住宅リフォームのヒント集

MENU

TOP

2021/11/10

リフォーム前に知っておきたい
バスルームをもっと快適にする設備

おうち時間を楽しむ工夫は居室だけではありません。お風呂にもこだわってみませんか?最近のバスルームには、お風呂時間を豊かにする機能がたくさん!リフォームで、オシャレで快適なバスルームにしませんか?

アレンジでお風呂をもっと快適に

システムバスルームでも、自分好みにアレンジできることをご存じですか?設備には、標準仕様で最初からついているもの、セレクトできるもの、オプションでつけられるものがあり、壁や床、照明、カウンターや水栓まで、自分好みのものを選ぶことができます。1日の疲れを癒す場所だからこそ、内装や設備にこだわったお気に入りの空間にしたいですよね。

壁柄を組み合わせて自分好みの空間をつくる

バスルームの雰囲気を決めるのが壁柄。パナソニックバスルーム「リフォムス」なら、多彩な組み合わせが可能です。全面を同じ柄にするとスッキリとした印象ですが、正面、側面の壁の色だけを変えると、奥行きが出るなど、動きが生まれます。組み合わせ次第でバスルームの印象を変えることができます。

「Lクラス バスルーム」の場合、「リフォムス」や「オフローラ」など、他のシリーズの壁柄からも選ぶこともできます。

バスルーム全体の印象を変える照明選び

照明もバスルームを快適にする要素のひとつ。バスルームの照明は壁付照明が一般的ですが、バスルームをやわからな光で照らす「フラットパネルLED照明(調光・調色)」や線で照らす「フラットラインLED照明(調光・調色)」、点で照らす「ピンホールLED照明」などもあります。

さらにバスルームをリラックスできる空間にするのが演出照明。「水盤LED照明(演出照明)」を使えば、まるで月あかりのような光の中で湯船に浸かることができ、「キャンドル調LED照明」なら、やさしい光に包まれたくつろぎの空間を演出します。照明も理想の空間イメージに合わせて選びたいですね。

温泉気分が楽しめる、あると嬉しい快適機能

パナソニックバスルームには、毎日おうちで温泉気分を味わえる機能があります。 たとえば「酸素美泡湯」は、酸素を含んだミクロの泡が、お湯を白くやわらかにします。入浴剤を使わなくても、身体を温め、肌をやさしくキレイにします。普通のお湯と比較すると、「酸素美泡湯」では体のよごれが落ちやすくなります。
さらに、ぬるめのお湯でも身体をしっかりあたためるから、湯冷めを防ぎます。

「Lクラス バスルーム」に標準でついている「リゾートバブル」は、湧き上がるような大きなバブルが全身を心地よく刺激し、大きな泡に包まれるような感覚を味わえます。

使いやすさを左右するカウンター

カウンターは、空間の雰囲気だけでなく、バスルームの使い勝手を左右するポイントです。洗面器などを置くことが多いカウンターは、サイズや高さで、使い勝手がグンと変わります。

Lクラス バスルームの「グラリオダブルカウンター」は、水栓を埋め込むことができるので、スッキリとした高級感のあるバスルームを演出できます。カウンターが二段になっているので、使いやすい高さに小物を置くこともできます。

洗い場を広く使えるコンパクトタイプのカウンターもあります。高さを選べるカウンターは、高めのイスを使っている場合でも、カウンター位置を高く合わせられるので、使いやすく便利です。

手すりと収納が一体となったリフォムスの「おきラク手すり」は、洗い場での立ち座りや浴槽の出入りなどをサポート。手すりとしての機能だけでなく、シャンプーなどの小物をたっぷり収納できるので、あると便利な設備です。

そのほか、浴槽の形状や、シャワーの種類も好みに合わせて選択できます。自分好みのバスルームを手に入れて、家時間をもっと楽しみませんか。

人気記事ランキング

関連キーワード

今すぐリフォームを始めたい方

リフォーム会社探しを相談したい

近くのリフォーム会社を探したい

実物を見ながら検討したい



最近のトピックス

Panasonicの住まい・くらし SNSアカウント

  • すむすむ公式 Facebook
  • すむすむ公式 Twitter
  • すむすむ公式 Instagram
  • すむすむ公式 Youtube
  • パナソニックの住まい・くらし方情報