住宅リフォームのヒント集

一覧

TOP

2018/04/25

子どもの「楽しい!」「うれしい!」を増やすリフォーム

子どもが小さいうちに、いろいろな体験をさせてあげたい!と思うと、どこかへお出掛けをすることを考えがちですが、日常生活の中でもできることはたくさんあります。料理をしたり、工作をしたり、一緒にお風呂に入ったり、親子の時間を充実させる暮らしを考えましょう。

「できた!」を親子で楽しめる広いシンク

子どもは何かを作ることに好奇心が旺盛です。調理を通して作る事の喜びを体験させてあげましょう。パナソニックキッチンの「PaPaPaシンク」なら、シンクの一部を調理スペースとして使えるので、キッチンに子どもと並んで立ってパン生地をこねたり、揚げ物の下準備をしたりできます。シンクとひとつづきでお手入れがしやすいから、周囲に飛び散らかしても見守ってあげられそう。

水栓は、センサー付きタイプを選べば、水の出し止めも手をかざすだけ。節水モード設定で、水の出しっぱなしを防げます。

子どもの作品を飾って素敵なインテリアに

子どもが作った工作は、見えるところに飾ってあげましょう。家族が感想を言ったり、訪れた祖父母にほめてもらったりすることで、子どものモチベーションがアップ。家族の会話も広がります。サイズバリエーションが豊富な収納「シェルフシステム」を設置して、子どもの作品を飾るギャラリーに。奥行きや高さが調整できるだけでなく、好みの壁と組み合わせてリビングをコーディネイトできます。

ホームシアターで家族の時間を充実させる

映画館もいいけれど、ホームシアターなら子ども達と感想を語りあったり、歴史の物語なら時代背景を説明してあげたり、家族でコミュニケーションが取れる点が魅力。子どものお気に入りのDVDを、専用棚に飾っておくのもいいでしょう。
さらに照明をシアター専用に切り替えれば臨場感も増します。切り替えはシーンを設定しておけば簡単。「LINK STYLE LED(リンクスタイルLED)」の照明なら、配線工事不要で後付けできて、複数のあかりをスマートフォンで操作ができるので便利です。

広い洗面カウンターで鏡越しに朝の挨拶

ワイドカウンターの洗面台なら二人並んでも広々しているから、鏡越しに親子で笑顔を交わして朝の挨拶。洗面ドレッシング「シーライン」なら、子どもの目線の高さに「ミドルミラー」を設置できるので、台に乗らずに顔を見ることができます。朝の歯磨きもパパと一緒に。
洗面台のカウンターが広ければ、オシャレ着を手洗いするママの横で、乾いたタオルをたたむお手伝いも、楽しんでできそうですね。

バスルームは親子でにぎやかに入る!

お風呂も、親子で入ったら楽しさ倍増。お互いリラックスできて会話もはずむのでは?パナソニックバスルーム「リフォムス」の広々浴槽でバスタイムを楽しみましょう。入口を引き戸にすれば、親子で入っても出入りがしやすくなります。

人気記事ランキング

関連キーワード

0210cat003