ここから本文です。

ローンの借り換え

高い金利の時に組んだローンの場合、返済額が減ることも

金利の高い時期に固定型金利の住宅ローンを借り入れすると、金利が下がっても高い金利のまま返済をしなければなりません。ローンの借り換えは、高い金利で借り入れしている住宅ローンを、より金利の低い住宅ローンに組み替えることを言います。

借り換えの検討基準

借り換えには手続き費用が数十万円かかります。借り換えるローンの金利が低いからと言って必ずしも得をするとは限りません。金融機関に試算をしてもらうなど、相談をおすすめします。一般的に借り換えを検討する基準は、「返済中のローンと新たに利用するローンの金利差1%以上」、「残債務1,000万円以上」、「残りの返済期間10年以上」と言われています。

この内容は、2015年6月10日現在のものです。
掲載している内容については、変更になることがありますので、利用前には、最新情報を確認してください。

あこがれの「住まい」を考えるヒントや、日々の暮らしを少しの工夫でより快適にする情報などをお届けしています