間取りプランニング

“パブリックスペース”と“プライベートスペース”を、ほど良くつないだ二世帯住宅

<家族構成等>ヒアリングの内容を見る

住まいの形態:二世帯 | 家族構成:大人3人 内65歳以上1人

応募内容

応募間取りを拡大して見る
  • ・高齢者がいるので、1階はバリアフリーでドアは引戸を多くしたいです。
  • ・1階ダイニング隣は、母の元気な時は母の寝室として利用し、将来はリビングにも変更できるようにしたい。
  • ・どうしても廊下が部屋と部屋をつないでいる間取りになってしまいます。
  • ・玄関ホールから直接DK各部屋に行けるような間取りが希望です

建築士からのコメント

プライバシーを必要とするスペースと、水周りやリビング等の家族が集うスペースを、 どのようにつなげるかが、二世帯住宅のポイントになると思います。
この住まいでは、和室を双方から必要に応じて使用できる場所に配置することで、 快適で居心地のよいつながりが持てるようにしています。

プロのアドバイス
  • 1和室を母親の寝室とダイニング側の間に配置して、どちらからも多目的に使用できるスペースに
  • 2キッチンを西側に配置することで、水まわり動線がスムーズに
  • 3階段室は玄関から直接見えることのないよう、上がり口の位置を変更
  • 4廊下幅を広めにとることで、 玄関ホールの延長として位置づける
  • 5二方向から開口がとれ、明るくしかも落ち着いた部屋に
プロのアドバイス
  • 6ダイニングにつながる場所に配置することで、予備室としてだけでなく、多目的に使用できる
  • 7和室があることでリビングとして広がりが生まれる
  • 8将来は子ども室になる場所として、 東側を確保した
  • 9洗面をトイレとまとめることで狭さを解消

住まいを快適にするために、間取りだけでなく仕上げや設備なども考えておきましょう。

※プレゼンテーションボードに掲載されている商品画像はイメージです。
※掲載している商品には、生産終了品が含まれています。

監修:有限会社 アル・プランニング

Panasonicの住まい・くらし SNSアカウント

  • すむすむ公式 Facebook
  • すむすむ公式 Twitter
  • すむすむ公式 Instagram
  • すむすむ公式 LINE
  • すむすむ公式 Youtube