ここから本文です。

住宅ローンの手続きに必要な書類

金融機関により必要部数が異なるので、事前に確認を

住宅ローンの手続きでは、申し込みから融資を受けるまでに様々な書類が必要になります。大きく分けると、「借入者・連帯債務者に関する書類」と「物件に関わる書類」を用意する必要があります。書類の入手先もそれぞれ異なりますので、効率よく事前に準備しておきたいものです。手続きに必要な書類や部数等は、金融機関によって異なります。事前に金融機関に確認をするのがポイントです。

注意する点

  • 発行期限のある書類は注意
  • 複数の金融機関に申込む場合は、必要部数の確認

借入者・連帯債務者(収入合算者)に関する書類

  書 類 入 手 先
1 所得を証明する書類
給与所得のみ
(2〜3年分)
住民税課税決定通知または、
特別徴収税額の通知書
市区町村
(住民税課税決定通知書の場合)
勤務先
(特別徴収税額の通知書の場合)
源泉徴収票 勤務先
上記以外(確定申告されている方)
(2〜3年分)
納税証明書
(所得金額用及び納税額用)
または、住民税課税証明書等、
および、住民税納税証明書
税務署
確定申告書(写) 税務署
2 住民票(家族全員の記載のあるもの) 市区町村
3 印鑑証明書 市区町村
4 健康保険被保険者証(写) 勤務先または、市区町村など
5 本人を確認する書類(運転免許証または、パスポートなど) 本人

物件についての書類

書 類 建物新築 土地付住宅購入 マンション 入手先
売買契約書(写) 不動産会社
建物工事請負契約書(写) 建築会社
重要事項説明書(写) 不動産会社
パンフレット・販売図面 不動産会社
確認済証(旧建築確認通知書)(写) 市区町村
設計業者
施工業者等
土地建物の登記事項証明書(登記簿謄本)
(土地のみ)

(中古のみ)
法務局
建物図面、各階平面図 設計業者
施工業者等
土地の公図・実測図 法務局
不動産会社等
地積測量図 法務局

※住宅金融支援機構資料より

この内容は、2015年6月10日現在のものです。
掲載している内容については、変更になることがありますので、利用前には、最新情報を確認してください。

あこがれの「住まい」を考えるヒントや、日々の暮らしを少しの工夫でより快適にする情報などをお届けしています