間取りプランニング

子どもの成長にあわせて変化する住まい

<家族構成等>ヒアリングの内容を見る

住まいの形態:一世帯 | 家族構成:大人1人 子ども3人

応募内容

応募間取りを拡大して見る
  • ・小4、小1、3才の男の子3人が仲良くのびのびとすごせる家にしたいです。
  • ・子どもの成長にあわせて、2階は6畳×3部屋を子ども部屋として確保したいです。
  • ・狭い敷地ですが、広々と、そして太陽の光や風を感じられる家に少しでも近づけられるようアドバイスを宜しくお願いします。
  • ・将来、吹き抜け部分に床を貼り、子ども部屋にしたい。
  • ・屋根裏部屋をつくる予定です。

建築士からのコメント

子どもの成長やライフスタイルの変化によって、間取り(プラン)を変更していく場合、どのような使い方をしたいか、イメージしておくと良いでしょう。
それによってリフォームの可能性の枠が広がり、いつの場合でも、より快適で暮らしやすい生活が実現すると言えます。

プロのアドバイス
  • 1階段をリビングに配置し、階段下収納を確保
  • 2玄関横に土間収納を確保 (使い方自由)
  • 3トイレ位置の変更
  • 4吹き抜けをリビング側に設置して上下階の関係をつくる
プロのアドバイス
  • 5吹き抜け部分に面するホールを ファミリーライブラリーに(吹き抜けに面する書棚を手すりの高さにする)
  • 6吹き抜けをリビング側に設け、上下階の家族の気配が感じられるつながりにする。
  • 7子どもが小さい間は、主寝室とつながるスペースを家族全員の寝室として活用する
  • 8間仕切り家具でフレキシブルな使い方に
  • 9ロフトを収納スペースとして活用する場合、収納階段にしておくと、階下を有効的に使用できる。

住まいを快適にするために、間取りだけでなく仕上げや設備なども考えておきましょう。

※プレゼンテーションボードに掲載されている商品画像はイメージです。
※掲載している商品には、生産終了品が含まれています。

監修:有限会社 アル・プランニング

Panasonicの住まい・くらし SNSアカウント

  • すむすむ公式 Facebook
  • すむすむ公式 Twitter
  • すむすむ公式 Instagram
  • すむすむ公式 LINE
  • すむすむ公式 Youtube