スイッチやコンセントってどう選ぶ?
おうちの配線器具でくらしアップ-インテリアスタイル編①-

第9回 木のやさしい雰囲気に包まれた 明るいナチュラル空間に

第9回 木のやさしい雰囲気に包まれた 明るいナチュラル空間に

自然と調和するような、居心地のよさを優先したいひとに好まれるナチュナルスタイル。
やさしい、あたたかみのあるナチュラルスタイルの空間になじむ配線器具をご紹介します。

木のぬくもりをベースに観葉植物のグリーンをプラス

木のぬくもりを重視したいなら、無垢材など木目を活かしたベージュと、観葉植物などのグリーンを基調にするとまとまりやすくなります。
木目調のインテリア、生成りや天然素材のファブリックを選ぶことで、よりあたたかみをプラスできます。
スイッチやコンセントも、シンプルなデザインで、やさしい色合いのベージュ色のものを選ぶと、統一感のある空間に仕上がります。

柔らかな自然光を活かして飾り気のない”白“を基調に

大きな窓がある自然光をたっぷり取り入れられる部屋なら、白をテーマに。たとえば壁を白にすれば、差し込む光を反射してより明るさが増します。
表面に凹凸のある漆喰や白いタイルを壁材に採用すれば、より自然な雰囲気が醸しだされて、ナチュラルなやさしい印象に。自然素材に着目することがポイントです。
スイッチもレトロなデザインのものを選ぶと、漆喰やタイルなどの質感とも相性がよく、落ち着いた感じでなじみます。
とくにクラシックシリーズのタンブラスイッチは、細部の仕上げや色合いまで“古きよき愛されるレトロ”にこだわって、味わいの深いホーローの質感を再現。やさしい空間を生み出します。

すむすむはSNSでも
住まいに関する情報をお届け!
ぜひフォローください