住宅リフォームのヒント集

一覧

TOP

2017/2/27

ヴィンテージな「男前リフォーム」で、渋くてかっこいいインテリアに

ブルックリンスタイル、塩系インテリアなど、渋くてかっこいい「男前スタイル」のインテリア・リフォームが今、注目されています。まずはトイレや洗面などの小空間から、ヴィンテージ感あふれる個性的空間に変えてみませんか。

素材感の高いインテリアで「男前リフォーム」を実現

かっこいい=「男前」なインテリアにするには、設備や内装に、古材調、レンガ調、石目調など素材感ある無骨でヴィンテージ感のあるアイテムを用いることがポイント。リフォームなら、そんなステキ空間が実現できます。パナソニックの汚れにくく、お手入れがラクな住まいの設備なら、男前スタイルも汚れを気にせず実現できます。

洗面室はヴィンテージ感のある雰囲気に統一

実用性一辺倒になりがちな洗面室ですが、お気に入りの空間で身支度できれば、毎日上機嫌で過ごせます。コンクリート打ちっ放しの壁にシンプルなフローティングデザインの洗面台と収納付きの鏡、アンティークな小物などを合わせれば、飾らない雰囲気のスタイリッシュな男前スタイルが完成します。洗面ドレッシング「Cline」のように、水アカ汚れを減らせる工夫や引き出せるシャワー水栓があれば、お手入れも楽ですよ。

トイレは、レトロなアイテムを用いて個性的空間に

トイレのような小空間は、おもいっきり個性的にアレンジしやすい場所。スタイリッシュな便器や木質感の高い手洗いカウンターに、個性ある壁紙や床材を組み合わせ、レトロで存在感のある雑貨を飾りましょう。全自動お掃除トイレ「アラウーノ」なら便器まわりの汚れまで防いでくれるので、空間全体のお手入れが簡単。今なら、10周年記念で10色からトップカバーを選べるのも嬉しいですね。

木や石の素材感が強く表れた床材を選ぶのがコツ

空間を「男前」にするには、床選びも大きなポイントです。ヴィンテージスタイルならダーク系、塩系インテリアなら白系を選ぶのがオススメ。いずれも、節目や色合いで木質感のある床や、原石の表情を持つ石目調など、素材感が強く表れたフローリングを選ぶのがコツです。せっかく張り替えるのだから、傷に強く、汚れにくい床にしておくとお手入れが楽ですよ。ドアも床と同系色にしてすっきりまとめましょう。

くつろぎ感を深めるライティングで、洗練された印象に

あかりの種類や配置をリフォームで変えるだけで、部屋はぐっと洗練されたお洒落な印象になります。暖かい色味のフロアライトで低い位置を照らせば、部屋にくつろぎ感を深め、ラインライトで壁面を照らすと奥行きを感じさせてくれます。美しい陰影を楽しみながら、夜のひと時を「男前」に過ごしませんか。照明リフォームが難しい場合でも、パナソニックの照明 「LINK STYLE LED」なら、配線工事なしでかっこいい、気分にあわせた照明演出ができます。

人気記事ランキング

関連キーワード