ここから本文です。

調理の仕方について

オーブン料理に、予熱はなぜ必要なのですか。
メニューによりますが、予熱を必要とするのは主にケーキやパン類です。これらの場合、庫内が低温のまま生地を入れると温度が上がるまでにバターや砂糖が先に溶けて生地がやわらかくなり、泡も消えてふくらまなくなります。したがって、予熱スピードが早い200V電気オーブンはパン、お菓子作りが段取りよくこなせる機器なのです。
お菓子も上手に焼けますか。
お菓子やパンづくりも得意メニューです。
200Vなら庫内全体に行きわたる熱風で、ふんわり、さくさく、香ばしく焼きあげられます。シフォンケーキやシュークリームなど、さまざまなお菓子づくりにトライしてみてください。
パンを作りたいのですが、イースト発酵は可能ですか。
スチーム発酵機能がついています。発酵温度30・35・40・45℃の設定が可能です。
※機種により温度設定範囲は異なります。
オーブン加熱とグリル加熱はどう違いますか。
表面に焦げ目をしっかりつけたいグラタンや焼魚、ハンバーグなどはグリル調理に向いています。
一方、オーブンは熱風を庫内へ送り、庫内の空気をあたためてジワジワと食品を加熱する方法です。例えば、身の厚いローストチキンのようなものはグリル調理ですと中まで熱が伝わった頃には表面が焦げついてしまいますので、オーブン調理向きです。
またパンやケーキ類なども表面を焦がすのではなく、ジワジワと中に熱をいれ、膨らませていくのでオーブン調理向きとなります。
2段で焼く時、上下段を入れ替えなくて良いですか。
基本的には、入れ替える必要はありません。200Vハイパワーで熱風循環ヒーターが庫内すみずみまで熱風を行き渡らせるため、上下段ムラを抑えて調理できます。ただし、メニューや分量により庫内の様子を見て気になるようでしたら入れ替えてください。
ケーキは2段調理でもうまく焼けますか。
スポンジケーキやカップケーキ等のように高さのないものは、2段で調理できます。ただし、型のサイズ、レシピ等により加熱時間、温度などは様子を見て調整してください。
食パン2斤を一度に2つ並べて焼けますか。
縦向きに左右に並べるとうまく焼けます。ただし、型のサイズ、レシピ等により加熱時間、温度などは様子を見て調整してください。
スチーム機能のメリットは何ですか。
オーブンやグリル調理中にスチームを入れることが出来ます。
スチームを効果的に入れることでふくらみをよくしたり、火の通りをよくします。
自動メニューの「鶏の照り焼き」「焼魚・減塩」ではスチームが適切なタイミングで入り、余分な脂や塩分を落とします。