住まいの設備と建材 > システムキッチン > 還元水素水生成器 > 還元水素水生成器:商品一覧・仕様

還元水素水生成器還元水素水生成器トップへ

商品一覧

還元水素水生成器
[ 専用水栓型/電子水栓式 ]

家庭用・上水道専用

TK-HB41-SE

希望小売価格173,800円(税抜158,000円)
(取付設置費別)

(還元水素水生成器本体と専用水栓のセットでご使用ください)
医療機器認証番号 226AKBZX00127000
日本ガス機器検査協会認証品

交換用ろ材(カートリッジ)(受け皿付)

■JIS指定13物質※2+4物質※3を除去

TK-HB41C1(本体装着品)

希望小売価格17,270円(税抜15,700円)

取替時期の目安:約1年(1日30L使用の場合)
※2 JIS S 3201の試験法で規定された除去対象物質。
※3 浄水器協会(JWPA)で定められた規格基準(JWPAS B基準)に従った試験による除去率80%の値。なお、鉄(微粒子状)とアルミニウム(中性)は浄水能力を規定しているものではありません。

カートリッジの交換が簡単

[カートリッジらくらく交換]

意外に面倒だ、と思われている方も多いカートリッジ交換も、パナソニックの還元水素水生成器なら、簡単に取り替えが可能です。

別売品[グリセロリン酸カルシウム製剤]について

グリセロリン酸
カルシウム製剤(消耗品)
P-A5101

希望小売価格4,104円(税抜3,800円)

※軽減税率8 %対象。
※グリセロリン酸カルシウム製剤は、
電気分解を促進させるために使用します。

仕様

定格 AC100V
1.7A
50Hz-60Hz
消費電力 約88W
(待機時:約0.6W)
ろ材の種類 不織布・粒状活性炭・セラミック・粉末活性炭・中空糸膜
ろ過流量 2.2L/分[水圧 100kPa 20℃時]
使用可能は最小動水圧 70kPa
本体使用可能水圧
(動水圧)
70〜350kPa
使用可能配水管圧力
(静水圧)
70〜750kPa
電解 電解方式 連続電解方式
吐水流量(生成水流量) 2.0L/分[水圧 100kPa 20℃時]
3.0L/分[水圧 200kPa 20℃時]
電解能力切換 還元水素水:3段階
弱酸性:1段階
連続使用可能時間 常温時 約30分間(注1)
(還元水素水強・弱酸性時約15分間)
電解槽寿命 累積約850時間
(イオン水生成時間・洗浄時間のみ)
電極洗浄 オートクリーニング方式
使用水温 35℃未満
浄水能力
(注2)
遊離残留塩素 12,000L(注3)
濁り 12,000L(注4)
総トリハロメタン 12,000L(注3)
クロロホルム 12,000L(注3)
ブロモジクロロメタン 12,000L(注3)
ジブロクロロメタン 12,000L(注3)
ブロモホルム 12,000L(注3)
テトラクロロエチレン 12,000L(注3)
トリクロロエチレン 12,000L(注3)
1,1,1-トリクロロエタン 12,000L(注3)
CAT(農薬) 12,000L(注3)
2-MIB(カビ臭) 12,000L(注3)
溶解性鉛 12,000L(注3)
上記以外で除去できる物質 鉄(微粒子状)(注5)
アルミニウム(中性)(注5)
ジェオスミン(カビ臭)12,000L(注5)
フェノール類12,000L(注5)
除去できない物質 水中に溶け込んでいる鉄分・重金属類(銀・銅など)や
塩分(海水)
ろ材(カートリッジ)の
取替(交換)時期の目安
約1年(注6)
カルシウム添加 強制溶解添加方式、添加筒内蔵
本体 寸法(幅×奥行×高さ) 170mm×115mm×300mm
  質量 約2.4kg(満水時 約2.9kg)
水栓 形態 台付・立形・1ホール式
取付穴 Φ35mm〜Φ40mm
吐水口 回転式
寸法(回転半径×高さ) 171mm×310mm
コードの長さ 電源部:約1,200mm
操作パネル部:約940mm
※上記は、カートリッジ TK-HB41C1 装着時の値です。
※数値は水温20℃時の値です。
※硬水を軟水に変えることはできません。
(注1)水質・使用環境によって短くなることがあります。
(注2)アルカリイオン水、弱酸性水で使用できる水は、ろ過流量・ろ過能力の約92%に相当します。
(注3)JIS S 3201試験による除去率80%の値。
(注4)JIS S 3201試験によるろ過流量の50%の値。
(注5)浄水器協会(JWPA)で定められた規格基準(JWPAS B基準)に従った試験による除去率80%の値。なお、鉄(微粒子状)とアルミニウム(中性)は浄水能力を規定しているものではありません。
(注6)1日30L使用した場合です。ろ材(カートリッジ)の取替(交換)時期の目安は、除去対象物質、使用水量・水質・水圧によって大幅に異なります。