スイッチやコンセントってどう選ぶ?
おうちの配線器具でくらしアップ-防災編-

第20回 設置カンタン蓄電池で 停電でも電気が使える わが家に

第20回 設置カンタン蓄電池で 停電でも電気が使える わが家に

いつ発生するかわからない自然災害。そして併せて考えておかなければいけないのが「停電」です。
いま、身のまわりは電気が必要な機器があふれています。
防災、停電対策として、わが家で「電気を蓄える」ことを考えてみましょう。停電時に活躍する蓄電システムをご紹介します。

コンセントに挿すだけでかんたんに設置して蓄電

蓄電システム、蓄電池は設置が大変では?と思うかもしれませんが、パナソニックの「リチウムイオン蓄電システム スタンドアロンタイプ」は、ご自宅のコンセントに蓄電池のコンセントプラグを挿しておくだけで充電できます。キッチンカウンターの下などのちょっとしたスペースに置くことができるコンパクトサイズ。近くにコンセントがあれば置く場所を選びません。
また、普段から蓄電池に家電をつないでおけば、停電したその瞬間から自動で給電できます。冷蔵庫など電気が止まると困る機器をつないでおくと、万一の時に備えられます。

色々な機器を同時に使用でき余裕を持った対処を

「リチウムイオン蓄電システム スタンドアロンタイプ」 の接続機器は最大1500VAと限られますが、扇風機・ドライヤー・スマートフォン・タブレット端末・照明器具は同時に使用することが可能です。夜でも照明器具を点灯した状態で、スマートフォンで情報収集をするなどできます。

電気が必要なところに蓄電池を移動できると便利

停電時、冷蔵庫だけは稼働させておきたい・・というときに、蓄電池本体を移動できると便利です。 「リチウムイオン蓄電システム スタンドアロンタイプ」はキャスター付きで、スムーズに必要な場所へ持ち上げることなく移動させることができます。運んだ後は固定スタンドを取り付けて、さらなる地震による転倒を防止します。

すむすむはSNSでも
住まいに関する情報をお届け!
ぜひフォローください