スイッチやコンセントってどう選ぶ?
おうちの配線器具でくらしアップ-《省エネ》編-

第3回 「在宅時間が増えると光熱費も増える」問題を解決!

第3回 「在宅時間が増えると光熱費も増える」問題を解決!

家族の在宅時間が増えると気になるのが光熱費。電気を使わないようにするのではなく、抑える工夫を。
光熱費をおさえる省エネ機能のついた配線設備をご紹介します。

一括OFFできるスイッチで消し忘れなく節電

部屋を移動したあと、電気がつけっぱなしということ、ありませんか?「一括OFF発信機」搭載のスイッチなら、1つのスイッチから家じゅうのスイッチをまとめてOFFにできます。玄関や寝室に設置すれば、お出かけや寝る前にボタン一つで、すべての部屋の照明を消すことができて便利。消し忘れでムダな電気を使うこともなくなります。

必要なタイミングで自動でON/OFFできて節電

節電のポイントの1つは、電気を本当に必要な時だけ使うことです。人の熱や動きを感知して照明を操作できるスイッチなら、自動で点灯・消灯するので、つけっぱなしになることがなく、ムダな電力をおさえらえれます。「かってにナイトライト」は周りが明るいと点灯しないので、昼に余計な電力を使う心配もありません。

家電の「待機電力」をカットして節電

電化製品は使っていない間も電力を消費しています。節電をするならこの「待機電力」をおさえることがポイント。「こまめにスイッチ」ならスイッチを切るだけで待機電力をカットできるので、簡単に節電ができます。

すむすむはSNSでも
住まいに関する情報をお届け!
ぜひフォローください