木質床材・フローリングのお手入れ

MENU

床のお掃除

掃除機をかけるだけでは、木の床独特の美しい光沢は守りにくいもの。
毎日のカンタンお掃除からときどきの念入りお掃除まで、上手に組み合わせて行えば、いつもピカピカです。

日常やることカンタンお掃除
乾いたぞうきんやモップでのから拭きが 基本です!

お掃除の第一歩は、から拭きで床表面の汚れを落とすこと。

日常は、化学モップやぞうきんでのから拭きで十分です。掃除機では取りにくいホコリなどが取れ、床の美しいツヤを保つことができます。

●使用する道具
  • 化学モップ
  • 掃除機
  • ぞうきん
  • 化学ぞうきん

ご注意

  • ◆化学モップ・化学ぞうきんについて
    • ・ドライタイプをご使用ください。
    • ・長時間床に放置すると変色するおそれが ありますのでご注意ください。
    • ・濡れた箇所には、ご使用にならないでください。(化学成分が水にとけて床に広がってしまいます。)
  • ◆不織布タイプのフローリング用ワイパーをご使用の場合、ワイパーの繊維や毛玉が付着することがあります。
  • ◆水ぶきやスチームモップ、スチーム掃除機のご使用はお避けください。
  • ◆ワックスがけの前後で化学モップ・化学ぞうきんはご使用にならないでください。

ひどい汚れには固く絞ったぞうきんなどで拭き取りを。

から拭きで落ちない汚れは、ぞうきんを濡らし固く絞ってから、拭き取ります。それでも落ちない場合は、水に少量の中性洗剤を入れ、ぞう きんに染み込ませて拭き取ってください。

●使用する道具
  • ぞうきん
  • 中性洗剤
  • バケツ

ご注意

  • ◆固く絞ったぞうきんとは:脱水機をかけた後ぐらいの絞り方が目安です。
  • ◆ぞうきんを絞らずに水拭きすると、水分によるひび割れ・反り・膨れ、ワックスの白化が生じる場合があります。
  • ◆中性洗剤を使用した場合は、洗剤成分をきれいに拭き取ってください。

ワックス不要の商品はワックスがけをしなくても美しさが長持ち
ワックスがけをしたい場合は、次の手順を参考にしてください。(半年~1年)

ご注意

アレル物質抑制表示図
  • ◆アレル物質抑制機能付きの床は、ワックスがけをすると、
    アレル物質が塗装面に直接触れなくなるため効果が発揮できなくなります。
●使用する道具
  • 推奨品 リンレイ社製:ハイテクフローリングコート 真銘木フローリング(145mm幅)推奨品:リンレイ社製:ハイテクフローリングコート つや消し20、ノンブライト リスダンケミカル製:ナチュラルルック ※お近くのホームセンターなどでご購入ください。
  • ワックス専用モップ ワックス用トレイ

① まずは汚れを取りましょう。

乾いたモップやぞうきんで汚れを取ります。汚れや洗剤が残っていると、ワックスがきれいに塗れない場合があります。

ご注意

  • ◆ワックス剥離剤はご使用にならないでください。剥離剤を使用すると膨れ、変色などが発生する場合があります。
  • ◆ワックスがけの前後で化学モップ・化学ぞうきんはご使用にならないでください。ワックスと薬剤が反応して、塗りムラの原因になるおそれがあります。

② ワックスは水性樹脂タイプを用意。

水性樹脂ワックスは塗りやすく、乾くのも早い上、塗った後のから拭きも不要で、手軽に塗ることができます。市販のワックス専用モップに、ワックスを染み込ませ塗り広げます。

ご注意

  • ◆滑りによる転倒防止のため、塗装木質床用と表示されたものをおすすめします。
    油性タイプはご使用にならないでください。

③ 部屋の隅から均一に塗って。

木目に沿って、薄くムラなく塗ります。

ご注意

  • ◆床に直接ワックスをまかないでください。膨れが発生する場合があります。
  • ◆塗布量は多すぎると膨れ、艶ムラなどの原因になります。ワックスの説明書に従ってください。
  • ◆床表面が十分に乾燥している状態でワックスを塗ってください。
  • ◆溝部にワックスが溜まらないようにご注意ください。

④ 完全に乾かしてください。

乾く前に床の上を歩いたり家具を動かしたりすると、塗りムラができたり、ツヤがなくなったりします。ワックスが乾くまで、風通しをよくして待ち ましょう。
詳しくは使用するワックスの説明書をご確認ください。