住宅リフォームのヒント集

一覧

TOP

2015/07/28

おじいちゃんの家かっこいい!孫も来たがるわが家にリフォーム

狭い、暗い、散らかっている…と、孫が遊びに来るたびに気が引けるわが家。長年、慣れ親しんだ家にも、ほころびが目立ち始めました。みんなを呼べる!もちろん普段の暮らしも快適な住まいにするリフォームのポイントを紹介します。

「遊びにおいで」と気軽に言える、みんなにやさしい住まいにリフォーム

孫や子どもたちに、気軽に遊びにきてほしい。でも、モノがあふれて、くつろげるスペースがない、バスルームなどが古い…では、気軽に「遊びにおいで」とは言いにくいもの。「おじいちゃん、おばあちゃんの家に行きたい!」と孫たちが、言い出すリフォームのポイントをご紹介します。小さな子どもにやさしい住まいは、毎日の生活にもやさしい住まい。孫が生まれたら、リフォームを考えてもいいですね。

「おじいちゃんの家はかっこよくて、遊べる!」と言ってもらえる家

広い!それだけで喜んで元気に走り回る子どもたち。思い切って仕切りの壁をなくすか、引戸を開け放すと広くなるようにすると、子どもたちがのびのび遊べます。
家は快適性に加えて、インテリアにもこだわりたいもの。住まいの統一感を出すため、フローリングはキッチンから洗面室まで、同じ柄にするのもいいですね。天然木で手に入りにくい幅が広いタイプの建材なら、住まい全体を自然な風合いを生かした空間にできます。
床は引戸のレールがなく、フラットなものにしましょう。孫だけでなく、自分たちがつまずく危険も減り、安心して過ごせます。

みんなで食卓を囲むなら、“飛び出すコンセント”を床に

孫が遊びに来ると一緒に散歩をしたり、洗濯や掃除も普段の倍くらいの量になったり、あっという間に時間が過ぎていきます。食事はみんなで囲めて、準備もラクなホットプレートが大活躍。パエリアなどのパーティー料理や焼き肉、餃子など、バリエーションも豊富です。子どもは食事中でもウロウロするため、延長コードでホットプレートをつなぐと危険です。食卓の下には、必要なときだけコンセントを出して使える、床用コンセント「アップコン」を設置しておくと便利ですね。

普段は自分たちのリラックススペース、孫も大喜びの畳スペース

今の子どもにとって、畳は珍しい存在かもしれません。リビングの一角に畳のスペースを設ければ、興味津々で集まってきます。おむつを替えたり、お昼寝させたりと、パパ・ママにも便利なスペース。孫たちが帰ったら、夫婦でお茶を飲みながら、楽しかったひと時を振り返るのもいいですね。「畳が丘」を設置すると、簡単にお部屋の一角が和の空間になります。また畳の下は収納スペースにもなるので、お部屋がスッキリ!

バスルームは洗い場を広くして、背中を流し合い

孫が遊びに来てくれたら、背中を流し合うのも楽しみの一つです。その場合、浴槽より洗い場を広くするといいですね。床は滑りにくい素材を選べば、安心して孫と入浴が楽しめることはもちろん、普段の暮らしでも安心です。

人気記事ランキング

関連キーワード