住宅リフォームのヒント集

一覧

TOP

2019/11/12

年末のバタバタ掃除にサヨウナラ!秋掃除とお手入れがラクな設備

秋は何をするのも気持ちがいい季節。掃除にも最適です。ためらいがちなカーテンも洗濯後すぐに乾きます。冬より油汚れも落としやすく、水仕事も苦にならないから、秋は大掃除のベストシーズンと言えそうです。もっと掃除がラクになる設備も一緒に紹介します。

秋は掃除がしやすい季節

毎年、年末の大掃除が憂うつ…という方にオススメしたいのが秋の掃除。年末のバタバタしたときに比べ、時間的な余裕がある秋に大掃除をすることで、ゆっくり時間をかけて取り組むことができます。また、秋は気候がいいので窓を開け放って掃除をしたり、冬に比べて水仕事が苦にならないなどのメリットもあります。

キッチンの油汚れは気温が高いうちに

掃除でやっかいなのが、キッチンの油汚れ。油汚れは気温が低いと固まってしまい落としにくくなります。夏の暑さで油汚れが緩んでいる間に掃除をするのがオススメです。さらに掃除がラクな設備で、日ごろからこまめにお手入れをしておけば、大掃除もラクになります。

バスルームも、こまめにお手入れをしておきたいところ。カビが発生すると掃除が一段と大変になります。お風呂上がりには、お湯で壁や床に付いた石けんカスを流し、最後に水で浴槽全体の温度を下げ、しっかりと換気扇を回してカビを防ぎましょう。

秋掃除で外まわりもラクラク

冬の掃除で大変なのが外まわり。特に水を使った拭き掃除は大変です。秋の天気がいい日に窓ガラスやサッシ、雨戸などの掃除をしてしまいましょう。
冬と違って水温が高いので汚れが落ちやすく、洗濯物も早く乾くのでカーテンや夏に使ったラグなど大きなものを洗濯するのにも最適。薄手のカーテンは、カーテンレールにかけて窓を開けて風を通せばすぐに乾きます。吊り干しすると、カーテンの重みで洗濯ジワも気になりません。

使わなくなった家電を収納

扇風機など夏に使っていた家電は、しっかり汚れを落としてから収納しましょう。エアコンも、冬に向けてフィルターやカバーなど手入れしておきましょう。秋に掃除をしておくことで、急に寒くなってもすぐに暖房を使うことができます。

大掃除をラクにする家事ラク設備

リフォームの際、設備を新しくするなら、できるだけ家事がラクになるものを選びたいですね。お手入れがラクな設備を選ぶことで、こまめにお手入れがしやすいので、まとめて大掃除をする必要がなくなります。

キッチンは、10年間ファンのお手入れ不要のレンジフードなら、日常のお手入れはさっと拭くだけでOK。掃除の回数をぐんと減らせます。IHクッキングヒーターは、カウンターとの段差が小さいものなら、料理の後の拭き掃除がラクに。

  • ※使用状況によりお手入れ頻度は変わります。
    10年間使用してもファンの汚れは当社従来品(S73AHZ3F2)の1年分しかたまらない設計。一般財団法人ベターリビング優良住宅部品評価基準換気ユニットのフィルターの油捕集効率試験での値。
    10年使用相当の汚れ付着での基本性能試験の値(当社調べ)

シンクは汚れが落ちやすくキズに強い「スゴピカ素材(有機ガラス系)ラクするーシンク」にすると、水アカ汚れが簡単に落とせます。

バスルームは、カビが気になる床のスミの目地をなくした「スミピカフロア」や水や汚れをはじく「スゴピカ浴槽」、水アカや汚れが付きにくい「スゴピカカウンター」などにすることで、普段のお手入れがラクにでき、キレイが続きます。

照明もお手入れがしやすいものがあります。高い位置にあるシーリングライトは、掃除がしにくいもの。汚れやホコリが付きにくい防汚コーティングされたものなら、軽く拭くだけでキレイに。虫の侵入を防ぐ設計のものもあるので、お手入れの手間が軽減されます。

人気記事ランキング

関連キーワード