スイッチやコンセントってどう選ぶ?
おうちの配線器具でくらしアップ-インテリアスタイル編③-

第11回 濃い色調をベースとした 高級感あふれる ヴィンテージスタイルに

第11回 濃い色調をベースとした 高級感あふれる ヴィンテージスタイルに

木、アイアン、革などの素材でまとめるヴィンテージスタイル。カフェなどにも多く人気です。
実はアメリカンヴィンテージ、フレンチヴィンテージなど、いろんなタイプがありますが、
ここでは高級感のあるヴィンテージスタイルにあった配線器具をご紹介します。

上質感や高級感を醸しだす重みのあるヴィンテージ

ヴィンテージスタイルのインテリアの特徴は、単に古いものではなく、丁寧に使いこまれた味わいのあるものや、古くても価値を感じさせる上質さがあることです。なかには、新しい素材にエイジング加工を施してつくった、ヴィンテージ家具もあります。
高級感のあるヴィンテージスタイルにするなら、ダークブラウン、ブラック、濃いグレーなどを選ぶと、重厚感やボリューム感を出すことができます。

スイッチやコンセントは小さいものですが、場合よっては目立ってしまい、せっかくのスマートな空間を台なしにすることも。マットな色味のものや黒などを選べば高級感のある空間にも溶け込みます。
グレーシアシリーズには、上質なヴィンテージ空間に似合うような、木の質感をいかしたものや、表面にヘアーライン処理を施した質感を重視したデザインもご用意しています。

スイッチもこだわりを感じるデザインに

アイアンを多用するとインダストリアルな懐かしい雰囲気を演出できます。無機質な素材のボリュームが増えることで、軽やかさが生まれるのです。

配線器具も“古き良き重厚感”よりも“愛着のあるレトロ感”が似合います。
たとえばシンプルなデザインのタンブラスイッチがおすすめ。クラシックシリーズは、アイアンに合うメタリックな素材のものと、逆にインダストリアルな空間の印象を和らげるホーロー仕上げのものがあります。

すむすむはSNSでも
住まいに関する情報をお届け!
ぜひフォローください