スイッチやコンセントってどう選ぶ?
おうちの配線器具でくらしアップ-在宅勤務編-

第14回 仕事をしながら ひと声で家電を操作

第14回 仕事をしながら ひと声で家電を操作

在宅勤務が増えて、仕事の合間に家事をすませることができると、トクした気分になりませんか?
そんな在宅勤務の家事をラクにする強い味方をご紹介します。

仕事が終わりそうもない、でも家事は待ってくれない

一日のスケジュールを決めて、しっかり仕事をしていても思いどおりに進むとは限りません。会議が長引いた、予定していない仕事がはいってきた、なんてことも。それでも子どもに夕食を食べさせないといけないし、お風呂の準備もしなくては…と家事は待ってくれません。手が離せない忙しさだから、家事は少しでも時短したいですね。

パソコンを操作しながら「お湯はりして〜」

電気設備をつなげて、住まいのエネルギーを見える化する「AiSEG」。快適な節電生活をサポートしてくれます。そのAiSEGとスマートスピーカーを連動させれば、仕事途中でもちょっとした家事が、ひと声ですみます。たとえば、わざわざ浴室に行かなくても、仕事をしながら座ったままで「お湯はりして〜」でお湯はりスイッチがONに。給湯や窓シャッターの開閉、さらには炊飯器のプッシュ機能と連動すれば、「ご飯の炊き忘れはありませんか?」とスマートフォンがお知らせしてくれます。

宅配便が届いたらモニターでお知らせ

もうひとつAiSEGで便利なのは、宅配便のお知らせ機能です。宅配ボックスと連携させることで、荷物の受取時にモニターやスマートフォンへ知らせる機能があります。オンライン会議で宅配便のお届けに気づかなかったときも、代わりに荷物を受け取ってくれたうえに、きちんとお知らせしてくれます。子どもがお留守番をしているときも安心です。

すむすむはSNSでも
住まいに関する情報をお届け!
ぜひフォローください