点検のお願い:内装・収納

MENU

お客様に安全に末永くお使いいただくために、
以下のような現象がないか、ご点検をお願いいたします。

引出しの動きがおかしい

イラスト:引出しがぐらぐらしている
  1. 引出しのぐらつき、がたつきが以前より大きい。
  2. 引出しを引き出す時にガタンと音がする。
  3. 引出しやキャビネット内にゴムやプラスチックの破片が落ちている。
  4. 以前よりスムーズに動かない。重たくなり開けにくい。

上記のような症状があるときはただちに使用をおやめいただき、
修理ご相談窓口へご相談ください。

内装ドア(開き戸)に下記のような症状がある時は、まずは取扱説明書をご確認頂き、“蝶番調整”をお願いします。

イラスト:戸先が枠に当たったり、下部が床にこすれたりしている
  • ・戸先が枠にあたる
  • ・下部が床にこすれる

この時、同時に下記症状が確認される場合は、
ただちに使用をおやめいただき、修理ご相談窓口へご相談ください。

イラスト:ドアの広がりやズレなど、外観に異常がある
  • ・ドアの広がりやズレなど、外観に異常がある

階段手すりの使用中に下記のような症状がある時は、ただちに使用をおやめいただき、修理ご相談窓口へご相談ください。

イラスト:手すりにグラつきや異常音、亀裂がある様子 イラスト:手すりにグラつきや異常音、亀裂がある様子
  1. 手すりがグラグラする、しなる
  2. キシミ音などの異常音がする
    (固定部に緩みなどが生じ、金具や手すりが外れることによる転落のおそれがあります。)
  3. 手すりや金具にヒビや亀裂がある

天井収納用はしごユニットに下記のような症状がある時は、ただちに使用をおやめいただき、修理ご相談窓口へご相談ください。

イラスト:天井収納用はしごユニットがグラグラする様子
  • ・はしごにグラつきがある
  • ・固定ねじがゆるんでいるまたは外れている

掘座卓は季節の使い初めに必ず点検をお願いします。

<足元ヒータータイプ>

イラスト:堀座卓の足元のヒーターユニットを掃除する様子

毎年の使い始めにはヒーターユニットや座卓についたほこりやごみを取り除いてください。
また電源コードに傷や割れがないかをよく確認してください。

  • ※足元ヒータータイプの場合、初めて通電されたときは、ヒーターユニットより煙とにおいが少し出る事がありますが故障ではありません。ご使用にともない消えていきます。

掘座卓に下記のような症状がある時は、ただちに使用をおやめいただき、修理ご相談窓口へご相談ください。

<足元ヒータータイプ・6面ヒータータイプ共通>

イラスト:コントローラーと電源コードが熱を持ったり破損している様子
  1. コントローラーや電源コードが破損している
  2. コントローラーや電源コードが異常に熱くなっている
  3. 掘座卓から焦げ臭いにおいがする

床暖房は季節の使用始めには点検を行っていただき、下記のような症状がある時は、ただちに使用をおやめいただき、修理ご相談窓口へご相談ください。

<電気式床暖房・温水式床暖房共通>

イラスト:床暖房が熱くなっている様子
  1. 床暖房本体がオフにしても温度が下がらない
  2. 床暖房本体が異常に熱くなっている
  3. 床暖房本体から焦げ臭いにおいがする
イラスト:コントローラーが熱くなっている様子
  1. 床暖房本体のコントローラーが破損している
  2. 床暖房本体のコントローラーが異常に熱くなっている

修理ご相談窓口

フリー
ダイヤル

tel:0120872150
  • ※携帯電話・PHSからもご利用になれます。
  • 【受付時間】年中無休/月~土 9:00~19:00、日・祝・年末年始 9:00~18:00

照明と住まいの設備・建材お客様ご相談センター

フリー
ダイヤル

tel:0120878709
  • ※携帯電話・PHSからもご利用になれます。
  • 【受付時間】年中無休/9:00~18:00

音声ガイダンスを短くするには、案内が聞こえたら電話機ボタンの「8」と内装・収納は「4#」を押してください。(番号を押しても案内が続く場合は、「*」ボタンを押してから操作してください。)