ここから本文です。

プレカット伏図のチェック

2階チェック図を印刷

プレカット図

プレカット図に「階高」の表示がある場合、通常は構造躯体の階高を示しています。
1階階高=土台天端〜胴差天端
2階階高=胴差天端〜軒高
のことです。
根太寸法や床合板の厚さなどを確認し、高さ寸法が正しいか検討します。
特に、法令の高さ規制ギリギリの設計をしている場合、平均GL〜軒高が計画(意匠図)と一致しているか、必ずチェックします。

プレカット図

天井懐の寸法を抑え、梁型が出ない梁せいの範囲を確認します。
この図面の1階で検討してみます。
2,850(階高)−36−2,400(天井高)−9.5 = 404.5mm
梁せいが404.5mmより大きくなると、天井より下に梁型が出てきます。もちろん、デザインとして梁を見せるという選択肢もあります。
壁の中であれば梁は隠れますが、真壁の場合は、梁は壁の中に隠れませんので、注意が必要です。

あこがれの「住まい」を考えるヒントや、日々の暮らしを少しの工夫でより快適にする情報などをお届けしています