母と娘家族が暮らす二世帯住宅

<家族構成等>ヒアリングの内容を見る

住まいの形態:二世帯 | 世帯主:子世帯 | 家族構成: 大人3人 子ども1人 ペット犬 | 玄関数:1カ所 |

応募内容

応募間取りを拡大して見る
<ご要望>
子どもが小さいので母に預けながら共働きしている。
日常の食事の用意は母親にお願いし、週末は家事仕事に集中 母親は独立した部屋で自分の生活ができるように。

建築士からのコメント

二世帯住宅は、お互いのプライバシーを守りながら、独立した生活ができるとともに、家族全員が集え、家族の気配が感じられる工夫が必要になります。
また、生活の時間帯や交友関係の違いを尊重できるよう、親世帯の部屋の位置や動線も考慮することが大切になります。

プロのアドバイス
  • 1プライバシーを保ちながらも、孤立しないように母親の部屋を配置しています。
  • 2母親の部屋には、直接外部から出入りできる動線を確保して、友人たちを気楽に迎え入れることができます。
  • 3家事動線を考慮して水まわりをまとめています。トイレは、夜でも使い易いように母親の寝室の近くに配置しています。
プロのアドバイス
  • 42階の子ども室は、階下に生活音が気にならない部屋を配置しています。
  • 5主寝室と子ども室の間に緩衝スペースを設けています。

住まいを快適にするために、間取りだけでなく仕上げや設備なども考えておきましょう。

※プレゼンテーションボードに掲載されている商品画像はイメージです。
※掲載している商品には、生産終了品が含まれています。

監修:有限会社 アル・プランニング

Panasonicの住まい・くらし SNSアカウント

  • すむすむ公式 Facebook
  • すむすむ公式 Twitter
  • すむすむ公式 Instagram
  • すむすむ公式 LINE
  • すむすむ公式 Youtube