ここから本文です。

いつどんな税がかかるのか

建てる時にかかる税金と継続的にかかる税金があります

住まいを新築したときにかかる税金と、建てた後にかかる税金があります。手持ちの現金が必要になるので、自己資金の考慮も必要です。それぞれに申告等により軽減される措置もあるので、いつ、どんな税金がかかるのか把握しておくと安心です。

建てる時にかかる税金

家を購入したり新築したりする場合、印紙税、登録免許税、不動産取得税などの税金がかかります。

建てた後、継続的にかかる税金

土地や建物に対して課税される固定資産税や、都市計画税は、建物が完成した翌年から毎年必要になります。

不動産を売却した時にかかる税金

建物や土地を譲渡(売却)して、利益が出たとき、その利益に対して所得税と住民税(譲渡所得税)
がかかります。通常の所得税や住民税とは税率が異なり、分離課税となります。なお、譲渡所得がマイナスの場合には、譲渡損失の控除があります。

住宅取得と課税・諸経費の流れ

手続きの流れと必要な税金・諸経費

住宅取得と課税・諸経費の流れをあらわす図

詳しくは税務署等にご確認ください。

この内容は、2015年6月10日現在のものです。
掲載している内容については、変更になることがありますので、利用前には、最新情報を確認してください。

あこがれの「住まい」を考えるヒントや、日々の暮らしを少しの工夫でより快適にする情報などをお届けしています