間取りプランニング

子育ても自分時間も充実の住まい

<家族構成等>ヒアリングの内容を見る

住まいの形態:一世帯 | 家族構成:大人2人 子ども2人

応募内容

応募間取りを拡大して見る
  • ・現在は子どもが小さいので、おもいっきり家の中でも遊ばせたいと思っています。
  • ・将来的には、お菓子作りを友人と一緒にできるキッチンダイニングとして使用できるような間取りを希望します。
  • ・友人が子どもたちをつれて遊びにくるので、目のとどくところで遊ばせたい。
  • ・夫のための落ち着きのあるリビングが欲しい。ゆっくりとビデオを観たい。
  • ・パソコンは主に夫が使う。

建築士からのコメント

子どもが小さい間は特に、室内・室外ともに、どこにいても目の届くように配慮したいものです。
また、将来的な生活スタイルの変化にも対応できる、部屋のつながりや広がりを考えておくとよいでしょう。
リビングは、ダイニングとのつながりを考慮しつつ、ダイニング側とは別に入り口を設けることで、より自分時間を楽しめる空間になります。

プロのアドバイス
  • 1キッズコーナーとリビングの入れ替え
  • 2夫のリビングの使い方(ワークコーナー)
  • 3玄関の位置とホールの使い方
  • 4外部収納の設置
プロのアドバイス
  • 5子ども室を南面に配置
  • 6クローゼットと、ウォークイン納戸を隣接
  • 7動きやすい広さと形状
  • 8間仕切り家具でフレキシブルな使い方に
  • 9吹き抜けと屋根裏収納で明るさと収納量を確保

住まいを快適にするために、間取りだけでなく仕上げや設備なども考えておきましょう。

※プレゼンテーションボードに掲載されている商品画像はイメージです。
※掲載している商品には、生産終了品が含まれています。

監修:有限会社 アル・プランニング

Panasonicの住まい・くらし SNSアカウント

  • すむすむ公式 Facebook
  • すむすむ公式 Twitter
  • すむすむ公式 Instagram
  • すむすむ公式 LINE
  • すむすむ公式 Youtube