みんなの介護相談 Q&A

介護されるご家族が直面する様々な質問やお悩みを解消するポイントをまとめました。

「介護保険について知っておきたいこと」編

Q介護保険の被保険者に該当するのは、どういう人?

A40歳以上の人すべてが介護保険の被保険者となります。

介護保険の被保険者は、40歳以上の人すべて。39歳以下の人は、被保険者ではありません。

この被保険者は、年齢によって次の2つに分けられます。

1.第1号被保険者(65歳以上の人)

65歳になると介護保険被保険者証が郵送で届きます。原因を問わず、介護が必要であると認定されれば、介護保険を利用することができます。

2.第2号被保険者(40~64歳で医療保険に加入している人)

40歳になると、医療保険料と一緒に介護保険料を納めるようになりますが、介護保険の被保険者証は手元に届きません。特定疾病(老化が原因とされる病気)により介護が必要になったと認められた場合のみ、介護保険を利用することができます。

【第2号被保険者でも介護保険の対象となる特定疾病】

・末期がん
・脳血管疾患(脳出血、脳梗塞など)
・筋萎縮性側索硬化症(ALS)
・パーキンソン病関連疾患
・脊椎小脳変性症
・多系統萎縮症(シャイ・ドーレガー症候群)
・糖尿病性腎症・網膜症・神経障害
・閉塞性動脈硬化症
・慢性関節リウマチ
・後縦靭帯骨化症
・脊柱管狭窄症
・骨粗鬆症による骨折
・早老症(ウェルナー症候群)
・初老期における認知症 ※1
・慢性閉塞性肺疾患 ※2
・両側の膝関節や股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

※1…アルツハイマー病、ピック病、脳血管性認知症、クロイツフェルト・ヤコブ病など
※2…肺気腫、慢性気管支炎、気管支喘息、びまん性汎細気管支炎

ページの先頭へ