木質床材・フローリングのお手入れ

MENU

床への気配り

普段のお掃除とともに大切なのが、床へのやさしい気持ちです。
傷やへこみ、シミや色あせ、ひび割れなどのトラブルはちょっとした気配りで防ぐことができます。

傷・へこみを防ぐために。

傷・へこみは、家具によって集中的に力が加わったり、イスなどを引きずったりすると起こります。
家具やイスの下には、マットなどを敷くと効果的です。

※ 傷がまったくつかないというわけではありません。

●キャスター

へこみに強い床材以外は、キャスター付きのイスおよび家具のご使用はお避けください。ご使用の場合は、カーペットなどを敷いて床表面を保護してください。

※球状及び金属製キャスターや、小径のキャスター付き家具はご使用をお避けください。へこみや傷が発生する場合があります。

●車椅子

同じ個所への繰り返しのご使用や、車椅子の材質・形状などの条件によっては、床表面に傷や汚れがつくことがあります。
いつも通る個所にはマットを敷くなどの対策をしてください。

●イスの足

イスを引いたりする時に、床表面を傷つけるおそれがあります。
イスの足にゴムキャップやフェルトなどをつけると傷がつきにくくなります。

●土足

上履き用ですので、土足でのご使用はお避けください。靴に付着した砂がすり傷の原因になるおそれがあります。
土や泥が床に付着した状態で放置すると、シミの原因になります。

●重量物

ピアノや冷蔵庫などの重量物を置く場合は、根太や下地の補強をした上で、脚部に敷板やインシュレーター(皿状のピアノ用台座)などを敷き、重量を分散させてください。
ピアノなどを移動させる時は引きずらないようにご注意ください。

●ひっかき傷

ペットのつめ、おもちゃ、家具などの引きずりで床表面を傷つける、ひっかき傷が発生するおそれがあります。
掃除機に傷防止フェルトがついていない場合はすり傷がつくおそれがあります。

※カーペットや床マットをご使用の際、裏面材が床表面に溶着する場合がありますので、ご注意ください。
※スチーム掃除機は、膨れや変色等が起こるのでご使用はおやめください。

シミ・色あせを防ぐために。

水やアンモニア、薬品などが床材の内部に浸透するとシミが生じるおそれがあります。水などを床にこぼした場合は、すぐに拭き取ってください。

●コーヒー・しょう油

コーヒーやしょう油が床にこぼれて長時間放置すると、シミや変色が生じるおそれがあります。すぐに拭き取ってください。

●洗剤・カビ取り剤

床表面に洗剤やカビ取り剤などをこぼした場合には、すぐに拭き取ってください。

●観葉植物

鉢からもれる水分が床に染み込むと、シミ・ひび割れ・膨れなどのおそれがあります。
深めの水受け皿を使用し、床に水がこぼれないようにしてください。

●毛染液・靴墨・パーマ液

毛染液などによる汚れはすぐに拭き取ってください。放置すると取れなくなり、シミの原因になります。
ご使用の場合は、床にマットなどを敷いてください。

●ペットの排泄物

ペットの排泄物を放置すると、シミ・変色の原因となります。すぐに拭き取ってください。
ペット用のトイレの周辺にはマットなどを敷いておくことをおすすめします。

●タバコ

火のついたタバコを落とした場合、すぐに取り除いてください。こげ跡がつくと取れません。
タバコのヤニはアルコールを染み込ませた布などで拭き取ってください。

●トイレ

トイレに施工される際は、アンモニアに強い床材をご使用ください。(シミが生じることがあります。)
床にこぼれた小水や結露水はすぐに拭き取ってください。濡れたまま放置すると、便器と床材のすき間や継ぎ目に入り込みシミが生じることがあります。

※アンモニアに強い床材をご用意しています。

ひび割れを防ぐために。

ひび割れは、湿度や温度変化による床材の伸縮によって起こります。
温風などを直接床に当てないようにし、床に水分がかからないようにしてください。

●暖房器具

電気カーペットによっては、床のひび割れや変色を起こす場合がありますので、床表面に断熱性のあるシートを敷くなどして熱をやわらげてください。
(例)毛足のない3mm以上の厚みのカーペットやフェルト。

床暖房の上にカーペットなどの放熱を妨げるものを置かないでください。床暖房の熱がこもって、ひび割れ・変形・収縮・変色の原因になります。
温風ヒーターの温風が床表面に直接当たらないようにしてください。
温風ヒーターを使用する場合は、マットを敷くなどして、ひび割れ予防をしてください。

●水ぬれ

窓や縁側などからの雨水の吹き込みや、結露などの水滴にご注意ください。濡れたまま放置すると、ひび割れ・塗膜の白化・膨れなどの原因になります。
床表面が濡れていると滑りやすく、転倒のおそれがあります。すぐに拭き取ってください。
常に水が飛び散るおそれのある台所や洗面所周辺などの場所には、水ぬれ及び転倒防止のため、マットを敷いて表面を保護してください。
※耐水性に優れた水まわり用床材をご用意しています。

●冷蔵庫

ひび割れの原因となりますので、冷蔵庫の熱風が床表面に直接当たらないよう、マットを敷くなどして対策をとってください。
※冷蔵庫(特に大型タイプ)を移動させる時は、引きずらないようにご注意ください。

●エアコン・加湿器

エアコンや強制排気型の暖房装置などを連続運転する場合、加湿器などで湿度を調整してください。望ましい湿度は45~70%です。
湿度調節が行われないと、ひび割れ・目すき・浮きなどが発生する場合があります。
加湿器の吹出口近くのフローリング表面が水濡れし、変色やひび割れを起こすおそれがあります。加湿器の位置を高くしたり、吹出口の向きを変えるなどして対策をとってください。

●直射日光

窓からの直射日光が長時間、床表面に当たると、日焼けによる変色や、色あせ、ひび割れのおそれがあります。カーテンなどで直射日光をできるだけ遮ってください。日光や紫外線などによって徐々に色が変わることがあります。