リビングステーション V-style:
リフォーム対応

MENU

リフォームで通路が狭くならない

After/通路幅はそのまま750mm、奥行き600mm

昔のキッチンは奥行き600mmが主流。
そのまま入れ替えできます。

Before/ご参考、奥行き600mmから650mmのキッチンにリフォームすると・・・通路幅が50mm狭くなる。

リフォームで憧れの対面キッチンに

I型造作対面プラン

I型造作対面プラン 幅2400mm 奥行き600mm

奥行き600mmを活かし、
狭い空間でも対面キッチンをプランできます。

お料理しながらコミュニケーションがはかれるプランです。
間口1650・1800・1950・2100・2250・2400・2550・2600・2700mm/奥行き600mm用 Mタイプ シンク(間口2100〜2700mm用)※間口1650mmの場合は幅450mmコンロプランのみ。

1.奥行き600mmサイズ対応アイテムを品揃えしました。

Sタイプ シンク

奥行き600mm用
Sタイプ シンク
(間口1650・1800・1950mm用)

食器洗い乾燥機

奥行き600mm対応
食器洗い乾燥機

ご注意
奥行600mmタイプは「スキマレスシンク」
「トリプルワイドIH」「トリプルワイドガス」は
対応しておりません。
間口にピッタリ

2.壁から壁にピッタリ納まります。

(10mmピッチでご指定の寸法にお作りします。)

壁から壁にピッタリ納まります

●標準間口から10mm単位でご指定の寸法にお作りします。
(例 : I型2580の場合、I型2550から30mmシンク側を伸ばす。)
●間口調整はシンク側、加熱機器側のどちらでも伸ばせます。
●調整の際、指定寸法によって処理方法が変わります。
指定寸法によりフィラーかエンドパネルでの調整になります。

背梁用ウォールユニット梁奥行きA

3.マンションなどで梁があってもピッタリ設置できます。

❶ 直行梁対応
レンジフードの上幕板を現場でカットして設置することができます。
扉材仕様の上幕板も梁欠き対応ができるようになりました。
対応フード:薄型フード、さっとれるフード、
スマートフードⅡ梁対応スリムフード(取付金具は一般用と共通です)

❷ 背梁対応
背梁用ウォールユニットを使用して設置することができます。
[ 薄型フード+梁欠きウォールでの背梁対応範囲 ]
背梁用ウォールユニットで、すっきりと梁に納めます。

設置図(上から見た図)と背梁用ウォールユニットの図
キッチン底面に配管スペースを確保

4.キッチン底面に配管スペースを確保。

配管対応
配管スペースをユニットの底面にすることで、既存の配管を使えます。

[ 排水立ち上げ ]

直管対応の場合、ホースを使った場合

※マンションの場合、ジャバラホースは使用できません。

最新設備の使い勝手や
お掃除性が体験できます。

ショールーム

キャンペーン・特集

リビングステーション V-styleが掲載されている
Webカタログ

キッチンWebカタログ

「住まいづくりを考えたら、まずはご相談を!」
あなたの住まいづくりをサポートします

相談できるリフォーム店を探す

Panasonicの住まい・くらし SNSアカウント

  • すむすむ公式 Facebook
  • すむすむ公式 Twitter
  • すむすむ公式 Instagram
  • すむすむ公式 LINE
  • すむすむ公式 Youtube