みんなの介護相談 Q&A

介護されるご家族が直面する様々な質問やお悩みを解消するポイントをまとめました。

「介護をすることになる前の心構え」編

Qそもそも「介護」と「看護」って、何が違うんですか?

A実は定義が曖昧な「介護」と「看護」。いずれも高齢者や障がい者などの日常生活をサポートするものです。

介護は「日常生活を安全かつ快適に営むためのサポート」がメインで、介護福祉士やヘルパーなどの資格を持った福祉の専門の資格を持ったものが、看護は「病気や怪我などの治療や療養のサポート」がメインで看護師や保健師などの医療の専門の資格を持ったものがサービスを提供します。

在宅介護では点滴や服薬管理など、看護のほうがより専門性が求められる場面が多く、家族だけで対応するのは困難です。必要に応じて介護保険の訪問看護を利用しましょう。

ページの先頭へ