間」さえ実践すれば、大掃除をする必要がなくなります。

●キッチン

コンロは使った後に油汚れを拭き取りましょう。五徳のないフラットな天面のIHクッキングヒーターなら、サッと拭くだけでキレイになります。

●バスルーム

お風呂から上がった後、浴槽があたたかいうちに掃除をすることで、汚れが落ちやすくなります。掃除が終わったら、すぐに換気をして浴室内を乾燥させることでカビを防ぎます。

●トイレ

トイレの便座や便ふたは、普段は柔らかい布で水拭きをします。乾いた布やトイレットペーパーで拭くと傷の原因に。ノズルの汚れは、歯ブラシや綿棒で落とします。また、尿の飛び散りが臭いのもとになるので、便器のまわりも拭くようにしましょう。

●洗面台

水まわりは、使うたびにサッと水滴を拭き取る習慣を。鏡や蛇口が光っていると、空間全体がキレイに見えるのでオススメです。

掃除がしやすい環境をつくり、ハードルを下げる

リビングで掃除機をかけながら、床に散らばったものを拾っていませんか?日々の掃除をしやすくするためには、床にモノを置かないなどの環境づくりが大切です。
収納に入らないモノは、「一つ増やしたら一つ減らす」を基本に必要なモノかどうか見直してみましょう。
観葉植物など重いモノは、キャスター付きの台に乗せておくと掃除がしやすくなります。

やる気がでるグッズを揃える

環境を整えてもやっぱりやる気が起こらないという方は、好きなデザインのエプロンやオシャレな掃除道具を揃えたり、掃除が楽しくなるグッズを取り入れてみては?
掃除道具は、すぐに手が伸びる、見える場所に置くのもオススメ。スティック型掃除機は、手軽に使えるのでやる気を後押ししてくれます。
使い古しのタオルや衣類を小さく切ってストックしておくと、使い捨てができるので面倒な片付けがなくなります。

お掃除ラクラク商品で手間を省く

大掃除をしなくても、毎回自動でお掃除してくれる商品があります。たとえば、10年間ファンのお手入れ不要のレンジフードや、毎日使った後に泡でお掃除してくれるトイレのほか、素材や構造の工夫で汚れにくい設備が登場しています。

●自動でお掃除してくれるからお手入れがラク

「全自動おそうじファン付きほっとくリーンフード」は、ファンが自動で高速回転し、油汚れを吹き飛ばすので、ファンのおそうじは10年に1度のお手入れで済みます。

  • ※使用状況によりお手入れ頻度は変わります。
  • ※10年間使用してもファンの汚れは当社従来品(S73AHZ3F2)の1年分しかたまらない設計。一般財団法人ベターリビング優良住宅部品評価基準換気ユニットのフィルターの油捕集効率試験での値。
  • ※10年使用相当の汚れ付着での基本性能試験の値(当社調べ)

全自動トイレ「アラウーノ」のおそうじラクラク機能「激落ちバブル」は、使うたび泡と水流で掃除してくれるから、便器内はいつもキレイ。

●汚れにくい素材と工夫でキレイが続く

「アーキスペックシリーズ」は、汚れやキズが付きにくく、お手入れがしやすい床材。強力コートを溝の中までコーティングしているから、汚れが溜まりやすかった溝も汚れにくく、ワックスがけなしでも表面の光沢が長持ちします。

Lクラスキッチンの「グラリオカウンター」は、傷が付きにくく、素材そのものに汚れをはじきやすい素材を使っているから普段のお手入れはサッと拭くだけです。

「スゴピカ浴槽」は、水や汚れをはじくから、ゴシゴシこする必要なし。軽くスポンジで拭くだけでキレイになるから普段のお手入れがラクに。

バスルームの「スミピカフロア」は、カビが生えやすかった床のシーリング材の位置を上に上げたことで、カビが生えにくく、床のスミまでおそうじがしやすくなっています。

人気記事ランキング

関連キーワード